風俗ライターの風俗アダルトレポート

風俗ライターがおすすめ風俗をレポート!・懐かしのアダルト裏ビデオチラシ・出会い系サイト運営の秘密も公開!

タグ:星座

外国人 血液型
血液型アニメ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

化物語 最終
星座占い
1 :桂べがこφ ★:2014/03/26(水) 23:52:48.88 ID:???
"宇宙や星座に魅了され 宙ガールが急増中"

宇宙や星座に興味を持ち、観望会やプラネタリウムに通う「宙(そら)ガール」と呼ばれる女性が増えている。
明石市立天文科学館や兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町)など県内の施設も注目。
女性参加型のイベントを増やし、天文ファンの裾野の拡大に躍起だ。

宙ガールの名付け親とされるのは、光学機器メーカー「ビクセン」(埼玉県所沢市)。
2009年ごろから使い始め、昨年、商標登録。女性向けのピンクや青の双眼鏡、
イラスト入りの星座早見盤なども発売し、人気だ。

西はりま天文台の坂元誠天文科学専門員(47)は「望遠鏡の値段が安くなり軽量化も進んだ。
女性が天文に親しみやすい環境が整った」と背景を分析。同天文台は姫路科学館などと連携し、
認定講座を開く。07年の開講当初は約7割が男性だったが、近年は男女比がほぼ同じという。

明石市立天文科学館も昨年4月から「宙ガール養成講座」を始めた。月1回、20~30代を中心に
女性約30人が参加。巨大望遠鏡を使う観望会や講義など「楽しく学べるのがいい」(30代)と好評だ。

金環日食に関する発表で、昨夏、全国高校総合文化祭の優秀賞に輝いた
三田祥雲館高校天文部OGの寺尾美奈子さん(18)は「美しい星を撮影できるのが感動です」と話す。

星空や宇宙の知識などを伝える民間資格「星空案内人」(事務局・山形大)の認定者は369人(2月現在)。
県内の合格者は118人で、うち女性は42人いる。

4月中旬には火星が地球に接近し、秋には皆既月食が見られるなど今年も“天体ショー”は続く。
星空への興味は尽きない。

(画像)
10等星を観測できる大きな望遠鏡をのぞき込む三田祥雲館高校天文部の女子部員

2014/3/26 10:31
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201403/0006809032.shtml

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ