2016年05月26日

浦添市議会でも抗議決議と意見書を可決しました。

 本日午前10時から浦添市議会の臨時議会を開き、全会一致で「米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に関する意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。

 今年の3月に発生した米兵による準強姦事件の際にも私たち浦添市議会を含め多くの議会が綱紀粛正と再発防止を求める意見書と決議を採択してきていますが、それでも今回の事件が起こってしまったことの無念さと深い悲しみに包まれた議場の中で議会開会の冒頭では黙とうを捧げました。

 幾度もこのような意見書や抗議決議を採択しても繰り返されるこのような事件・事故に対し、意見書や抗議決議を可決させるだけでは無力だとは今回も実感させられていますが、それでも議会が全会一致で共通の認識を共有することは大事だと感じています。
死体遺棄事件への意見書

  引き続き、ブログランキングにも参加中です。もしよろしければクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
にほんブログ村 政治ブログへ←ランキングへのご協力をお願いします
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール