2016年04月11日

まだまだ説明不十分なてだこ浦西駅周辺開発事業

 今年度に入って初めてのブログになります。改めまして、今年度もよろしくお願いいたします。

 さて、今日のブログでは浦添市が着々と進めているてだこ浦西駅周辺開発事業の中核事業のひとつである分散型エネルギーインフラプロジェクト事業についてです。

 平成28年度の一般会計予算審査特別委員会の審査の過程で浦添市として平成28年度中にはまちづくり法人なる企業を設立させ、そのまちづくり法人と民間企業等が出資する形でてだこ浦西駅周辺の事業者に対して電力を供給する分散型エネルギーの供給会社を設立することが明らかになっていましたが、その事業計画や役員構成などについては何度質しても明確な回答がない状態が続いていました。

 予算審査の過程では当初予算で5000万円が出資金として計上され、平成28年度中にはさらに5000万円を増資し、平成29年度にはさらに1億円増資するという計画が示されるものの、まちづくり法人の事業計画などについては平成28年度の予算で策定をするのでまだ未定だと説明され、分散型エネルギーを担う会社の概要については総務省の指導により詳細な情報の開示をすることができないとの説明がありました。

 分散型エネルギーインフラプロジェクトマスタープラン策定事業については、平成27年度に総務省からの補助金を活用して実施した事業だったことは理解していたのですが、公金を活用して報告書をまとめているからにはその報告書の中身に伏せなければならない情報が盛り込まれるという状況は、行政に携わってきたこれまで15年以上の私の政治経験からもありえないことでしたので、その真意を確かめるために2週間ほど前に上京し、総務省の担当者と面談し確認してきました。

 総務省の担当者と面談した際にまず私からは、浦添市の進めている事業に多大なご協力をいただいていることに感謝を申し上げ、私として同事業が浦添市にさらなる活力を与えていく事業になっていくことを期待しているが、出資する立場として白紙委任をすることはできないことを申し伝え、浦添市が総務省からの指導で情報を開示することができないと議会で説明しているが、それは事実なのか、そしてそれが事実ならばなぜなのかをお聞きしました。

 すると総務省の担当部署からは、総務省が個別に非開示の指導をすることはあり得ないということ。公金を活用しての報告書はすべて公開対象となること。そして、浦添市議会にて配布された報告書のように一部情報が消された形になってしまうと事業の報告書が完全版と一部情報を伏せられたものと2種類存在することになるので、総務省としては1種類の報告書のまとめを依頼したことから適切とは言えないと回答がありました。

 つまり浦添市が独自の判断でどの情報を開示し、どの情報を開示しないかを恣意的に決定し、その責任を総務省に転嫁しているという極めて残念な状況が明らかになりましたので、総務省の担当者と面談した翌日には浦添市の担当部署と面談をし、総務省の担当者との面談状況を説明した上で、だますようなことをするのではなく、しっかりと誠実に対応して欲しい旨を伝えさせていただきました。

 実はこの事業については、総務省からの補助金を補正予算で計上する際からいろいろ問題のあった経緯があり、その様子は私の過去のブログでも報告してきたところですが、依然として全容を把握することができていません。

 浦添市が公金を支出し経営に参画していくのなら、私たち議会や市民に対してしっかりと事業計画と採算性、そして役員構成などの基本的な情報は1日も早く周知し、理解を求めていくことが浦添市の行うべきことであり、数か月後には新しい会社を設立するというタイムスケジュールを示しながらも、未だに詳細な説明がされない状況に疑問ばかりが募っています。

 今後も引き続きこの事業の内容を把握するべき調査を進めていき、まずは私自身が理解すること、そしてしっかりと市民の皆さまにどのような内容なのかを伝えていく役割をはたしていきたいと思います。

 写真は平成27年度に実施した総務省の補助事業の報告書。私が総務省に行った後には一部非開示だった報告書が差し替えられ中身がすべて整った形での報告書が議会にも提出されました。
分散型エネルギーの報告書

 引き続き、ブログランキングにも参加中です。もしよろしければクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
にほんブログ村 政治ブログへ←ランキングへのご協力をお願いします
uraosoi at 23:42│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サチヨ   2016年04月18日 14:01
久しぶりにブログをみています。
浦添市が国にみたいに都合が悪いと隠す体質なるのは困りますね。
今後も行政のチェックをお願いします。
市民の為にがんばっているこことに敬意を
表します。民進党は支持しませんがあなたは別です。早く市長に立候補することを祈ります。
2. Posted by 又吉健太郎   2016年04月20日 09:34
サチヨ様、いつもありがとうございます。
今後もしっかりと行政をチェックしていきながら、具体的な政策提案も行い、みんなが住んでいてよかったと実感できる浦添市創りに携わっていきたいと思っていますので、ご指導のほどよろしくお願いします。

ちなみに私は現在民進党所属議員ではありません。過去の政治活動では党務にだいぶ時間を費やしてきましたが、今は目の前の浦添市政に全力投球をしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール

又吉健太郎

沖縄県浦添市議会議員(42歳)
26歳より浦添市議会議員を16年勤め、浦添市政に引き続き関心を持ちつつも現在は経営コンサルタントとして活動しています。
メールアドレスは:
office.kentaro@gmail.com
メールを送る