投資とは何か、を考えさせてくれる良書です。



ファンドマネージャーで明治大学講師の藤野英人さんの本です。

この本は、株やFXに投資する人だけが対象、ではありません。

投資
=いまこの瞬間にエネルギーを投入して、未来からお返しをいただくこと
(「お金」ではなく、「エネルギー」のやり取り)

という著者の定義では、全ての人が「投資家」であり、この本の対象者です。

多くの日本人が陥っているお金との関わり方が紹介されています。

お金はあくまで概念であり価値交換の手段なのに、所有すること自体が目的になっています。

お金を稼いだり、貯めたり、増やしたりすることに対して、「どう使うか」には関心が低いです。

・お金を使って何をするか
・お金を通して何を考えるか がより重要です。

自分が持っている「エネルギー」をどう投入して、「明るい未来をどうつくるか」を考えてみましょう。