コミカライズ完結!
あの日見た花の名前を僕達はまだしらない。 ③



今回の読書感想文は、コミック版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』3巻です。
ジャンプSQで連載されていたコミカライズの完結巻になります。



思えば2011年の春に始まったこのアニメ。
それから小説、コミカライズと経て、今年の晩夏にはいよいよ映画化。
テレビアニメで観ていた頃には、こんなに長くこの作品に触れる事が出来るとは思っていませんでした。
それだけ人気のある作品だという事でしょうか。





さて、コミック版第3巻の感想をなるべくネタバレの無いように簡潔な感想を書かせて頂きます。

このコミカライズが始まった当初にそれを知ったのですが、正直あの花はTVアニメの完結でそっとしておいて欲しい!というのが個人的な感想でした。
でも実際にコミックになった時に、店頭で見てこの絵柄なら読んでみたいと思い、購入。
原作に忠実でいて、TVアニメ版では語られなかった部分への追求も描かれた内容で、そっとしておいて欲しいと思いつつも、これは最後まで買い続けよう!と決心しました。




そんなこんなで無事に完結を迎えたこの3巻。
アニメ版では、正直「え?」と思った“めんまのお願い”がこのコミカライズ版ではすごく自然に受け入れられるように構成されていて、これはアニメより納得できる!と感服。
そこからラストへの流れは、ストーリーを知っていても思わず引きこまれてしまいました。

内容も去ることながら、漫画を担当した泉光先生のタッチに拍手。
これがただのモノマネ的な絵だったら最後まで追いかけることは無かったと思います。

他にもいろいろ書きたい事はありますが、あまり書くとネタバレになるので止めておきます。





次はいよいよ劇場版!
映画館へ足を運びたいのですが、さすがに人前でボロボロ泣いてしまうのが恐いので、BDになるのを待って鑑賞したいと思います。