リリパットアーミー況狠聴ブログ〜うらたま


「裏の玉造小劇店」略して「うらたま」!

oshougatu


明治初期。元武士家系であった鈴木家に万太郎と千次郎という兄弟があった。
兄が育子という妻をもらうのだが、料理がとにかく不味い。
初めてのお正月にお節料理を出してくるのだが、好物の高野豆腐も喉を通らない程に不味かった。
しかし万太郎は「美味い…」と、つい言ってしまう。
ここから鈴木家の料理は下降の一途を辿るのである。

大正になると、万太郎と次女の家族の時代になる。
大正12年には関東大震災が発生。
それを逃れ、長男・慎太郎の元に嫁いできたのが関東人のハルであった。
この時、ハルが手土産に持って来たお節料理。
老いた万太郎は関東の濃い味付けの高野豆腐に痛く感動し、
「この味が今日からうちの味や。やっと自分が蒔いた種を刈り取れる日が来た。」と喜び、
一筆書いた後、息を引き取る。

昭和。
次男の裕次郎が中国に渡ったり、慎太郎とハルの三人の息子、慎一、慎介、慎吾も
次々と戦争に取られ、鈴木家も大きな時代のうねりに巻き込まれていく。

敗戦後。
長男の慎一が満州から戻り、やがてまた家族が増えていく。高度経済成長があり、
娘たちが派手になり、グループサウンズがあり、学生運動もあり、
南方戦線で戦争終結を知らず、未だ独りで戦っている軍人が見つかったのだが、
それが戦死したと思っていた弟だったり…。

時代と共に人も、姿も、食べるものも変わっていく。

平成。
阪神淡路大震災が発生する。
関東大震災を逃れて関西にやってきたハルだったが、70年以上経って再び震災を経験する。
それを機会にハルは親戚家族たちの前で、百年以上続いた家を手放す決意を報告するのだった。

そして現在。
この家に新しい時代が始まろうとしているのだった。



玉造小劇店配給芝居vol.24

「お正月」

脚本・演出=わかぎゑふ


【大阪公演】 ABCホール

〒553-8503 大阪市福島区福島1-1-30
TEL=06-6451-6573

2019年1月10日(木)〜14日(月・祝)

1月10日(木)19:00
11日(金)19:00
12日(土)14:00/18:00
13日(日)14:00
14日(月・祝)14:00

受付開始は開演の1時間前 開場は開演の30分前



【東京公演】 座・高円寺1

〒166-0002東京都杉並区高円寺北2-1-2
TEL=03-3223-7500

2019年1月17日(木)〜1月20日(日)

1月17日(木)19:00
18日(金)19:00
19日(土)14:00★託児サービス/19:00
20日(日)14:00

★託児サービス(定員あり・対象年齢1歳〜未就学児・1週間前までに要予約)
料金:1,000円


受付開始は開演の1時間前 開場は開演の30分前



【料金】

前売・当日共=5,000円(税込・全席指定)

学生・前売=2,500円(税込・全席指定)

※学生は玉造小劇店HP予約・当日券のみ取扱い
(学生証を受付にてご提示いただく場合もございます)

※未就学児はご入場いただけません。あらかじめご了承くださいませ。



【ご予約】
大阪→https://www.quartet-online.net/ticket/tama-show_osyogatsu_osaka


東京→https://www.quartet-online.net/ticket/tama-show_osyougatsu_tokyo



【出演】
コング桑田(リリパットアーミー供
野田晋市(リリパットアーミー供
うえだひろし(リリパットアーミー供
長橋遼也(リリパットアーミー供
松井千尋(リリパットアーミー供


有馬自由(扉座)
桂憲一(花組芝居)
浅野彰一(あさの@しょーいち堂)
江戸川じゅん兵(江戸川萬時改メ)
茂山宗彦(日替わり)
茂山逸平(日替わり)

山像かおり(西瓜糖)
水町レイコ
美津乃あわ
小椋あずき
内山絢貴(劇団五期会)
是常祐美(シバイシマイ)
増井友紀子

わかぎゑふ(リリパットアーミー供



【スタッフ】
舞台監督・武吉浩二(campana)
舞台美術・浦野正之
照明・千原悦子
音響効果・宮孝幸(エッグシェルスタジオ)
大道具・アーティスティックポイント
衣裳・妹妹
小道具・上田商会
宣伝美術・東 學(188)
パンフレット撮影・山田徳春(500G Inc.)

託児協力・子育て仲間ほっぺ 

制作・中村祐子(玉造小劇店)
制作協力・岡本康子(Trash2)・島尾朋子・TBSサービス

東京公演共催・TBSラジオ

後援 杉並区
提携 NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

IMG_1651



14歳で村の満蒙開拓団の人数合わせのため満洲に行く羽目になった喜久雄は終戦後、西へ西へと進まざるを得ない運命を辿る。

様々な地で様々な仕事をし、生き、最後アメリカ大陸を経由して地球を西へ一周して23年後の昭和45年に帰国する。

そこから十数年後、喜久雄はもう一度西へ旅立つ事になる。今度は自分の意思で。



玉造小劇店配給芝居vol.23


「眠らぬ月の下僕」


作・演出 わかぎゑふ



【大阪公演】近鉄アート館     

545-8545 

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

あべのハルカス近鉄本店ウィング館8F


日時=2018627日(水)〜71日(日)


627日(水)19

628日(木)19時         

629日(金)19

630日(土)14時/18

7   1日(日)13




【東京公演】下北沢 ザ・スズナリ

155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15

 

201873日(火)〜78日(日)


73日(火)19

74日(水)19

75日(木)19

76日(金)19

77日(土)14時/18

78日(日)13


         

【チケット】

一般4500円/学生2500円(全席指定・税込) 

未就学児の入場不可


東京公演チケット予約フォーム

http://www.quartet-online.net/ticket/cpnhhqo



【キャスト】


野田晋市(リリパットアーミー供

うえだひろし(リリパットアーミー供


桂 憲一(花組芝居)

八代進一(花組芝居)

小椋あずき

鈴木健介

浅野彰一(あさの@しょーいち堂)

美津乃あわ


長橋遼也(リリパットアーミー供

松井千尋(リリパットアーミー供

東久保拓巳

影山僚太

吉實翔汰


コング桑田(リリパットアーミー供


わかぎゑふ(リリパットアーミー供



【スタッフ】


舞台監督=武吉浩二(campana)

舞台美術=池田ともゆき(池田意匠事務所)

照明=大川貴啓

音楽=坂本朗

音響効果=宮孝幸(エッグシェルスタジオ)

大道具=アーティスティックポイント

衣裳=妹妹

小道具=上田商会・水野泰彰(Λ-Sura)

宣伝美術=東 學(188)

制作=中村祐子(玉造小劇店)

制作協力=岡本康子(Trash2)・島尾朋子・TBSサービス

東京公演共催=TBSラジオ


IMG_1652



d1d3c9c8.jpg

e182d06a.jpg

桂吉朝さん十三回忌 一門会に
行ってまいりました!

bc1b81f9.jpg

f59af5f9.jpg

鶴瓶さん銀瓶さん二人会!
行ってきました。

ホールでの銀瓶兄!
カッチョ良かった〜

karasawagi

【本格的小型時代とは?】
今回の事の発端は…。
わかぎゑふが歌舞伎、文楽、狂言、落語などの古典の方たちと
交流が頻繁にあることから、今公演を古典界の方々とのセッションの場として
展開していきたいと考え、和の交流という意味で、

「わ芝居」と命名。


この構想ベースは2005年に他界した桂吉朝師匠とわかぎが
「古典の人を集めて面白いことをしよう!」と企画していたものであり、
当時各界の友人に声をかけたところで師匠が急逝して凍結状態になっていたのでした。
今年13回忌を迎えるにあたり、わかぎがその意思を形にしていくことを決意!
今回は、小劇場の俳優が狭いスペースにも関わらず、
きちんとした本衣裳、鬘を着用して本格的な時代劇を上演。
さらに、その芝居を落語の台本に書き換え、
噺家が同じ舞台の上で落語としても上演いたします。
つまり同じ話で、芝居と落語を展開!!!
同じ演劇界に居るのにも関わらず、交流しないまま終わることの多い古典と
現代劇の俳優やスタッフ。
お互い「勉強し合おうやないか!」と、わかぎは考えたのです!!

【ストーリー】
元禄時代。
世の中が平和色で彩られた時期に、赤穂浪士による吉良邸への討ち入り事件が勃発する。

それによって・・・にわかに起きた仇討ちブーム・・・。

尼崎の小藩でもそれは同じ事。
「近所の藩であんな華々しいことが起きているのだから、うちもなんとかせんと」という
家老の一言で、「仇討ち」出来そうな藩士を探すプロジェクトが組まれる。
そこで白羽の矢が立ったのが最近藩士になったばかりの、
奏者番の杉田久右衛門という温厚そうな若い侍。
曾祖父が果し合いで一命を失ったというのだが、昔の話すぎて定かな情報かわからない。
しかし藩命により、その子孫を仇討ちしなくてはならない。
困った久右衛門は長屋の家主に相談するも留守…。
だが何故か大家の台所で生首を発見!とにかく、首を調達出来てしまった…。
「これで我が藩にも仇討ちの美談が!」と喜んだのはいいものの
「この首はいったいどこの誰のもので、仇討ちに使ってもいいのか?」
なぜ大家の家に生首が?何か犯罪に関わっているのでは?と、慌てふためく久右衛門。

一方、そんなお偉方たちの呑気な意気込みが現実味を帯びてゆく。
ある見世物小屋で世にも恐ろしい興行が行われようとしていたのだ。
生首をひと舐めすれば、その人の過去や人生を言い当てるという奇人ショー。
絶好の機会!と、その首をめぐって大騒ぎとなってゆくのだが……。





【公演システム】
・芝居バージョン
わかぎゑふ新作人情噺「カラサワギ」お芝居版を役者のみで上演します。

・落語バージョン
落語家さんによる古典落語一席
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中入り(小休憩)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
わかぎゑふ作、新作落語家「カラサワギ」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
落語家さんと役者のアフタートーク

※笑福亭銀瓶さんは美斉津恵友さんが演じる清吉を軸にしたカラサワギ落語バージョンです。



【東京公演】シアター711
2017年10月21日(土)〜29日(日)<芝居◯印8ステージ+落語4ステージ>

10月21日(土)14時 芝居 / 18時 落語(笑福亭銀瓶)
10月22日(日)14時 芝居
10月23日(月)19時 芝居
10月24日(火)19時 芝居
10月25日(水)19時 芝居
10月26日(木)19時 芝居
10月27日(金)19時 落語(笑福亭銀瓶)
10月28日(土)14時 芝居 / 18時 落語(笑福亭銀瓶)
10月29日(日)14時 落語(笑福亭銀瓶) / 18時 芝居

受付開始は開演の1時間前 開場は開演の30分前

ご予約はコチラ
https://www.quartet-online.net/ticket/washibai-karasawagi-tokyo


会場=シアター711

〒155-0031
東京都世田谷区北沢1−45−15
tel=03−3469−9711

【出 演&配 役】
コング桑田(リリパットアーミー供法ΑΑΧ篌 Ω蟻戚
野田晋市(リリパットアーミー供法ΑΑ篠原源右衛門役
うえだひろし(リリパットアーミー供法ΑΑ杉田久右衛門役
長橋遼也(リリパットアーミー供法ΑΑΔなめ役
松井千尋(研究生)・・・橘太夫役

や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)・・・甚兵衛役
浅野彰一(あさの@しょーいち堂)・・・青山幸秀役
美斉津恵友(花組芝居)・・・清吉役



【落語出演】笑福亭銀瓶


【お茶子】山藤貴子(PM/飛ぶ教室)



【スタッフ】

脚本・演出=わかぎゑふ
舞台監督=武吉浩二(Quantum Leap*)
音  響=宮崎孝幸(エッグシェルスタジオ)
照  明=大川貴啓
舞台美術=浦野正之
大 道 具=アーティスティックポイント
衣 裳=松竹衣裳株式会社
床山&小道具=水野泰彰(Λ-Sura)
制 作=中村祐子(玉造小劇店)
制作協力=岡本康子(Trash2)
島尾朋子
宣伝美術=中井重文
東京公演共催=TBSラジオ
大阪市助成
主催・企画制作=玉造小劇店
karasawagi-ura

このページのトップヘ