フェルメールな秋🍁

2018年10月23日

表参道にピンクの入口が⁉︎その正体とは、、、

IMG_9228


ショッキングピンクに塗られた壁面と階段が表参道のとある一角に現れたという噂を聞きつけ、早速情報を収集することに。

今回はこの謎のピンクの入口からリポートしたいと思います❗️

なかなかインパクトのある外装ですが壁面には『 HAY (ヘイ) 』の文字が。
このピンクの入口の正体、実はデンマーク生まれのインテリアプロダクトのお店なんです。

以前から気になっていたインテリアブランドでインスタなどをチェックしていたのですが、満を持してこの秋、日本に上陸するとのことでちょっぴり興奮気味です。 

『 HAY TOKYO 』
日本初のショップが10月19日(金)に表参道・GYRE(ジャイル)の地下1Fに期間限定オープン。世界最大級の広いショップには、ソファやチェアなどの家具のほか、花器やキッチン雑貨、ステーショナリーなどがお手頃価格で揃っているそう。

IMG_9268
表参道・GYRE



HAY(ヘイ)は、Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)氏とアパレルグループの「Bestseller(ベストセラー)」によって2002年に設立され、2003年のケルンフェアでデビューしたデンマークのプロダクトブランドです。

IMG_9389
Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)

1950~60年代のデンマーク家具やモダンデザインを取り入れつつ、現代のライフスタイルにマッチした機能性の高いデザインで北欧のインテリアデザイン界をリードしています。
価値の高い製品を創るために、新しい素材や最新のテクノロジーを取り入れ、高いスキルと才能を持った 国際的なデザイナーと共同製作を行い、シンプルなデザインで丈夫なプロダクトを生み出してきました。

IMG_9230
IMG_9236
IMG_9227

IMG_9235
IMG_9229

IMG_9231

まず目を惹くのが北欧らしくカラフルな色使いです。ファッションのようなカラーリングを雑貨や家具に取り入れています。インテリアのポイントとして使うだけでたちまちオシャレなお部屋に。
スッキリとしたシンプルで無駄のないデザインはどんなテイストのインテリアとも馴染みそうですね。


IMG_9226
IMG_9224


HAY TOKYOでは、HAYの世界に共鳴するデザイナーやアーティストなどとコラボレーションし、東京限定の企画「WITH HAY (ウィズ ヘイ)」としての発信も行うようで、なかでも私が気になっているのがこちらです⇩⇩

IMG_9276

さまざまな場所での本の選書・提案を行うBACH(バッハ)が書籍を販売するとのこと。
ブックセレクター幅 允孝さんが選んだ本を購入できます。




さらに、花器やステーショナリー、キッチン用品や器などのライフスタイルグッズも充実しています。

IMG_9233
IMG_9278

ミラノサローネで発表されたカラーコンビネーションが美しいこちらの花器はお花を引き立てるだけでなくお部屋の雰囲気を明るくしてくれそうですね。


IMG_9280

大小さまざまな大きさのトレイは大きさや色を組み合わせて使えます。


IMG_9279

ゴールドのカトラリーは食卓を華やかにしてくれそうです。


ショップ内には、HAYがディレクションするカフェもありますよ。HAYの家具が使われているそうなので休憩がてら椅子やテーブル、カトラリーの使い心地もチェックできちゃいます。

IMG_9281


IMG_9225

IMG_9282
こちらの可愛いショッパーも販売しています。


名称             HAY TOKYO (ヘイ トウキョウ)
所在地         〒150-0001 東京都渋谷区
                                 神宮前5-10-1 GYRE B1F
電話番号      03-6427-9173
営業時間      11:00 - 20:00 不定休

2019年夏頃までの限定オープンです🎶


IMG_9284


Instagram  
Facebook  









urawakaori at 16:16│Comments(0)お店 | お出かけ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フェルメールな秋🍁