晴れた日のお出かけ、、、

2019年07月04日

linenのお話


今夏、リネン素材の洋服が注目されているのをご存知ですか?
涼しさはもちろん、アイロンいらずのシワ感や丈夫さも魅力のリネン。
今回はこの夏大注目のリネンについてのお話です。
IMG_6010

 
毎年、春夏物のアパレルにはリネン素材を使用した商品が必ずと言ってよいほど出ています。
今年はいつも以上にたくさんのアイテムが発売されているんです。カラーも豊富で生成りやベージュなどの定番に加え↑の画像のようにヴィヴィッドなグリーンやイエロー、パープルなど発色の良い色味も綺麗ですね。
ひと口にリネンと言っても具体的にはどのような素材をいうのでしょうか。

IMG_6012
IMG_6015
亜麻の花🌼

リネンは約8000年も前から使用されている人類最古の繊維です。リネンの世界的な生産地は、フランスやベルギー、ロシア、中国など比較的寒い場所で育つ植物です。日本では明治から昭和にかけて繊維用に栽培されていました。しかし、化学繊維の台頭で1960年代半ばに需要が減り、国内生産も減少しました。現在は当別町や十勝、上川地方を中心に作られているそうです。

リネン(linen:英語)やリンネル(linière:フランス語)は亜麻(あま)を表す言葉。日本語で麻100%と素材名が書かれてはいる時は、リネンかラミーを意味しているのだそう。

また、コットンを上回る吸水性・放湿性・速乾性・耐久性があります。だからこそ夏物の服やキッチン用品に重宝されるのですね。

IMG_6020


リネン素材の中でも高級なものにフレンチリネンがあります。

フレンチリネンとは、フランス北部で栽培された麻のこと。フランスで育った最上級の麻素材で肌触りは柔らかくとてもしなやかなので、暑い夏にもピッタリな素材です。軽くしなやかで透け感があり、ほんのり光沢のある上品なフレンチリネンは、身に付けてこそその価値が分かります。

本格的な暑さになりつつある今を麻素材を使って快適に過ごしてみてはいかがでしょうか




urawakaori at 00:15│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晴れた日のお出かけ、、、