うらさんの写真ブログ

山歩きや四季の風景などを、写真で紹介しています

鳴門うずしお観光

初めて鳴門うずしお観光してきました。鳴門海峡を境として潮の干満により、瀬戸内海側と紀伊水道側とに潮位の差が生じ、それが早い潮流となり、複雑な海底の地形とあいまってうずしおが出来ます。潮流は普通は時速13~15kmですが、大潮時には時速20kmにもなり、大きな渦は直径20mにもなるそうです(カタログより)
自然が作り出す渦潮は見応えありました。 撮影は5月12日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_0098-23

鳴門うずしお観光

AM11時30分の観潮船に乗りましたが、渦の大きさはそれほどでないけれど、所々で渦が見られます。
DSC_0068-15

鳴門うずしお観光

DSC_0108-15

鳴門うずしお観光

DSC_0138-15

鳴門うずしお観光

大鳴門橋下付近は、うずしおの流れが激しいです。
DSC_0146-15

鳴門うずしお観光

大鳴門橋げた付近は満潮と干潮との境界で激しい流れでした。
DSC_0159-15

鳴門うずしお観光

大鳴門橋遊歩道「渦の道」からの観潮船と渦潮です。
DSC_0193-15

鳴門うずしお観光

大きな渦潮です!
DSC_0197-15

鳴門うずしお観光

渦の道ガラス越しに撮りました。
DSC_0206-15

鳴門うずしお観光

大鳴門橋を遊歩道・渦の道へ行く鉄橋から眺めました。うずしおは橋の右側に多く見れました。
DSC_0182-15

びわこ疎水ウオーキング

びわこ疎水に沿って、JR山科駅から京阪三条駅までの約7km(途中、毘沙門堂、天智天皇陵など寄る)をウオーキングしてきました。山科疎水のの道は、明治時代に京都の近代化の一環として琵琶湖からの水を引くために作られた。山科を通るその一部約3kmを山科疎水の道として整備され、桜や紅葉などが美しく彩り、ウオーキングコースとして人気を集めています。 撮影は5月11日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9976-15

びわこ疎水ウオーキング

山科疎水の道に沿って歩いていると、疎水トンネルを見かけました。
DSC_9985-15

びわこ疎水ウオーキング

蹴上船溜(ダム)から南禅寺船溜までの延長は約582mで、落差が約36mあるため、この間はどうしても陸送になりました。インクラインはレールを4本施設した複線の傾斜鉄道です。両船溜に到着した船が、旅客や貨物をのせ替えることなく運行できるように考えられたのがこのインクラインです(説明文より)
DSC_9988-15

びわこ疎水ウオーキング

蹴上インクラインの敷地跡で船を運ぶレールが4本敷いてありました。この辺りは桜の名所で有名です。
DSC_9990-15

びわこ疎水ウオーキング

地下鉄蹴上駅近くの船溜です(疎水記念館が近くにあり、現在は観光名所)
DSC_0008-15

びわこ疎水ウオーキング

最後は南禅寺内にあるレンガ作りの疎水です。もみじの新緑が綺麗でした。
DSC_0015-15

黒門市場の食べ歩き

 大阪の台所と言われる黒門市場で初めて食べ歩きしてきました。以前はプロの料理人が仕入れに行く所と思っていましたが、今や外国観光客人気で大阪を代表する観光名所で食べ歩き天国になっているようです。
撮影は5月3日 (写真をクリックすると拡大します)
黒門市場DSC_9870-15

黒門市場の食べ歩き

アーケードに吊るされた大タコです。
DSC_9883-15

黒門市場の食べ歩き

DSC_9884-15

黒門市場の食べ歩き

まぐろ専門店の「黒銀」で大トロ丼を食べました。甘くておいしかったです!
DSC_9893-15

黒門市場の食べ歩き

鮮魚店前に並べてあるフグで、笑っているように見えます。
ふぐ笑顔DSC_9875-15

黒門市場の食べ歩き

2枚のタコセンベイにたこ焼き3コが挟まれており、ハンバーグのように食べます。大阪だけの食べ方だそうです。
たこせんべいDSC_9906-15

黒門市場の食べ歩き

ゆでたタコが串刺しされ、踊っているように見えました。
たこ踊りDSC_9877-15

黒門市場の食べ歩き

黒銀の大トロ丼を食べてきました。 さすがは大トロで甘かったです!
黒銀大トロ丼食す(1800円)DSC_9890-15

野崎まいり

 60年振りに大東市の野崎まいりへ行ってきました。野崎まいりは元禄時代から伝わる行事で有縁無縁の全てのものに感謝のお経をささげる行事だそうです。落語や歌謡曲の「野崎まいり」でお馴染みです。野崎駅から飯盛山中腹のお寺まで(約600m?)の参道に露店が連続で並び参拝者で賑わっていました。 撮影は5月3日
野崎まいりDSC_9910-15

野崎まいり

駅からお寺までの中間地点で、この先お寺までも露店が続いています。
野崎まいりDSC_9912-15

こいのぼりフェスタ1000

 高槻市の芥川桜堤公園で、子供たちに健やかに育つこと願って、1000匹のこいのぼりを掲揚しています。
撮影は4月29日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9526-15

こいのぼりフェスタ1000

DSC_9567-15

こいのぼりフェスタ1000

こいのぼりの乱舞をスローシャッターで撮りました。
DSC_9596-15

こいのぼりフェスタ1000

こいのぼりをスローシャッターで撮りました。
DSC_9593-15

こいのぼりフェスタ1000

河川敷に菜の花が咲いていたので、こいのぼりをぼかして背景にしました。
DSC_9517-15

こいのぼりフェスタ1000

風が吹いてきて、こいが整列よく泳いでいます。
DSC_9564-15

こいのぼりフェスタ1000

DSC_9555-15

こいのぼりフェスタ1000

ピクチャーコントロールの設定を変えてみました。
DSC_9700-15

こいのぼりフェスタ1000

モノクロに変えてみると、ちょっと雰囲気が違うように感じます。
DSC_9691-15

こいのぼりフェスタ1000

DSC_9750-15

泣き相撲

 高槻市にある能見神社で「奉納泣き相撲」が行われました。子供を授かったことに感謝し、御神前で大きな声で泣くことにより、子供の健康と成長お祈願する神事です。 可愛い子供達の泣き顔をご覧下さい。
撮影は4月29日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9762-15

泣き相撲

DSC_9811-15

泣き相撲

相撲が終わった後に,まわしを付けて記念写真を撮っています。
DSC_9779-15

泣き相撲

行司のかけ声と顔に?怖がって、お母さんにすがっています。
DSC_9788-15

泣き相撲

行司(左)の顔に怖がって?泣いています。
DSC_9824-15

吉野奥千本のヤマザクラ

京阪神のさくら名所は散り始めが多くなってきたので、もしかしてと思って吉野山へ向かいました。上千本からは登坂はきつい箇所が多かったけれど、期待通り奥千本のヤマザクラは見ごろでした。最初の写真は上千本の花矢倉展望所から中千本の蔵王堂方面を観たさくら景色です。 撮影は4月19日  (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9138-15

吉野奥千本のヤマザクラ

中千本から見たヤマザクラです(盛りは過ぎていました)
DSC_9065-15

吉野奥千本のヤマザクラ

奥千本で見たヤマザクラです。
DSC_9241-15

吉野奥千本のヤマザクラ

DSC_9253-15

吉野奥千本のヤマザクラ

高城山展望所から奥千本方向の桜景色です。
DSC_9264-15

吉野奥千本のヤマザクラ

上千本から奥千本へ上る途中、高城山展望所から観たヤマザクラと奈良方面の山並みです。
DSC_9289-15

吉野奥千本のヤマザクラ

DSC_9341-15

吉野奥千本のヤマザクラ

奥千本の西行庵付近のヤマザクラは満開でした。
DSC_9352-15

清住のカタクリ

丹波市清住の山の傾斜面に、今年も沢山のカタクリが咲いていました。今回で5回目ですが、いつもより遅かったせいか?盛りが過ぎていたけれど、ピンク色の可愛いカタクリを見れました。 撮影は4月16日
(写真をクリックすると拡大します)
DSC_8904-15
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ