うらさんの写真ブログ

山歩きや四季の風景などを、写真で紹介しています

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

  テニス合宿二日目を終えた後、阪堺電車・大和川駅付近の橋梁を走る一両電車と夕日を撮ってきました。この日は快晴に恵まれたので、夕日が電車を照らす様子を撮れました。 撮影は4月20日
 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9986-15

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

DSC_9926-15

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

DSC_9930-15

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

DSC_9991-15

阪堺電車・大和川駅近くの夕日

DSC_9987-15

阪堺電車・大和川駅近くの夕日

夕日が沈むところで、南海電車橋梁の隙間から観えます。。
DSC_0034-15

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

DSC_9883-15

阪堺電車・大和川駅付近の夕日

DSC_9844-15

浜寺公園旧駅舎

 浜寺公園旧駅舎は南海本線の駅で、110年前に建てられた国の登録有形文化財に指定された木造平屋建て駅舎で、日本銀行本店、奈良ホテルを設計した辰野金吾が建てられた。昨年に仮駅舎に役割を譲るまで、私鉄で国内最古の現役駅舎。現在はギャラリーやカフェなどに活用されています。 撮影は4月20日
DSC_9643-15

浜寺公園旧駅舎

DSC_9645-15

浜寺公園旧駅舎

旧駅舎内にはカフェ、ライブラリー、絵手芸を展示するギャラリー、イベントホールなどに活用されています。
DSC_9648-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

 テニス合宿の初日は、和歌山市駅から加太駅まで結ぶ加太線(愛称は加太さかな線)に初めて乗りました。たまたま乗った列車が観光列車「めでたいでんしゃ」でした。ご覧のようなピンク色した車体で、車内は加太を代表する海の幸「鯛」のマークが溢れ、まるで泳いでいるように感じました。めでたいでんしゃは「おめでたい」と「愛でたい」がであって生まれた電車だそうです。 撮影は4月19日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9395-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

車内はさかなマークで溢れていました。
DSC_9392-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

つり革まで、木製でさかなの形をしていました。
DSC_9372-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

座席に沢山の鯛のマークが並んでいました。
DSC_9379-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

出入り口ドアー足元までさかなが泳いでいます。
DSC_9389-15

観光列車「めでたいでんしゃ」

磯ノ浦駅から加太駅に向かって発車したところです。めでたいでんしゃの旗が沢山並んでいました。
DSC_9399-15

磯ノ浦のサーフイン

 テニス合宿は、磯ノ浦のつつじヶ丘テニスコートでの練習試合でした。南海電鉄・加太線の磯ノ浦海岸では、練習しているサーファーを見かけました。 この日は快晴で大波がなかなか来なかったけれど、少しのサーフインを撮れました。 撮影は4月19日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_9471-15

磯ノ浦のサーフイン

DSC_9477-15

磯ノ浦のサーフィン

サーフィンに適した大波がやってきて、上手く波に乗れたようです。
DSC_9480-15

友ヶ島の夕日

 日本夕陽百選に選ばれている和歌山県友ヶ島の夕陽です。休暇村・紀州加太の室内ベランダから撮影しました。
 この日は快晴で最高の夕日が観られました。 撮影は4月19日
DSC_9523-15

友ヶ島の夕日

DSC_9529-15

友ヶ島の夕日

DSC_9555-15

友ヶ島の夕日

淡路島に夕日が沈むところです。
DSC_9575-15

友ヶ島の夕日

翌朝の露天風呂から友ヶ島(城の島)方向の眺めです。手前は湯船です。
DSC_9609-15

友ヶ島の夕日

DSC_9600-15

福知山城

 桜は散りましたが一度は行ってみたい福知山城を訪れました。天正8年(1580) ごろ、丹波平定に成功した明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築いたのが始まりとされています。 以来、 戦乱の時代、城主が交代する中、順次整備が進められ、慶長5年(1600) ごろに完成したようです。 明治時代のはじめに廃城令で取り壊され、 石垣と銅門(あかがねもん)番所だけが残されていましたが、市民の瓦1枚運動などの熱意によって、3層4階の天守閣が、 昭和61年 (1986) 11月に再建されました。 天守閣は、 望楼型の独立式を基本として復元 されたそうです(カタログ抜粋) 撮影は4月12日 (写真をクリックすると拡大します)
P4120170-25

福知山城

P4120143-25

福知山城

P4120174-25

福知山城

P4120176-25

福知山城

天守からの展望です。
P4120153-25

福知山城

P4120164-25

福知山城

P4120178-25

紫雲出山からの絶景

 4月2日から4日までの3日間、四国撮影一人旅してきました。初日は四国桜の名所人気NO1と称される香川県三豊市の紫雲出山(しうでさん・352m)の桜は満開でした。四国の鉄道ポスターで掲示されるほどで、背景には瀬戸内海の小島が写る絶景でした。 撮影は4月2日 (写真をクリックすると拡大します)
DSC_8095-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8085-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8139-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8182-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8163-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8147-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8150-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8194-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8205-15

紫雲出山からの絶景

DSC_8218-15

父母ヶ浜の夕日

 最近、南米ボリビアのウユニ塩湖のような写真が撮れると、話題の香川県三豊市の父母ヶ浜(ちちぶがはま)の夕日です。若者や女性が干潟の水面に映り込む様子をネット情報で知ったのか、アジア系の観光客が賑やかでした。 撮影は4月2日
DSC_8227-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8233-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8244-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8272-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8276-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8299-15

父母ヶ浜の夕日

DSC_8338-15
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ