かせっとB面寺 - HIPHOP・アイドルヲタク系インターネット寺院

★HIPHOP&アイドル仏教法話及びアイドルファンアートblog. --- buddhist kidz tokyo.

■寺院案内(はじめに)

かせっとB面寺
若いピーポにも仏教を身近に感じてもらいたいと書き始めた、様々なカルチャーから仏教を
読み解くサブカル法話が満載の、いま最もキてるインターネット寺院。(a.k.a.ブログ)
HIPHOP仏教法話、アイドル仏教法話などなど。

CrN0uz9VIAAtmaLaiseitan

サブカル法話堂(バナークリックで記事にジャンプします。)
hajimeni2017

hiphophohwa2017idolhohwa2017

sonotahohwa2017pickupidolhohwayamainu

2017pickupbanner02

寺院掲示板
イラスト・漫画・仏教コラム執筆のお仕事募集中です。
仏教、サブカル系のトークイベント、または法話会などもお気軽にご相談ください。

<プロフ>
ゆあ(UR):
真宗大谷派僧侶。イラストレーター。インターネット寺院「かせっとB面寺」住職。(...ブログ管理人)
HIPHOPが好きだよ!アイドルが好きだよ!絵や漫画を描くよ!
<連絡先>

ur_cst_b★excite.co.jp (★→@に変えて下さい。)
Twitterこちら
br_c_4483_1

【服飾】インディー・アパレル始めました

★POPでかわいいをテーマにオリジナルのTシャツブランドを作りました!(デザインは随時追加しています)
↓のバナーからどうぞ。 (Sine 2016 April)
ゆアパレルお品書き




Tシャツ1stアニバーサリーアイテム

product_img_f_18773096

★「1」↑

product_img_f_18773210
★「一」↑

僕のやっているインディーアパレル
「ゆアパレル」がこの春一周年を
迎えます。

今回それを記念した特別モデルを
作りました!

よろしければ是非手にとってみて
ください。

shopはこちら


twi2017

アイドル法話「印相(いんそう) - 仏さまの手を見てみよう!」


jpg orig

こんにちは、ゆあ(UR)です。

今回はナタリーさんによる、

BiSH「プロミスザスター」インタビュー

の写真から僕が感じとった
仏教の味わいを書かせて
頂きたく存じます。


僕はなんといっても
写真中央の
ハシヤスメ・アツコさんの
手に視線を奪われました。
(インタビューも読み応えが
あってよいですよ!)



指フェチとか
そーいう意味合いでは
ございません。

はい。

なんと、仏さまのような
”ポーズ”をとっているでは
ないですか!

jpg orig

これも・・・

2017032300

こちらも・・・・・・。

このような手のかたちを

印相(いんそう)

といいます。

仏さまは、
手のかたちや指のしぐさで
様々なメッセージを表現して
いるのです。

idolhohwa2017

ハシヤスメさんは
まったく同じかたちを
されているわけではないですが、

jpg orig

↑こちらは・・・
「阿弥陀定印(あみだじょういん)」
(瞑想中の阿弥陀如来を表す。)

amidajyouin

に近いでしょうか?

↓こちらは、右手をみるに

2017032300

「来迎印(らいごういん)」
(極楽浄土からやって来る阿弥陀如来を表す。)

raigoin

のようにみえます。

こうした点から、
BiSHは仏さまであるとも
言えるでしょう。


新曲イイヨ!!

「印相」よって
仏さまは様々なメッセージを
僕たちに伝えています。

印相をみると、たとえば
仏さまの

「いま瞑想中である」
「あなたに教えを説いている」
「安心しなさい」

といったすがたについて、
僕たちは言葉を介さずに
知ることが出来るのです。

jpg orig

みなさまも仏像や仏画を
ご覧になるとき、ぜひ仏さまの
手のかたちにも注目して
みてください。

仏さまのすがたを
より深く観て、感じる
ことができると思います。


合掌


※関連法話・・・
「”合掌”が意味するもの」

twi2017



ちな、「本当本気」の
ハシヤスメさんのこの表情
めちゃくちゃイイですぞ・・・。
(伝われ)

2017032301

花粉症法話「恐れなくてもよいことに恐れをいだく - 花粉に反応する身体」



こんばんは、ゆあ(UR)です。

冬も終わり、春の訪れと共に
花粉症に悩まされる季節が
やってまいりました。

20170318

とてもつらい。

本当につらい。

ということで今回は
このにっくき、

「花粉症」

を取り上げまして、
わたくし、仏教を味わって
いきたいと思います。

2017031800

僕はお医者さんではないので
専門的なことは分かりませんが、

花粉症とは、かいつまんで言うと
”免疫の過剰反応”ということなの
でしょう。

たぶん。

花粉をウィルスなどと同じような
「異物」として身体が認識し、
それを追い出そうと一所懸命に
頑張る。

しかしその頑張りが、
不幸にも当人を
苦しめることになる
のですね。

とてもつらい。



ここで僕が思い出すのは、
ダンマパダというお経にある
お釈迦さまのことばです。

ご紹介します。

恐れなくてもよいことに
恐れをいだき、

恐れねばならぬことに
恐れをいだかない人々は、

(よこしま)な見解をいだいて、
悪いところ(地獄)におもむく。

(ダンマパダ・317)

「恐れなくてもよいこと」を恐れて、
本来の生き方を失っている。

物事を正しく判断できない。

つまり、なにが”リアル”で
なにが”フェイク”かが
分かっていないわけです。

この状態が
僕たちの”苦しみ”を
生み出しているのですね

20170318

たとえば、金(カネ)のために
友達を裏切ったら、きっと最後には
後悔することになりますよね。


自分自身の”邪な見解”が、
自分自身を砕いてしまうわけです。

とてもつらい。

そして花粉症を引き起こす
身体の”過剰反応”も
同じようなことでは
ないかと思うのです!(?)

本来、花粉というものは
ウィルスでも病原菌でも
ないでしょう。

ですから花粉症にならない人
だってたくさんいるわけです。

しかし、身体のほうが

【花粉は異物!排出しよう!】

と誤解してしまう、

”恐れなくてもよいことに
恐れをいだいてしまう”、

こうなるともう花粉症に
なってしまうわけです。



僕がいくら

「身体さん!
花粉は別に大丈夫なんで!
気にすることないんで!」

と必死に伝えても、
どうしようもありません。

結局、
”恐れなくてもよいことに
恐れた”結果、

当人はとてもつらい、
苦しい思いをすることに
なるのです・・・。

20170318

”花粉に対し、
過度の恐れを抱く”、

このような
我が身の姿を
みつめることで、

暗闇の中で何が本当に
大切なことなのかを
見失っている、

そんな「自己の生き方」を
省(かえり)みる一つの
きっかけになるのでは
ないかと思います。


合掌

花粉show・・・・・・

twi2017
Pixiv
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
  • ■寺院案内(はじめに)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ