TOP > お詫び 例文・文例 > お詫びの例文・文例

お詫びの例文・文例

お詫び・謝罪の参考書を探す

謝罪文の書き方

謝罪文の例文

お客様へのお詫び状

お詫び状の例文

不手際のお詫び状

クレームの謝罪文



お詫びの例文・文例




お詫びとは、予定していたことがキャンセルになったり
中止、変更になったときに必要ですよね。

例えば、会社のゴルフコンペなどを企画、予定したいたけれど
何らかの理由で中止になった場合など。
(雨天の場合はどうなるかは、事前に知らせてあるので別です)

そんなときに、なんの説明も謝罪もなく
「中止ですよ」と言われると、府に落ちませんよね。


お詫びを書く、提示するなどの時は
理由と謝罪(お詫び)を、きちんと記載した方がよいでしょう。


書く手順はだいたい次の通りに書けば、
正式なお詫び譲渡して成り立つでしょう。


■題名
 (御詫び状・○○のお詫び...)

■挨拶 
 (頭語から入り、その季節にあった時候の挨拶を入るす)

■原因の説明
 (お詫びをするに至った理由)

■謝罪
 (不快にさせたことなどへの謝罪の言葉)

■今後の取り組み
 (この反省を生かし…など、今後どうして行くかなど)

■文末の挨拶
 (お詫びを手紙で行うことにも、失礼しました、と記入する)