2008年10月11日

ドクターイエローと幼稚園とお知らせ

ドクターイエロー先日念願のドクターイエローを見に行きました。ドクターイエローは月に三回走行しているのですが、時刻表には載っていません。ドクターイエロー掲示板というのがあって、そこに何時にどこを通過したよと書き込みされたら、新大阪に何時ごろに来るなとわかるのでそれを狙っていってきました。
ところが、滅多に昼寝しない息子くん、もうすぐ駅に到着というころになって睡魔が。それを揺り起こしホームへ。ホームでいまかいまかと待ち構えるそのとき、今度は「おしっこ〜」だんなさんが抱っこでトイレへ急行。
そんなこんなでやっとこさドクターイエローがホームに入ってきたというのに、眠いからか息子くんは興奮するでもなく・・・。どっちかというと私の方が興奮してました。
まあまあ、もう何度も何度も新幹線を見に行っているので最近はそれほど興奮もしなくなってきたし、そろそろ新幹線熱も冷めてきたのかもしれません。もっと早く見に行けば良かったなあ。。。


そして幼稚園。決まるまでなんとなく落ち着かない日々でしたが、無事10月1日に願書提出し、入園が決まりました。
結局最初に思っていたのびのび保育、小規模の歩く幼稚園とは違い、隣の市のマンモス幼稚園にしました。毎年願書提出の前日に整理券をもらうために朝から並ぶという超人気の幼稚園です。9月30日は一日雨でして、仕事を休んでだんなさんが並んでくれました。本当に感謝しております。

正直、第一印象はそれほど良くもなかったのです。漠然と少人数ののびのび保育がいいなと思っていたので、園庭開放では地域別に教室を分けられるという人の多さにただただ圧倒されていました。
でも園庭は町中ながらにいろいろな木々が植えられて自然を感じられるよう工夫されているし、畑があって種苗植えから収穫を体験させてくれたり、園の中で給食を作ってくれるし、先生は明るくはきはきとして良いし、園児もとっても楽しそうだし、私自身が行ってみたいなと思えたのです。
マンモスであるということ(なんと年少から1クラス35人、1学年5クラス!)、鼓笛隊があること(練習が厳しいとかわいそうだし)、普段からよく遊んでいるお友達が行かないなどは悩みのポイントでした。
でも少人数で手厚くみてもらうよりも、大人数でたくましく育っていくということもアリかなと思い直しました。
きっちりしていて厳しいと噂を聞いていたのですが、私が園に何度も行った印象ではそんなイメージは全くなく、在園児のママに話を聞いても、「厳しいとよく言われるけど、そんなことないよ、自由な感じよ。」ということ。実際、鼓笛の練習は厳しい場面もでてくるかもしれませんが。。。
お友達も、幼稚園に通っているお兄ちゃんがいるので朝の公園にはでてこないけど、最近夕方に遊ぶようになったKくんがいるので、幼稚園に一緒に行きだしたらもっと仲良くなれそうだし。
というわけで、総合的にというか、私の勘で決めちゃいました。
結局全て理想どおりの幼稚園というのはないんだろうし、どこの幼稚園に行っても子どもは楽しむんだろうけど、やっぱり悩みますね。
願書提出してからも良かったのかなと何度も考えたりもしました。
まっ、私の勘を信じるしかない!きっと息子くんも楽しんでくれるはず。何より本人が幼稚園を楽しみにしているし、いつも明るく天真爛漫な息子くんだからお友達もできるはず。楽しい三年間になりますよ〜に!

最後にお知らせです。更新をさぼり、はや三ヶ月。体調が悪いわけでは全くなく、親子共々元気いっぱいなのですが、最近やっぱりどうにもブログを書く気になれないのです。せっかく4年間も続けてきたのにという思いもあり決断を先延ばしにしてきましたが、これで終わりにしま〜す。今まで見に来てくださった方、どうもありがとうございました!!ではではっお元気で〜!!

uri1969 at 11:31|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!むしゅこ 

2008年07月17日

三代目じんべいさん

じんべい欲張ってかなり大きめで作りましたが、なんとか大丈夫そうで良かった。少しは洋服に好みもでてきたので(ダブルBが好きでよく着せてるのでくまちゃんがお気に入りだったり、車のイラストがあったりするのを好む程度)着てくれないかなと思ったけど、できあがったばかりのを見つけると「着る〜」と言ってくれました。
くまさんのうちわは幼稚園の園庭開放で作ったもの。ほとんど私作。「のり塗って、おめめ描いて」と注文するも、息子くんはハサミに気をとられて全くやる気なしでした。

型紙:幼児じんべい107〜116(フィットパターンサン)
布地:ドビーリップル(いちまつ)/こん(fabric bird)

七夕

たなばた義父母が七夕の笹を持ってきてくれたので、折り紙で飾りを作りました。飾り作り、楽しかったです。私が。
来年は幼稚園で作ってくるんだろうな。その頃には自分でお願い事言えるようになってるかな。(今年は何も言ってくれないので私が勝手に「新幹線に乗りたいな」にしときました。)

uri1969 at 08:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!むしゅこ 

2008年07月03日

ボクのカッコイイのっ!

ルイガノちゃん今まで自転車に全く興味をもっていなかったのですが、先月から急に興味が出てきて、お友達のを借りまくり。
息子くんの同級生のうちほとんどが三輪車をスルーして、去年のクリスマスまでに12インチ自転車をもらっていました。けれど、みんな自転車に興味がもてず、公園に乗ってくる子はほとんどいなかったんです。でも息子くんがお友達の自転車を乗り出したら、みんな乗り出して、誰も貸してくれなくなってしまったので、お誕生日には早いですが、一足先に3歳のお誕生日プレゼントとして自転車購入しましたっ!(半分、うちのじぃじばぁばに出資してもらいました。ありがとう!!)
ルイガノという自転車のブランドのものです。二つ上のY君がこの旧モデルで白いのに乗っていて、みんなが乗りやすいって言うし、軽くって扱いやすいってことで、ちょっとゼイタクですが、これに決めました。ところが、大体年末に新モデルがでて、あっと言う間に売切れてしまうようで、ネットでもどこも売り切れでしたがなんとか見つけましたっ!
色はかなり迷いました。なんせ10色もバリエーションがあるもんで。息子くんは赤い車はカッコイイと思っているので赤がいいかとは思ったのですが、私の第一印象でビアンキ(自転車ブランド)みたいなキレイな色!と一目ぼれしたターコイズに決めてしまいました。イマイチでしょうか・・・?(だんなさんにはイマイチと言われております。)
購入を決めてからは、息子くんに毎日自転車の画像を見せ、「○○のカッコイイの、これやでっ!もうすぐ来るで〜。」と洗脳。その甲斐あって、宅配便が来た時は「○○のカッコイイの、キタ〜っ!」と大興奮でした。
サイズは16インチ。短足の息子くんは足が地面に届きません。そして三輪車をマスターしていたにもかかわらず、半分漕いだらまた戻して半分漕ぐの繰り返し。なかなか回転させません。それでも、このガタガタ漕ぎがまたむちゃくちゃ早いんです。同級生のお友達相手だと何週も抜いております。いつになったらちゃんと漕ぐことができるのだろう。。。そしてブレーキに手が届きにくいからか、何度教えてもやってくれません。坂だとスピードがでるし、足が届かないのでブレーキかけられないし、ちょっと怖さもでてきたようです。

話はかわりますが・・・。続きを読む

uri1969 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!むしゅこ 

2008年06月12日

ベリーのギャザーワンピース

ギャザーワンピース2色がキレイと思ってとびついた布だったけど、妹には「お姉ちゃん、たーらこーたーらこー♪やな。」と言われてしまいました。今回はヨーク部分悩まずにできたけど、あいかわらず袖のギャザーが左右同じようにならなくて、そこがマイナスポイント。

布地:CSカラーリネン ベリー(CHECK&STRIPE)