2018年12月11日

天気:曇り
昨晩、近くの公園でおっちゃんたちへの炊き出しでした。おっちゃんの中には、3週間前からいなくなった足が悪いSさんのことを心配する人がいました。やさしいんやね。今朝は今冬で一番の冷え込み。おっちゃんたちにとって厳しい季節になりました。先週末からカイロを配ってますが、無事を祈るのみ‼

ところで、いまや、ほとんどの家にあるTVの話を思いつくままに書きたいと思います。
まずは大学生の時、都市計画の講義で、TVをダラダラ見て、家族のコミュニケーションが疎外される話で、その講師は、「TVを消せばいい!」とバシーっというたのが忘れられません。50年前のことです。
7年ほど前、初めてのお宅にお邪魔したら、居間にデーーーンと大きなTVが鎮座してました。ハハアーン、この家ではTVが仏壇なんやなあ、と思いました。
週に4回ほど行くプールのジャクジーバスで、隣のおばちゃん二人が、TVではこんなんいうてた、あんなんいうてたという話。このおばちゃんたちには、TVは昔の神さんに匹敵するんやろな、と思いました。
わてにとってのTVの話。
暑い暑い夏の夕方、ビールを片手にエアコンの効いた部屋でTVをボオーっと見てたら極楽、極楽、と思いました。せやけど、TVをボオーっと見てたら、ただでさえあぶないアタマがボケるとも思いました。
NHKの朝の連ドラ「まんぷく」を初めから見てましたが、安藤サクラの大阪弁がへたなのと、だんな役のしゃべりが標準語に腹がたって見るのをやめたら、スーーーっとしました。朝のこの15分がもったいないことがわかりました。ちゅうてもロクなことはしてまへんけどネ。
今、人気の「チコちゃんに叱られる!」は確かにおもろい!先週は葉っぱの「葉」と人間の「歯」は関係があるのか、という問題。縄文語を研究してる奈良大学名誉教授の木村紀子さんが、文字のなかった縄文時代、樹の葉っぱが芽吹いて、最後に散っていくのを見て、人間の歯と同じと考えてつけたもので、同じ。歯茎も、樹の茎からや、いうてました。今の日本語のもとになってる縄文時代の言葉に関心があっただけに、ええ勉強させてもらいました。ちなみにチコちゃんは永遠に5歳で、ぬいぐるみとCGの合成やそうです。
とにかく、認知症患者が激増してますが、この最大の原因は情報を垂れ流されるだけでオツムを使わないTV。ちょっとむつかしい本を読む、絵を描くのが、わてにとってのボケ防止の一番の薬とおもちょります。


uribouwander2007 at 09:36コメント(0) 

2018年12月03日

天気:晴れ

ラ・クルールのヌードデッサン会に行ってきました。モデルはわての好みのポールダンサーAさん。
R0000654

ちょっとデッサンの描き方に悩んでましたが、今回、鉛筆デッサンで一皮むけた気がします(自分でいうな)。肌が光ってる、いわゆるハイライトの描き方がわかったからです。それと眼の描き方もちょっとわかりかけました。まだまだ描くだけ。

uribouwander2007 at 09:11コメント(0) 

2018年11月29日

天気:晴れ
昨晩からの雨もやみ、秋晴れが広がってます。11月もあと2日、一年がたつのがはやいなあ。子供ははじめてのことが多く、これはどうやってできたんやろ?誰がつくったんやろ?と?がいっぱいあるから、大人に比べ、時間がたつのが遅いんやそうです。わてみたいに漫然と生きてる年寄りは・・・。
いい忘れてました。先日、紹介したイラストレーターの伊野さんのブログ、めっちゃおもしろいから見てください。「伊野孝行」で検索したら出てきます。この前の、一休寺のことが書かれてました。

最近、思ってるのは「気づき力」。同じあることを見て、聞いて、ある人は何も思わない、もしくは思っても「なんやしょーもなあ」、また、ある人は、「これはすごい!」と思うことってありますよね。いわば、心のセンサーの違い。このセンサーの違いはどこから来てるのか・・・。本、経験etc。
同じ一生でも、やはり感動や喜びがいっぱいのほうがいいに決まってるとおもうので、この年になってもセンサーを磨かねば、と思う次第。チャンチャン。

uribouwander2007 at 11:13コメント(0) 

2018年11月27日

天気:晴れ
25日(日)は北酔会の11月例会で、守口の難宗寺へ行ってきました。このお寺には大銀杏の巨木があります。
R0000613

樹齢400年ですが、9月の台風でひどい状態になってました。前、同じ時期に行ったときは空が見えませんでしたが、今はスカスカで、葉っぱもくすんで元気がありませんでした。寺のおばちゃんも、こんなひどいのははじめて、元に戻るのにだいぶかかるやろね、いうてはりました。はよ元気になってや。

26日(月)、京田辺の酬恩庵 一休寺へ行ってきました。「オトナの一休さん」のイラストレーター、伊野さんが来てるので会いに行くためです。折りたたみジテコのカラクル号を持ってJRで大阪天満宮から京田辺まで輪行です。駅からジテコで15分たらずで一休寺に到着。
すると、なんや、なんや、えらい人でんがな、アチャー!(後で、伊野さんに聞くと、JR東海が京都へ行こうというキャンペーンで宣伝してるからやそうです。静かな寺で伊野さんがヒマそうにしてるんちゃうんかいな、おもてたから余計にネ)
R0000644

紅葉まっさかりで確かにきれい(やけど、ひとひとひと)
R0000648

これが伊野さんの色紙。ちゃっと高かったけど、気に入ったので買いました。いくつかあったけど、この色紙に書かれてる「昨日俗人今日僧」の一休さんのことばがええなあ、おもたから。横のおねえちゃんは一休さんが77歳の時にできた盲目の森女(しんにょ)はん、いう若い愛人です。ちゃんと肉体関係もあったそうです。77歳ですごーーー!!!
R0000649

色紙の裏に伊野さんがサラサラサラーっと描いてくれました。わての名前を聞かれたので「うり坊です」いうたから、イノシシに乗ってる一休さんを描いてくれました。後ろにはちゃんとうり坊も
伊野さんも二回りちゃう亥年。伊野さんを知ったのはビッグイシュウに載ってたからやいうと、伊野さん、それまで買うたことなかったのに、自分が載ってるので20冊買うたいうてました。それから一休さん談義。めちゃくちゃ破天荒やけどおもしろいいうことで一致(まあ誰でもおもうこと)。
77歳で愛人ができるなんて、一休さんにはそれだけオーラがでてたんやと思いますなあ。オイラもオーラ出んかいな!?
あと伊野さんの「画家の肖像」いう本も買いました。ユーモア満載で、勝手にわらけてきます。
また、一休寺では「祖師と肖像」展も12/2までやってて、伊野さんのユーモアあふれるイラストもかだられてます。
一休寺のあと、近くのお寺を二つまわり、木津川沿いのサイクリングロードを超久しぶりに走り、京阪枚方から輪行で帰りました、とさ。おしまい。


uribouwander2007 at 06:52コメント(0) 

2018年11月22日

天気:雨のち曇り
今朝、起きたのが7:30。寝る子は育つ、いうから、まだ育ってるんかいな
それに氷雨が降ってましたが、今日は二十四節気の一つの「小雪」です。これから本格的に冬に向かいます。風邪など引かないようにご自愛ください。
先週はツギハギ荘の雀三郎さんの「ツギハゲ落語会」へ、昨日は同じく雀三郎一門の「梅田にぎわい亭」へ行ってきました。「にぎわい亭」では、雀五郎さん、雀喜さん、雀太さんに雀三郎さんの4人が出て、それぞれおもしろいのですが、やはり落語家は60を過ぎへんと味が出まへんちゅうのがよくわかりました。ちなみに雀三郎さんは今年古希やそうです。

この前買うた美工筆で、近所の風景のお試しスケッチをしました。
R0000599

これは初めてのスケッチ。まだどう描いたらええのか、さっぱりわかりまへん。
R0000600

これは家の前の路地。線の強弱のおもしろさがちょっとわかりました。
R0000601

これは近所のうっとこみたいな貧乏長屋ちごて、古い一軒家。看板に「洗張ゆのし」とかいてあるので、着物の洗濯屋さんやったみたいです。これから何回か試し描きをして、着色もしてみたいと思います。

uribouwander2007 at 10:52コメント(0) 

2018年11月19日

天気:曇り
午後からkmkのクロッキー会に行ってきました。
R0000591

10分ポーズ。黒のコンテです。
以下3点はいつものサインペンで描いた5分ポーズ。
R0000592
R0000593


R0000594

今日はじめて使う美工筆。ペン先をよく見てください。上にそりあがってます。中国製が多いのですが、これはセーラーの日本製。先日行った悠彩会でMさんに教えてもらったペンです。先がそっているので、描く角度を変えるといろんな太さの線を描くことができます。
R0000598

以下の3点が美工筆で描いたものです。今までにないおもしろい線が描けました。
R0000595
R0000596


R0000597

最後のは手のおばけになってしまいましたが、眼と唇が魅力的なモデルさんでした。

uribouwander2007 at 17:33コメント(0) 
天気:雨のち曇り
最近はまってるのが「オトナの一休さん」。Eテレでやってる5分間漫画で、イラストレーターの伊野孝行さんが描いてます。一休さんいうたら、子供がちっこいころ見てたTVの漫画のトンチの・・・とおもてたら、でんでんちゃう人物。臨済宗の禅僧やけど、男色、女色はしまくるわ、座禅なんかクソクラエいうはえらい破戒僧やったようです。
今、一休さんが住職をしてた大徳寺で襖絵展をやってます。この襖絵を描いた一人が伊野さんで、今月の25日、26日と京田辺の一休寺に伊野さんが来てるとのこと。伊野さんを知ったのはビッグイシュウの11/1号。実におもしろい経歴の持ち主です。ブログがあるので、ご覧あれ。26日、一休寺に行って、伊野さんに会ってきます。楽しみ

それと最近〈自分は正しい、賢いと思うことこそが、間違いのもと〉いうことにようやく気が付きました。残りの人生はそう多くはないけれど、よかったと思います。

あと、もう一つ。これもEテレでやってる「100分de名著 人生論ノート(三木清)」です。テキストは昨年買いましたが、好評で再放送してるようです。その中で真に旅を味わい得る人は真に自由な人である。旅をすることによって、賢い者はますます賢くなり、愚かな者はますます愚かになる。日常交際してる者が如何なる人間であるかは、一緒に旅してみるとよく分るものである。人はその人それぞれの旅をする。旅において真に自由な人は人生において真に自由なひとである。人生そのものが実に旅である。と三木清はいうてます。
確かに思い当たることがあります。わてにとって旅は人です。何回か書きましたが、おもしろい人に出会えると、その旅は楽しいし、出会った場所が好きになったりします。9年間、あっちこっち行きまくっての実感です。そういう意味では、日本人同士がワイワイいうてる海外のパックツアーにはでったい行きたくありません。ちゃんちゃん。

uribouwander2007 at 09:41コメント(0) 

2018年11月18日

天気:晴れ時々曇り
近くの紅梅町をジテコで走ってると、あるお寺の塀に「座禅会」の案内が張ってました。座禅は以前から興味があり、いろいろ調べたことがあるのですが、本来のなまけ癖で行ったことがありませんでした。17日(土
の13:30〜いうのがちょうどええし、一丁行ってみるかとあいなりました。
お寺は曹洞宗の天徳寺いうお寺です。20分前に行くと、初めての方が4人で、坊さんから座り方や、手の組み方、姿勢、視線の位置、息の仕方などのレクチャーがあり、壁に向かって座りました。最初、尻にあてるマットで座りましたが、体が硬いので、椅子にしてもらいました。
始めの太鼓、鐘がなり開始。窓など開口部はカーテンが降り、室内は薄暗くなり、最初、いわれたように深呼吸をし、息を整え、後の鼻呼吸は自然体。高村薫の小説に出てくる曹洞宗の本山、永平寺の座禅の場面では鼻から息を吸い、口から20秒以上かけて吐くとあったことを思い出しましたが、面倒なので鼻呼吸で通しました。
姿勢は頭を突き上げ、天井を支えるような感じと、猫背にならないように腹を突き出すといってたので、それがさかんい気になり、姿勢を正すことに気がとられました。それと視線は45度で眼は開けたままといわれましたが、慣れてくると、自然とまぶたが下がってくるので、なんぎしました。緊張感ないんかいなあ・・・。
それと大事なのは頭をよぎるいろんな想念をどうするかですが、そのまま放っておくと消えるし、また、次々と想念が浮かぶがともかく自然に任せること。
途中、経過時間を知らせる太鼓がなり、最後、坊さんが「昔、上の人に、何事も座禅である。その意味は・・・」という話があり、終わりの鐘がなって終了。ちょうど45分でした。参加者は総勢で10名いほど。終わってから、お茶とお菓子をいただき、それぞれ質問や感想を述べ散会。
R0000589

正直、途中でいややなあという気になりましたが、また行ってみたいと思います。


uribouwander2007 at 10:26コメント(0) 

2018年11月14日

天気:曇り
今日は誕生日。71歳になりました。えーーー!です。こんな歳になるとは露思わずです。おっさんの健康寿命はの平均は72歳と何か月らしいです。平均値からでは、もうすぐ健康ではなくなりますが、本人は一向に自覚なし。まあ、あるがままに生きて、あとはPPKです。

さて先日終わった北酔展に出品した作品の紹介です。
R0000528

「大阪城 秋」
昨年11月、紅葉が描きたくて大阪城へ。太閤はんやRCの天守閣には興味がおまへんが、時間の蓄積を感じる石垣はええなあ、と思います。
R0000527

「二月堂 春」
新緑が描きたくて新車の折りたたみ自転車を持って奈良へ。これを描いてると5歳くらいの女の子がじいーっとのぞきこんでくるので「絵、好き?」「うん」。
「絵好きやったらいっぱい描きや」はいいそびれてしまいました。
R0000529

「ひまわり」
8月例会で描きました。モデルのYさんは、ヨガのインストラクターを目指す、ひまわりのように元気なべっぴんさん。ふだん、ヌードしか描いてないので、帽子や服はホンマへたっぴ。それに目も苦手で表情が硬くなってしまいました。
R0000530

「裸婦」
7月例会で描きました。モデルのMさんはクロッキーでは何回か描いてますが、固定ははじめて。ヌードは近くのアトリエで月に4,5回は描いてるので、細かい線や影が観えるようになってきました。絵はよく観て、何枚も描くしかおまへん。〈一日一絵〉。
R0000531

「裸婦」
モデルのKさんはルノワールの作品に出てくるような豊満なからだで、毎年、日展の作品のモデルになってます。これを描いた日は人数が少なくポーズのオーダーができたので、背中を描かせてもらいました。クレヨンとパステルで一番のびのび描けたと思います。

uribouwander2007 at 08:49コメント(0) 

2018年11月12日

天気:曇り
昨日で6日間やってた北酔展が終わりました。たくさんの方にご来場いただき、ほんま、おおきに。
R0000569

写真は懇親パーティーであいさつする尾崎さん。尾崎さんは、第1回から出展してます。12時からはじまったパーティーにもいろんな方が来てくれました。毎年、パーティーには必ず来てくれる庄内の居酒屋のはっちゃん親子や散髪屋のHさんらと楽しく談笑しました。
おの北酔展は、わてにとっては同窓会でもあり、この北酔展で年に1回だけ会う人もたくさんいてて、旧交をあたためました。
終わったら、ちょっとさみしくもありますが、また来年に向けて作品づくりにはげみたいとおもいます。ほんま、おおきにでした。

uribouwander2007 at 09:30コメント(0) 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード