学校から帰宅した娘が持ち帰った連絡帳を読んでいたら、


「金曜日までにリズム楽器を持参すること」


という一文があった。

リズム楽器、というのが具体的に何を指しているのかわからなかったので娘に確認すると、タンバリンとかー、カスタネットとかー、トライアングルとかー、という返事が。

なるほどなるほど、その手の楽器のことね。

しかし、我が家にはタンバリンもカスタネットもトライアングルもない。

友人からプエルトリコ旅行のお土産にもらったマラカスが以前はあったのだが、娘が赤ちゃんだった頃に持たせたところ、激しく降り回された挙句に思いっきり壊されてしまった。

小さめのココナッツの殻のような形状のマラカスの中から出てきたのは大量の砂利で、掃除をするのが思いっきり大変だったことを今でもよく覚えている。

あのマラカスがまだ手元にあったらよかったのになー、と思いながら、


「じゃあ、小さめのペットボトルにコーヒー豆を入れてマラカスを作ってあげるから、それを金曜日に学校に持って行けばいいんじゃない?」


と、超ローコストな提案をしてみたところ、娘に憤然とした顔で拒否されてしまった。

その場で娘がスマホで検索した画像を見せてくれたのだが、どうやら韓国の文具店では「リズム楽器セット」なるものが売られていて、連絡帳に書かれていたのは、金曜日までにそれを用意してこい、ということだったのだ。

リズム楽器セットに含まれているのは、タンバリン、トライアングル、カスタネット、シンバルの4点の楽器。シンバルはもちろん、中華鍋のお化けのようなサイズのあれではなく、お猿さんのぬいぐるみが持っているような小さなサイズのおもちゃのシンバルね。

金曜日までにリズム楽器を持参すること、と連絡帳に書かれていたのは、水曜日。どうしてこういうことを2日前に通達するかね? と思ったが、まあもう仕方がない。せめて月曜日くらいに伝えてもらえたら、ネットで購入できたのに。

自宅のすぐ裏に、小学生の子供たちがよく学校帰りにたむろしている文具店があるのだが、文具店がそこの1軒しかないためか、あらゆる物の価格が微妙に高めだったりする。

木曜日の学校帰りに娘をその文具店に寄らせてリズム楽器セットの価格を確認させたところ、2万ウォンだった、とのこと。

少し離れたところ(と言っても徒歩圏内)に娘が通っている小学校とは別の小学校があり、そこの正門前に2軒の文具店が並んでいるので、買い物ついでにそこまで足を伸ばして確認してみたところ、まったく同じリズム楽器セットが1万7千ウォンだった。もちろん、その1万7千ウォンの方を購入したことは言うまでもない。

これが、そのリズム楽器セット。



20200626_083712


中身は同じなのだが、外側のバッグの色がピンクとブルーの2種類あり、娘本人はもしかしたらブルーの方が好みかもしれないな、と思ったので一瞬迷ったけれど、通学用のバックパックも運動靴もピンクだったので、統一感を考えてやっぱりピンクにしておいた。

自分が小学生だった頃のことを思い出すと、タンバリンもトライアングルもシンバルも学校の音楽室にあったものを使っていたし、自前のリズム楽器はカスタネットくらいだったと記憶している。片側が赤、片側が青に塗られた木製のカスタネットで、叩くと小気味良い音が鳴り響いたっけ。

今回購入したリズム楽器セットの中に入っていたカスタネットはプラスチック製で、見るからに残念な見た目だし、音も微妙。でもまあ、1万7千ウォンの楽器セットの中に入っていたカスタネットだし、こんなものかもね。

しばらく学校の教室内に保管しておくことになりそうだし、ということで、外側のビニールバッグを含め、すべてのアイテムにセロテープを貼り、その上から油性マジックで名前を書いた(←セロテープを剥がせば不要になった時にフリマで売れるし、というセコい考えw)。

そして、金曜日の朝に新しいリズム楽器セットを持って登校した娘だが、なんと、下校時にそのまま家に持って帰ってきた。

聞くと、


「今日だけ使ったけど、これからはもう使わないかもしれない」


・・・ぬわぁんですと??

たった1回の音楽の授業の時に使うだけのために、2千円近くする安っぽい楽器セットをわざわざ買わせたのだとしたら、日頃寛容な自分でも(え?)、ちょっと学校に対して文句を言いたくなってしまう。

今後はもう使わないかもしれない、というのは単に娘の勘違いで、また必要に応じて今回のリズム楽器セットを学校生活の中で使う機会があるだろう、と思ってはいる。

が、もし本当に金曜日のその1回限りで、もう二度と学校の音楽の授業で使う予定がないのだとしたら、あまりにももったいなさすぎる話だし、自分には学校の考えが理解できない。

いくらコロナで楽器の共有を避けさせたかったのだとしても、たった1回の音楽の授業におけるリズム学習くらい、


机でもテキトーに叩かせとけや!


と思ってしまう。なんだったら手拍子でもいいぞ。

それとも、たった1回の授業のために2千円のリズム楽器セットを用意するのは世間的には当たり前のことで、自分の考え方がおかしいというか、自分がケチなのだろうか?

なんだかよくわからなくなってしまった。


最後までお読み下さってありがとうございました♪

人気ブログランキングへ