コロナ禍であるにもかかわらず日本への一時帰国を強行し、14日間の自粛期間を経て滞在日程を終えて、日本出国72時間前以降に義務づけられているPCR検査でも無事に陰性結果が出ると、最後に待ち構えている関門は、


韓国への再入国


に他ならない。

日本で成田空港にフライトが到着した後、検疫手続きや入国手続きをすべて終えて空港の外に出るまでたっぷり2時間かかったことはまだ記憶に新しかったため、韓国の仁川空港に着いた後も同じようなプロセスを辿ることになるんだろうな、と激しく気が重かった。

が、結論から先に言ってしまうと、仁川空港でのもろもろの手続きは30分ほどで呆気なく終了してしまい、成田空港でのあの気が遠くなるほどの待ち時間と手際の悪さは一体何だったのだろう? と思うほど。

ただ、空港での検疫および入国手続きは素早かったものの、その後の待ち時間に関しては韓国の方がずっとずっとずっとずっとずっと・・・長かった。

とりあえず、出発日の成田空港の様子まで遡りましょうかね。



20211117_105854


フライトの数がとにかく少ないため、空港のロビー自体はこれまで見たことがないほどガラーンとしていたけれど、反面、開いているチェックインカウンターの前では長蛇の列ができている。

コロナ禍前に比べると、PCR検査の陰性証明書など、カウンターで確認する必要がある書類が増えたためか、列が進むスピードもかなりゆっくりなので、搭乗予定のある方は早めに空港に到着することをおすすめしたい。

カウンターではビザの有無も確認されたため、韓国の外国人登録証を見せた。

いまだかつて日本の空港のチェックインカウンターで韓国の外国人登録証を出す必要が生じたことなど一度たりともなかったので、なんていうか、今がコロナ禍であるという事実をひしひしと感じさせられた場面だった。

韓国の再入国許可の有無についても聞かれたのだが、再入国許可はオンライン上で処理されていて、紙の証明書のようなものはなかったので、再入国許可が下りた際に出入国管理事務所から届いたメールをスマホで見せて対処した。

このメールを探すのに若干時間がかかってしまったので、次回以降は事前にメールをスクショしておくか、フラグを立てておこうと思った次第。

自分は午後1時20分のフライトで、午前11時に空港に到着したのだが(←前日にオンラインチェックイン済)、それでもかなりギリギリに近かったかな、と感じている。

それと、今回利用したアシアナ便はANA便とのコードシェア便だったのだが、国内線のような3列+3列の小さめなサイズの機体が使用されているためか、手荷物の重量チェックがものすごく厳しかった。


「重量を軽くするために空港のチェックインカウンターの前でスーツケースを開けて中身を取り出している人」


というのを最近では目にする機会がほとんどなかったのだが、今回に限っては3,4人が同時にカウンターの前でそれをやっていて、自分の荷物もひっかかるかもしれないな、と背中にイヤな汗をかいてしまった(←ギリギリのところでセーフだった)。

超過料金を支払うカウンターの前でも何人かが並んでいたので、アシアナのエコノミークラスに搭乗する予定のある方は、空港に向かう前にスーツケースの重量がきっちり23キロ以内であることを要確認! ということで。

出国手続き後、あまりウロウロと歩き回る時間がなかったので、あるいは自分が出発したゲートの周辺だけのことなのかもしれないが、化粧品、食品、タバコなどを販売している免税店と一部のブランドショップはオープンしていたものの、それ以外のお店(レストランなど)は軒並み閉店していたので、出発前に食事をしたい方は、出国手続きの前に済ませるのが賢明。

あと! 本好きの方! 書店も閉まっていますぜ!

成田空港第1ターミナルは空港の建物内に書店がなく、出国手続き後のターミナル内に1店だけ書店がある。

自分は出発当日に空港内の書店で本や雑誌を物色することを楽しみにしている人間なのだが、もしや、と思って数日前に調べてみたところ、そのターミナル内の唯一の書店もコロナ禍で閉店してしまっていることを知った(←ので、出発前日に自宅の最寄り駅近くの書店に行っておいた)。

免税店の化粧品売り場も働いているスタッフの数が少なく、その時にいるスタッフがある特定の化粧品ブランドに関してまったく詳しくない、ということもあるので、あらかじめ買いたい物が決まっている場合は、事前にオンライン等で購入しておいた方がいいと思う。

自分はいつも使っている MAC のアイシャドウがなくなりそうだったので同じ物を購入したかったのだが、その時に化粧品売り場にいたスタッフの方は MAC のラインアップや在庫について何もわからず、残念なことに結局購入することができなかった(←自分も一緒になって引き出しの中などを見たので、おそらく在庫自体がなかったのだろうな、とは思うけど)。

さて。

仁川空港に到着した後のことも同じ記事内にまとめてしまうつもりでいたのだが、ちょっと長くなってしまったのでそれについては別の記事であらためて言及することに。

あと、忘れてはいけないのが成田空港までのアクセスについて。

自分はいつも、渋谷発の空港リムジンバスで成田空港に向かっているのだが、やはりコロナの影響で、都内各地発着の空港リムジンバスは軒並み運休・・・チーン。

現時点で都内から成田空港行きの空港リムジンバスが発着しているのは、


箱崎シティエアターミナル
新宿駅
羽田空港



の3か所のみ。

実家の最寄り駅からは箱崎シティエアターミナルがある水天宮前駅まで地下鉄で乗り換えなしで行かれるのだが、午前9時50分発の空港リムジンバスに間に合うように乗ろうとすると朝の通勤ラッシュの時間にかかってしまうため、仕方がなくタクシーで箱崎まで行き、そこから成田空港に向かった。

というわけで、コロナ禍の一時帰国は空港との行き帰りの交通費に地味にお金がかかるなぁ、というのが実感だったり。


最後までお読み下さってありがとうございました♪


国際恋愛・結婚ランキング