先回参加させてもらって楽しかったので
2度目の参加
IMG_20181104_132923
IMG_20181104_132928
奇をてらわない定番のボードゲームが並ぶ

最初に遊ばせてもらったのは
ず~っと気になってた軽量級ボードゲーム
『キングダム』
IMG_20181104_122857
手番には
タイルを置くか、砦駒を置くか。
すべてのマスが埋まったら得点計算

各砦駒の縦横ラインの得点タイルの合計値が
得点として降ってくるんだけど···

砦駒には1~4本の塔があって
得点=合計値かける塔の本数


大きな砦が置かれたところには
当然妨害が入ってくるしリスクは高い
(マイナスも倍々でして)

とってもわかりやすいルールで

どこにタイルを置くか
誰に乗っかるとおいしいか
考えどころもわかりやすい

タイルのめくり運なんかもあって
ガチガチにならない感じがやさしい

これは欲しいなぁ~

『テキトウな関係』
IMG_20181104_131737
弱いやつ

他人と合わせるっていうのが難しいんだなぁ
でも、ワイワイできるので···楽しいね

赤の他人と見事に合ったときの嬉しさも格別

『ヒトトイロ』
IMG_20181104_141715
気になるゲームを初プレイ

お題からイメージされる色をそれぞれが
出していき、
全5問すべて全員当てれたらみんなで勝ち
っていう協力ゲーム

お題は大枠のテーマからひとりずつ
設定していくので

例えば···
[野菜]って指定された中で
担当プレイヤーがお題を決める
[ほうれんそう]って言ったら

「みどり出してねぇ~」みたいな思いが
こもってそう
でも···黄緑とかもあったりして

後になればなるほど
大枠のテーマも難しい

なかなかクリアできず····
もっかいやろもっかいやろってなるやつ

「パックマン!!」って言ったら
「いろんな色ありますよ~」って
ジェネレーションギャップを感じたのが
今日のハイライト

ラストは3人で協力ゲーム
『花火』
IMG_20181104_152946
5色の花火を1~5の順番で打ち上げることを
目指した協力ゲーム。

自分の札が見えない中で
他プレイヤーから与えられるヒントを元に
「エイヤッ」と打ち上げる

ダメなやつ出しちゃったら
爆発
3回爆発したら失敗


初顔合わせの方と
限られたヒントで意思疏通させる難しさ

でも···楽しい
結局2ゲーム遊んだけど打ち上げ失敗

『キャプテン·リノ』
IMG_20181104_163828
ラストに『ワードバスケット』で終了~

今回も軽量級ゲームを中心に
はじめましての方と楽しくすごしました
一緒に遊んでくださったみなさん
主催のみなさん ありがとうございました

3
クニツィア氏の2018年新作は
大人数にも対応したカードゲーム
『空手トマト』
IMG_20181105_142730
  • 10歳以上対象
  • プレイ人数 3~10人
  • プレイ時間 20分
野菜武術家による武道大会
トーナメントに勝ち残るのは誰だ

↓各選手1~5のカード。
IMG_20181105_143153
他にも【ニンジン・きのこ・ナス・とうもろこし】


↓コチラが勝敗を左右するトマト師匠
IMG_20181105_143325
トマト師匠は各プレイヤーに1枚ずつ配られます。

選手カードを規定枚数+トマト師匠が1枚配られてゲームスタート
IMG_20181105_144028
中央にはプレイ人数に応じた枚数の報償カードが置かれます。
そして…大会スタート

各自1枚ずつカードを伏せて置きます
IMG_20181105_144056
1枚目はなにを置いてもOK
みんな置いたらせ~のでオープン

つづいて2枚目…って感じで大会は進んでいきます
2枚目からは1枚目に出した選手を出さなければいけません
(1枚目がナスならナス※数字は同じじゃなくてもいいよ)
IMG_20181105_144148

オープン
この時トマト師匠を出してもOK
IMG_20181105_144212
トマト師匠を出す=この大会からの脱落を意味します
でも悪いことばかりではなく…脱落すると手札を2枚補充できます

これを…
報償カードの枚数と同じ人数になるまでつづけて。
IMG_20181105_144740

残ったプレイヤーは
出したカードの数字を合計して勝負
IMG_20181105_144746
勝ったプレイヤーから報償カードを選んで取っていきます
(同点だったら手持ちのトマト師匠の数字比べ。
高い方のプレイヤーが勝ちそのあとで、トマト師匠カードを交換します)

報償カードには3種類のマーク
IMG_20181105_144831
トロフィー…勝利点
トマト…カード補充
ナイフ…(後述)

コレをゲーム終了まで何度か続けていくのですが、
ゲーム終了のタイミングが不思議

集めたトロフィーの数が終了条件数に到達したと
思ったプレイヤーがゲーム終了を宣言します

そんなもん集めたらすぐに宣言するやんと思いますが…
ここでナイフの登場

ゲーム終了時にナイフの所有数が一番少ないプレイヤーは
敗退決定

トロフィー所有数が一番多いプレイヤーの勝利

===感想===
どこで勝負をかけてどこで控えるかがポイントかな??
どこまでつぎ込むかが楽しいタイプのゲームだとは思うんだけど…
4人プレイで遊んだ感じだと、意外と早めに決着がついちゃうイメージ

せっかく控えたのに、あっさり次の1枚で勝負が決まっちゃうということも多くて
盛り上がりに欠けたかな~

プレイ人数の幅が大きくルールも簡単なので使い勝手は良さそうだし
いろんな人数で試してみたい感あります

3
『灯台の明かり』
IMG_20181105_134210
  • 8歳以上対象
  • プレイ人数 2~4人
  • プレイ時間 25分
大嵐がやってくるらしいぞ~という予報に
湾から(川上にある)港まで灯台の明かりを頼りに
一目散に船を避難させるすごろくゲーム
Point Blur_20181105_151240
自分の船は5つ
それぞれの船をどこまで避難させれるか

↓大嵐コマ
IMG_20181105_134800
手番がぐるっと回ると嵐コマが一歩進む
川下(スタート地点)までは徐々に進むが···

川に入ってくると一足飛びに追いかけてくる

追いつかれた時点で船は動けなくなるので···‌
逃げるためには船を動かすしかない


ということで
手番での船の動かし方

カードで進むすごろく
IMG_20181105_141405
カードは上下に分かれてて

上···灯台
下···船

イメージとしては
上(灯台)をやってから下(船)をやるって感じ

まず灯台
描かれた灯台に明かりを灯しましょ~
CollageMaker_20181105_171212939 
どこかの灯台から
カードに描かれた灯台に明かりを移しまぁす


そして···
自分の船をカードに描かれた数字分進める

この時、
どの灯台に明かりがついてるかが重要
IMG_20181105_141331
各灯台にはいくつかのマスが割り当てられていて、進めるコマの先のマスが照らされていないとそれ以上先には進めません


カードは大きく分けて3種類
先ほどのがスタンダードなので

特徴的なのが2種類
IMG_20181105_134910
↑ひとつのマスにいる自分のコマをまるごと進める

↓願わくばこんな状況で使いたいやつ
IMG_20181105_141526

↓ひとつのマスにいる各色一個ずつ進める。
IMG_20181105_134914

例えば···
CollageMaker_20181105_171614979
こんな感じで一個ずつ
このとき、ひとつでも他プレイヤーのコマを一緒に動かしたら、ボーナスで自分のコマだけさらに先に進める

ひとつだろうが、みっつだろうが
ボーナスは一緒

そうこうしてる内に大嵐コマに追いつかれたたら、そのコマはそこでSTOP
IMG_20181105_141636
もちろん先に進んでれば進んでるほど高得点
ですが···

すべてのコマを港まで辿り着かせるなんて
無理な話···見捨てる勇気も必要


そうそう
カードはなんでも使い放題ではなく
常に手札3枚の中から選択

なので、特に序盤はどうしようもないやん
みたいな場面もあります

3枚は見えてるので、
いかにしてその3枚を使うか···

でも、補充してきた1枚で展開が変わる時も


協力しながら進んでいかないと
ひとりでは限りがある
と思いきや、
他プレイヤーの目の前 重要な灯台の明かりを消しお先真っ暗にしたり

ひとつのコマを奥深くまで進めるのか
数多くのコマをバランスよく進めるのか
性格出るぞ~

↑このページのトップヘ