2010年05月28日

二郎系コピペ

ラーメン二郎の食べ方 コール基本編1

コール:コールには並んでるときに聞かれる大小コールと、供される直前に聞かれるトッピングコールの二種類があり、
それぞれのタイミングで自分好みの注文をすることができる。

大小コール:大抵は並んでるときに聞かれる第一のコール。大きさの「大」「小」が表で、
裏には「麺マシ」「少な目」「半分」「三分の一」がある。他にも麺を硬めにしてもらう「カタメ」なども。
スープの脂を調節してもらう「アブラ少な目」「アブラ抜き」がある。
これらのコールは勘違いしてる客もいるがれっきとした「店の善意による裏の味付け」なので
むやみに通ぶって裏コールを重ねるのは店の善意をもてあそんでる行為に他ならず、
あまり調子乗ってると店を守ってるホームロッターとバトルになるので注意。

この大小コールでの無茶なコールが重なると店側が非常に混乱しやすいのでロッターの皆さんには節度を守っていただきたい。
店舗によっては一部の裏コールが通じない場合もあるので要注意。

カタメ:カタメコールにすると通常より早めに出してもらえるためロット的に少し有利になるが、ロット内で最後の麺バーのみカタメコールは不可なので注意。
(カタメの客の麺は当然早く仕上がるので、一番最後に席につく人がカタメだと、高確率で席が空いてないのに麺が茹で上がってしまうため)
例えカタメが好きでも、ロット内しんがりの場合は普通で頼むのがロッターの常識である。
できれば最後から二番目の人もロットに余裕が無くなってしまうためカタメは遠慮しておいた方が良い。
こういう細やかなとこでロットを微調整してるロッターこそ本当の意味でロットマスターと言えるだろう。

麺増し:大盛り以上に食べたい時に注文できる裏メニュー的存在。当然出来るか出来ないかは店による。
大盛り以上に食べようとする客は少ないためメンマシ無料の店もある。特に学生街にそういう店舗は多い。
当然無料のときは店からの善意のサービスなので残してはいけない。量的には大盛り以上の量になるので普通の人には関係ない話ではある。

Posted by urkcisco at 06:15│Comments(0)TrackBack(0)二郎系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urkcisco/51565953

コメントする

名前
URL
 
  絵文字