いまりの税理士 ナガセのブログ

税理士試験官報合格。現在35歳。受験生への応援メッセージ・仕事に役立ちそうな情報を一言書いてみます。経営のヒントになれば幸いです。

いまりの税理士 ナガセのブログ 引っ越しました

伊万里の税理士 永瀬 です。

ブログを引っ越しました。
毎日 更新中です。
あなたにとって 役立つことが
きっと どこかにあるはずです。

伊万里の税理士 永瀬 のブログ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/urotan0000216813/



ブログ 引越しのお知らせです。



  ブログを引っ越ししました。

  http://ameblo.jp/urotan0000216813/

同一法人内で作成する文書

印紙税法 第59条


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/19/16.htm


国税庁HPより


ただし、同一法人内であっても、第3号文書又は第9号文書に該当する場合は、事務上作成する書類とは言えないため、課税文書に該当する。

残高は大丈夫ですか。

決算はもちろんのこと。

月次処理においても、貸借対照表の

残高を照合することは、基本です。

しかし、何と照合するのか、その照合した

残高は、その会社とって標準的なものなのか。

イレギュラーな残高は、人間でいう「血液検査」での

数値異常です。

ほっておくと、あっという間に2年から3年が

経過して、処理にたいへん苦労を要します。


「貸借対照表」=残高の集合体 =次の期間への連結環

しっかりチェックしてください。


サラリーマンが3ヶ月入院したときにもらったもの。

会社勤めの人が、病気を患い、3ヶ月間入院しました。

その会社は、傷病手当の手続きをせずに、これまでの

貢献度等をかっていただき、入院前と同額の給与を

3ヶ月間(月30万×3ヶ月)支給していただきました。

働いていない状況で、支給を受けた給与は、何所得に

なるのでしょうか?


1. 非課税所得

2. 一時所得

3. 給与所得

4. 雑所得

・・・・・・


・・・・・・・  ↓
      



       ↓



       ↓




       ↓

正解 は、 3番の給与所得です。

 入院する前と同じように支給を受けている場合は、労務の対価に伴うも
のでなくとも、給与所得に該当すると考えられます。
 考え方としては、入院により休業している間に支払われる金員の性質が何かということです。
 同じような条件で、同じくらいの金額が支払われている状況は、形式的に、給与が支払われたものと認められます。


所法 9条1項3号












うろたんし の紹介
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ