s-LRG_DSC00500
ダーウィノプテルス・モデュラリス。
「プテルスは翼」くらゐの知識はあるので、と書きながら例によってWikipediaを開くと、Polypterusなんて魚が出てきました。多くのpolypterusださうです。

さて、Darwinopterus「ダーウインの翼」のこの標本は赤い矢印の先に卵を持つてゐます。
標本の全体は会場で、ぜひ。
参考までにWikipediaの記事からふたつ。
ひとつは、この卵化石から、殻は原生鳥類のやうな固いものではなく、爬虫類にあるやうなやわらかいものだつたと判明。
もうひとつは、同時に発見された個体群にトサカ状の骨格をもつ頭骨とない頭骨が見つかつたことから、雌雄の別が判明したと。因みにこの個体はトサカがないタイプ。

これは翼竜。
世間的には三割しかご存じない知識として、翼竜は恐竜ではありません。
また鳥類は翼竜が進化したものではありません。

s-LRG_DSC00505 (2)

翼竜はこの図でいふと「恐竜類」に行きかけた辺りで分岐してゐる、かな?