2018年10月06日

馬特区妄想

先日、って、もう3ヶ月も前のことだけど、座間宮ガレイさんの選挙ワークショップが山都町内であったので参加して、
馬特区の話をして模擬選挙で当選したの。
遅刻していったので最初よくわからなかったけど、この町がどうなったら幸せか、というテーマに対し、参加者が自由に書いた紙を読み上げながらホワイトボードに書き出していくという作業の途中だった。
私はいちばん最初に書いて提出するところにはいられなかったのに、「馬」というのが出ていて、おっと、私以外にも馬を望んでいる人がいるのね、とうれしくなって、自作の「政策」を発表するときに馬特区の話をした。

3ヶ月も経ってなぜそれを書こうと思ったのかといえば、今日(すでに昨日)は旧大野小でのイベントでゴスペル風合唱団に参加し、そのときにあの選挙ワークショップでお会いした方とお話したから。
「あれから馬特区やろうよって話してますよ」と。
でしょ、いいでしょ、馬特区。
と思ったらまた脳みそが活発になってしまったので、吐き出しておく。

私の住む山都町は面積がとても広い過疎の町。
移住促進とか空き家バンクとか、できてきているけれども、
現実にはすでに三つぽっちになっている中学校について、あそことここはいずれ合併するから
色々な面で今から交流をしておいたほうがいいですよね、などと語られている。
人口ががつんと増えるなどということはほぼ誰もイメージしていない。
そりゃもちろんすぐ効く特効薬なんかないんだけど、
妄想は自由だ。

ということで。
山都町の中でも端っこのほうに住んでいる私は、前の職場は高森、今は南阿蘇で、
毎日山道をドライブしていて、通勤時間は30分とか45分とか、
シングルマザーにはちょっと痛い長さではあるのだけれども、
空が開けたその通勤経路は大好き。
自然の中をゆったり散歩するような時間は作れていない身だけど、
毎日表情を変える空や植物やときどき動物を見ながら通勤できるのは気持ちがいい。
で、ここを馬で通勤できたらいいなーと夢見ていて。
だとすると職場に馬つなぎが必要だな、とか。
服が馬の汗で濡れるから着替えも必要だな、とか。
常々考えています。

山都町を馬の町に・・・。
というのは、私のイメージでは、観光用に通潤橋に馬がいて、写真が撮れるとかいう話ではない。
がっつり、生活が馬と共にあるというのがいい。
まず、現状、山間部は車が必需品なんだけど、なぜか都市部よりガソリンが10円高いの。
そのくせ賃金水準は都市部より低いのよ。
そして、何かの時には街に出て行かなければならない。逆に街の人が山間部に行かなければならないようなことはほぼない。
なんかちょっとフェアじゃないのよ。
こういうのは国とか県とかが補助すべきじゃないのかと思う。ガソリン代は山間部こそ安くあるべきだと思う。だって公共交通機関網も不充分だし。
といってもやってくれないどころか逆に軽自動車の税金を上げてくるようなわけなので、自衛手段として、移動手段に馬を使う。
ただしひとりじゃなかなか難しいので、町全体がそういう考え方と造りになったらいいなと。
そしたらガソリン買わなくてよくなるし、町は予算をかけて国道沿いの草刈りを業者に委託しなくてもよくなる。
昔は牛を飼っている家が多かったから、餌にするために早朝から道端の草刈りをみんなが競うようにしていたと聞いたことがあって、それがヒント。
農業のこと聞きかじっただけで無責任なこと書くのも気が引けますが、とりあえず妄想ということで、お許しください。
農作業の機械も高かったりレンタルも農繁期には借りるのも大変と聞いた。これも馬を使うタイプでいけるものはそちらにして、ここでもガソリンを減らせるので、
結果、低ガソリン社会になる。

それから、山都町は源流の町で、有機農業も盛ん。
馬が行き交い、餌として草を食べるので、馬が通るところの農薬散布はしないようになる。
「環境に配慮した町」ということで視察が来るようになる。

移動手段に馬を使うためには、
道路を馬が通行することについての法律関係とか、
糞尿の処理や公衆衛生上の問題に取り組まなければならないだろう。
ハエやアブが増えたといって安易に殺虫剤を使うようなことは避けたい。
道の駅などに、水のみ場と、馬つなぎを作る必要がある。

そういった馬による移動用のインフラを整備できたなら、
間違いなく全国から馬好きが集まる。
モンゴルには、日本の乗馬クラブの人たちが、大草原を馬で走るために来ていた。
阿蘇にも乗馬クラブがある。けど、遊びとしては手が届かない。
だからもっと身近な生活レベルで当たり前に乗れるといいなと思って。
熊本の牛農家さんで、馬に乗って牛を管理してますって方もいらした。
そんな色々なイメージが重なり合う。

道路の糞の処理とか、堆肥づくりとかの仕事が増える。
乗馬インストラクター、御者とかがハローワークの求人に出る。

それから、「家庭内運転手問題」がだいぶ改善する。
大家族で大人が数人いる家ならいいけれど、核家族だと大変だったりするやつ。
つまり、飲みに行くときに家族に迎えに来てもらうとか。
馬なら、酔っ払ってても、乗りさえすれば連れて帰ってくれる、というのはモンゴルでよくいわれる話で。
子どもも、現状は移動は親に頼るばかりだけど、車や原付の免許のない年齢でも自力で外出ができるようになる。
それに、漫然運転やわき見による追突事故とかはなくなるでしょ。
落馬事故は起きるだろうし、それへの対処は考えなければならないけれども。
スピード違反とかシートベルトのチェックとかが不要になって警察の仕事内容も変わるね。
騎馬暴走族とか迷い馬とか馬泥棒とかで警察が呼ばれるかしら。

試合の送迎は遠方の都市部までということが多いので、難しいにしても。
バスのない時間帯に中学校の部活の延長練習がある場合の夕飯支度時間帯のお迎えとか、
小学校の部活廃止によって社会体育のクラブを利用する小学生が増えたけどその送迎とかは、
本来は必ず乗る人がいるんだからコミュニティバスを出してくれればいいのにと思うんだけど、
難しいなら、
馬なら子どもだけで行けるよね。
それだと例えばお母さんは家事ができたり。

あと、高齢の方の免許返納も、代替の交通手段がないなら難しいに決まってるんだけど、
馬がいるなら、全然違うと思う。
高齢者には馬車がいいかもね。
馬車については、揺れがきちんと吸収されるような乗り心地のいいものが開発されるに違いない。
コミュニティバスもコミュニティ馬車で。
遠出とか急ぎのときは、曳き馬を連れて乗り換えるモンゴル方式。

そして、山都町の外に出て行く場合のことを考える。
完全なる車社会に出て行く境目で、カーシェアリングの車に乗り換えられる。

隣接する自治体で、協力を得られるところとは連携して、馬のみで行ける範囲を広げられると楽しい。
高森町、椎葉村とかよさそう。
山都町にも高速道路のインターができるとのことで、むしろ人口が流出するのでは、とか、来る人が増えるのでは、とか、色々いわれているけれども、一般道が空くなら馬が走りやすいな。
また、旧道とか、荒れている道も馬で通れるようにしたら、荒れていくのを防止できるのでは。
結果、いのししや鹿も出てきにくくなったりするんじゃなかろうか。

幼い頃から乗馬を身に着けるモンゴル人と違って、みんながみんな馬で移動するなんて
無理に決まってるでしょ、と一蹴されそうではあるが。

馬の食べる草と食べない草については知るべきかも。

牛の口蹄疫のときみたいに、病気が流行ったらどうするのかとか
玄海や川内で原発事故があっても、馬たちを見捨てずにいる覚悟が必要で、
だったらやっぱり原発はやめてというメッセージは発信しなきゃねとか。

urtynduu at 04:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年09月09日

夏の思い出:邪悪なやきそば

スマホのメモリが少なくてメールが受信できずに数ヶ月。
明日の体育祭の開催についてのメールが午前6時にくるというので、
やっと重い腰をあげ、写真や動画などをPCへ移しました。
その関係で、夏の思い出をば。

やきそば作るからキャベツ買ってきてと頼んだら
珍しさに魅かれて紫キャベツを息子が買ってきまして。
どうにも邪悪な印象のやきそばができておもしろかったな。

きゅうりの後ろのは、確かいただきもののそうめんかぼちゃ。
茹でるとそうめんのようになる珍しいかぼちゃ。
しゃきしゃき感が魅力。

KIMG2972

urtynduu at 00:24|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月01日

近況20180731

前回の更新からなんと一年以上も経っていました。

子どもを産んだ後は、年を経るごとに楽になるものだと思い込んでいましたが、
間違っていました。
私個人のことでいえば、これまでのところ、中学校の保護者というのがいちばん大変だった。

でも、法律事務やった経験からも、身の回りの話からしても、
親というのはもうずっと子どものことで悩んだり心配したりするもんなんだなー・・・・・・と
やっと想像がついてきた今日この頃。
ま、子どもは子どもで親の心配してたりもする。

中学校の保護者は大変だという噂は聞いていたので、
歌の活動はしばらくあきらめようと思っていたところでしたが、
まあほんとに怒涛の日々で。
それでもとぎれとぎれにブログは続けていたけれど。

前回去年の4月にブログ更新してから、新学期始まってどたばたと忙しくてくたびれている時期に、
ある方から
オルティンドーを政治的主張に使ってくれるな、
オルティンドー=脱原発と思われてしまうようなブログはおかしい、というような内容のメッセージをいただき、お返事を書こうと考えるのだけど、
どうしても、いくら時間が経っても、はらわたが煮えくり返ってしまい、書けませんでした。
「オルティンドーを歌い愛する私」が自分のブログに政治的でもなんでも、
何を書こうと自由だと思うんだけどな。
大体、政治について考えたり伝えたりすることをタブーとする日本の悪習が、
たとえば原発事故を防げなかったり事故後の対処のお粗末さにも繋がっていると思うし、
そのことが結局、私の場合は東京でわずかでも築いていた歌う場や関係性を投げ捨てることに繋がったわけなので、むしろ「書かない」という選択肢はないわけです。
生活、暮らし、命のすべてが政治の影響を受けるわけなので、誰であっても政治について考え、話し合い、世の中をよくしていこうと努力すべきなのです。
とはいえ、忙しく生活を回すのが精一杯で、声を上げることすらなかなかできないのが現実。
それでも、だからといって忘れてごまかして生きていくわけにはいかない。という決意の表明として、「モンゴル民謡を歌う三枝彩子の活動紹介」に「 原発のない未来をつくろう語ろう話し合おう」ということばを、311後に付け足したのです。
私が、自分なりのぎりぎりのなかで、本気でやってること、書いてることを踏みにじられる思いがして、耐えられなかったのだと思います。
メッセージでは、どうしても怒りを抑えて丁寧に冷静に書くということが不可能だったので、お返事はあきらめて、その方が読まれるかどうかはよくわからないけれども、自分の気持ちの整理のために記しておきます。

なんかそれ以降ブログ書く気も失せ、ていうかあまりに忙しかった。

たまたまそれからの時期がとくに、経済的に、精神的に、肉体的に、あまりに余裕がなさすぎました。
引退試合、学校見学、思春期、転職、受験、卒業、入学などなど。
新しい仕事は今度は介護保険の事務と経理で、とにかく仕事量が膨大。
膨大で、効率化する余地が山ほどあるので「やってやろうじゃないの」と楽しんでいるけれども、
ほんとに膨大なのでずっと追われていて、この半年で白髪が半端なく増えた。
ここ数日、これまで慣れない膨大な量の仕事をこなしながら必死で書き留めてきたマニュアルや、
効率化のためのエクセルシートなどがやっと全体的に効果的に繋がってきて、
成果が表れてきたと感じている。
子どもたちのへりくつやけんか腰も少し落ち着き、
穏やかに過ごしたいのに・・・とがっかりしてどっと疲れが感じられる、ということが
ほんの少し減って、家事にもまともに取り組める時間が増えてきた。
で、家中荒れ放題だったのが少し改善して、パソコンを置いて作業できる場の確保もできた。
ということで突然また更新してみようかという気になったのでありました。

このブログには子ども関係の迷言や成長の記録など、書き記してきたけれど、
無邪気に公開できる話題ばかりでもなくなってきたし。

彼らと直接話していても私のことばが入っていかないことも多い。
だけども私も吐き出さないとつぶれちゃうので、
近頃はノートに手書きで書きなぐる。
それを置いておくと、そこに字があれば読んでしまう性質の子どもたちだから、それで届くこともある。

体の変化は著しく、まだまだ続いている。
私の体は、物心ついてからのなかで、今がいちばん楽に動かせている。
改善点はまだいくつもあって、どう変化していくのか楽しみでたまらない。
そのおかげで、練習時間が取れない割には、歌もとてもいい変化を遂げている。

通勤時間が長くなってもったいないので、NHKの語学アプリを入れて英会話を聴いて発音して楽しんでいる。
英語、好きだったのに封印していた。
モンゴル語やってから帰ってくると、見えるものが違っておもしろい。
英語の歌も、保護者や近所の人たちとゴスペルやって以来、楽しくなって取り組むようになった。
喉や体の使い方の広がりも感じつつ。
あれこれ理由つけて我慢したり封印していたものを解放しているので、歌の活動は今のところほとんどないけれども、すごく充実してはいる。
以前なら首や背中のスジを違えてしまう危険性があったのでできなかったマット運動も、やりたくてたまらなくなったので体育館借りて、マットも小さいの買って、娘やお友だちとでんぐり返しや逆立ちの練習始めた。
移住して、何かするにしても、味方を増やしていかないとと痛感していて、今はそういう時期だと思っている。

何より、こちらに来てから、本音を話せる友人が、ひとり、ふたりと、ちゃんと増えていて、本当にありがたい。
大好きな、心を許せる、多くの説明はいらない、ちゃんと感覚を共有できる人たち。

そういうことがあるから、歌を聴いてもらう活動も、またきっとしていけるだろうと、確信していられるのだと思います。

urtynduu at 00:42|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月06日

動画:ジャーハン・シャルガ20170405

日が長くなって、夕方職場から帰宅する道の景色が毎日全然違うので楽しい。
今日は晴れたからまた動画撮れるかな、と考えて体が動くのもうれしい。
演奏の機会自体がほぼなくて、
イベントに呼んでいただいた場合でも長くて30分くらいの演奏が多い近頃。
曲目が固まりすぎて、以前はよく歌っていたのに全然歌わなくなってしまったレパートリーも多い。
ネット越しとはいえ、聴いていただくこと前提で歌う機会が得られるのはありがたいこと。
下手でも、次に聴いていただくときに上達していようと思うことにして、アップしました。



urtynduu at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月26日

報告:産山村の小学校で演奏

先日、産山村の小学校にて、演奏とお話をしてきました。
知人の紹介で阿蘇市の小学校に呼んでいただいたのが去年。
担当の先生が異動先でまた呼んでくださいました。
ありがたいこと。

対象は一、二年生。かわいいー(*^^*)反応がとても素直でかわいい。
こちらがほんとに元気をもらって幸せな気持ちになりました。
先生方の雰囲気も温かくて人間らしくて、授業後に少しお話させていただきましたが、ほっとしました。
子どもたちの目のキラキラぶりはすさまじかった。
手遊び歌は、ホワイトボードの歌詞を昼休みに書き写しに来るから先生消さないで!といい、
教室に戻る前にもホワイトボードの前で数人で自主的に復習(笑)。

こんなに興味を持ってくれるなら、さらにモンゴル料理や映画で畳み掛けてあげたい。

内容は、『ぼくのうちはゲル』読み聞かせから。
あてどもなくさまよっているわけじゃないのよ。
家族ごとに季節の土地があることがわかるのがよい。
それから、モンゴル人が描いているところもよい。
子守歌が出てくるのもよい。
「ゲル」は模型を見せる。
ぼくのうちはゲル
バーサンスレン・ボロルマー
石風社
2006-05


それから、モンゴルの家畜5種類はなんでしょう?〜少しモンゴル語講座。
おうちで牛を飼ってる人もいるよね。
ヤマーはなんだと思う?ヤギ!なんでわかった?だってヤで始まるから。なるほど!
子ども用デールを代表ひとりに着てもらって。
馬で走ったことある人?(全員あります、と先生。なんてこと!うぶやま牧場があるかららしい。)
鞭の使い方を解説。
楽しみにしてた馬頭琴はこんな音色(私がもっと弾いてあげられるともっといいのだけど)。
じゃあね、こういうところでできた歌を聴いてみて。
声が大きいから気をつけてね。
「涼しく美しきハンガイ」
発声練習もピアノで少し。
それからこんどは小さい声で、子守歌紹介。
それから手遊び歌もやってみよう。
そんなにやる気なら「こんにちは」も覚えて、クラスでお互いにあいさつで使ってね。
など。
終わってからも、モンゴルブーツを履いてみたり、馬頭琴の弦の束を確かめたり、興味津々しんしん。
また来てください!だって。
後日届いた感想も、行からはみだしてもりもり書いてくれた子がたくさん。

産山村とモンゴルは、ヒゴタイでもつながっていることだなあ。

urtynduu at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月25日

久しぶりにyoutubeに動画をあげました

ブログの更新も久しぶり。
年末年始のどたばたと、模様替えのあとのごたごたと、寒さと、
インフルエンザと、年度末のどたばたのなかをやっとやっと生きてきまして。
余裕がまったくないなあと思う反面、
振り返れば、必死のカタツムリの歩みではあっても、
一応それなりに成し遂げたことはある。
息子は念願の自分の部屋を持ち、
娘も広い廊下を活用した自分の部屋を持ち、
PCに家族みんながアクセスしやすい配置にし、
ちょーめんどくさいネットのペアレンタルコントロールの設定をしたので
子どもたちもネットを利用できるようになっているのであります。
だいたいが、自由になる土日が少ないのに、年末年始で引越しのような模様替えをして
それ以来一応新しい日常が回るようになってるんだから、
なかなかがんばっていると自分で認めておこう。
で、PCを暖かい部屋でいじれるようになったので、
グリーンコープの注文をネットでする気持ちになり、
しょっぱいおやつがほしくておせんべいをネットで注文したり、
地味〜〜〜〜〜に生活が便利に。
で、スマホでお茶を濁していたネットとの関わりも、
また少し変えていっているところ。
で、そんななか、私だって少しは歌い手らしく何かしらやってる感を
出そうかな、という気分も復活。

それもこれもあれもどれも、経済的な状況の(本当に地味で微かではあるけれども)改善と、
一年半ほど「それしかやらない」というくらいに集中してきた体の改革で、
全身的に体調が整ってきた証だと思っています。

というわけで。
熊本に来たばかりの頃から、東京の音楽つながりの人たちなどからいわれていたことに、
やっと、たどり着きました。

国道沿いで、ほとんど誰も省みない場所みたいなんだけど、大好きな絶景の展望所にて。
自然の、大きな空間で歌う喜びといったら。
遠くの山際から返ってくる反響もおもしろい。
スマホで撮りっぱなしの無編集ですが、気持ちよさが伝わるといいな。

●涼しく美しきハンガイ20170324(三枝彩子/モンゴル民謡オルティンドー) 


あ、ちなみに、マイクは普通に電話で使うイヤホンです。
bluetoothのワイヤレスなので、カメラから離れて使える。
なかなか自然な音でよかったなあと思っているところ。


憧れの、魚眼レンズは、検索するうち、スマホ用って数百円なんだ?と驚いて、購入
(実際に買ったのはダイレックスだったけど(笑))。
写真や動画撮るだけでアーティスティックな感じになっちゃっておもしろいですね。
日常に潤い、って感じで。
職場で自慢したらあっという間に流行して笑えました。
たとえば、こんなの↓ですね。


スマホ用の三脚も。
普通の三脚持ってれば、スマホのホルダーだけでもいいそうですが、私は小さめの三脚ごと購入しました。
これで、あちこち景色のいいところ行ったらちょっと歌って撮るっていう方向性でいってみようと思います。
こんな感じのです↓。


urtynduu at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月18日

家族の図

8c632c14.jpgうちの娘から見た家族の図。
母と娘がおふざけしてるとお兄ちゃんがあきれる。
(娘の希望により掲載)


urtynduu at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月02日

映画「ファルージャ」「広河隆一 人間の戦場」を見たメモ

映画「広河隆一 人間の戦場」を見た。
その前に「ファルージャ」も見た。
母子避難の友人が苦労している。

いろいろつながって頭がぐるぐるする。

広河さんと『DAYS JAPAN』は私にとっては大げさでなく,心の支え。
この,とんちんかんなことばが無批判に流布して咎められもしない狂気の世の中で,
まっとうな人間として伝えるべきを伝えたいと熱意を持って行動してくれている
人たちがまだたくさんいること,
そして,そういう情報を求め,この現状に怒ったり戸惑ったり行動したりしている人たちが,
こういう雑誌がなくならないほどには,まだいること。
その事実だけで私には大きな救い。

たくさん,たくさん,書き留めておきたいことがある。
思考が広がったり繋がったりする。
ひとりでもいいから,知らない人にも繋がってほしいからこそ,
書いておくことに意味があると思う。

まとまった時間がなかなか取れないので小出しにはなると思うけれども,
吐き出さずにおれないものがいくつもあるので,
きっと書くだろう。

高遠さんも広河さんも,国外を五感でよく知っており,
日本のなかが嘘とごまかしにまみれて
みんながとんちんかんな「ギロン」で足踏みしていることなんかさしおいて,
ずっとずっとずっと先を見ている。
見越して,今しなければならないことは何かを感じてわかって,行動している。

地に足の着いた,当たり前でシンプルなことを言ってくれる。

たくさんのたくさんの圧倒的な悲しみや嘆きや戸惑いを受け止めて,
だから,ふたりとも,話すトーンが,平坦で激昂とかしない(少なくとも映画の中では)。
事実が重すぎるから,「強調」する必要なんかないんだろうと思う。
それから,いちいち感情を沸き立たせていたら追いつかないほどなんじゃなかろうかと想像する。
でも,内にはすごく強い気持ちを持っていて,
だからこそ動いていて伝えている。


urtynduu at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月15日

歌にまつわるお話ざっと訳:四歳の灰色の/赤毛の(/その他)馬(2)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
ふたつめのお話。
このお話は,セツェン・ハン・アイマグ(地名)の
ガンダン・ダシジンツェレン(人名)・ベイル(称号)の
オトク(行政区)のバラムサイン・セレーテルという人が最初に作ったという。
セレーテルはガンダン・ベイルの信奉する
チベットのガチン・ラマの馬群を放牧する仕事をしていたとき,
ある勇敢な(?)雌馬から灰色の(ボル)仔馬が立ったまま生まれたので,それにガンザガの印をつけた。
(その後)彼がハルハ川の馬の商人の馬群を4年間放牧していたとき,ガチン・ラマから買ってきたたくさんの馬の中に,印のついたボル馬がいた。
約束の期間が終わって商人が多額の報酬を渡そうとしたところへ,
セレーテルは「地を飛び越す(?)馬を一頭ください」と頼んだ。
商人は,「馬群から好きなのを取れ」と言った。
セレーテルが人を乗せたがらない荒馬のボルを選び取ると,
商人は何も言わなかった。
セレーテルはまったく大喜びだった。
こうして立ったまま生まれてきたガンザガの印のボル馬は,
バラムサイン・セレーテルの馬となったというわけだ。
バラムサイン・セレーテルは,ハイラースから北,
メルゲン川の近くにあるナガインタイン・ナルスから西,
ウゼムチンの地ドゥンゲネフ・オリアスタイという地の間を一日で過ぎ,
ガンダン・ベイルの家の近くを馬の速さに任せて走りすぎていくとき,
「四歳のボル」という歌を作って歌っていったという。
これらすべてに腹を立てたガンダン・ベイルは,
シリーン・サイン・エルとなってすばらしい駿馬ボルに乗った
バラムサイン・セレーテルを何年も捕まえようとしてできないことを
恨みに思い,武装した20人ほどの人に見張らせて
四歳のボル馬を撃ち殺し,(ついに)セレーテルを捕まえ,
ハルハ川のツァガーン・ウズールというところに4尋の穴を掘り,
20数ヶ月ものあいだ,食べ物も飲み物もやらずに住まわせ,餓死させたという。
こうして男の中のすばらしい男と,駿馬の中のすばらしい駿馬から生まれた
「四歳のボル」という歌が多くの人の間に広まったわけである。
また,同じころ,セツェン・ハン・アイマグのボフ・メンドの驚異的な駿馬「ボガン・ハリオン」馬がいたが,
この人の馬の名と間違えて歌われるようになった。

【メモ】
「最初に作った」という言い回しについて考える。
多くの人にいいと思って歌い継がれる歌は,
歌う人がまた歌詞を付け加えたりもしていくから,
「最初に作った」のはこの人,という言い方をする,のかしら。

エルメク・グーは「勇敢な雌馬」なのか。
仔馬が立ったまま生まれることについて詳しく知りたい。

「ガンザガの印」というのは,耳につける印の種類らしい。
ガンザガは馬具。
具体的にどんな印なのか知りたい。

ガザル・ヒトレグレフは「地を飛び越す」だろうか。

ガンダン・ベイルが怒ったのはなぜか。


urtynduu at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月13日

馬の毛色について:貴重なコメントいただきました

オルティンドーによく登場するけど、どう伝えていいものやら、
そもそも私自身断言できるほどよくわかってない馬の毛色。
モンゴルに行ったときにはなるべく写真を撮ったり
モンゴルでも日本でも、モンゴルの馬に詳しい人をつかまえて訊いたり
チャンスがあればあがいてはいるわけですが。

豆雑誌『隔月誌オルティンドー』(5号)では、毛色のほかのことも含めて、
モンゴル語の「色の感覚」に触れています。
私なんぞがそういう難しいテーマについて書くのはおこがましい、と
実はあの豆雑誌を作っていたときは常に迷いがあったのですが、
分からないことも多いけれど、知ったことについては触れたりアウトプットしていないと
自分のなかで死んだ知識になってしまうという焦りもある。
話し相手がいないと、もったいないことになっちゃうのです。
ということで、自分がおもしろいと感じていることを中心に書きました。
それから、書くということで自分の中で整理がつけられたこともたくさん。
キコキコ商会さんで販売していますので、リンク先を覗いてみていただけるとうれしいです。

で、毛色のひとつにハリオンというのがあります。
ちょっと驚いたのが、私の持っているモンゴル語ー英語の辞書でisabellaの一言だったのです。
画像検索すると、確かにハリオンみたいに幅のある色の馬たちが出てくる。
その英単語を英和辞典で見れば「灰黄色」。
でも、各言語でそれひとことずつでかたづけられちゃうもの?と不思議だったので、
いつものように自分用メモとしてツイートしました。

それに対してフェイスブックのほうで
山本千夏さんより、
とってもとっても大事なコメントをいただいたので
了承をいただいて貼り付けます。

オルティンドーに登場してくる毛色名たちがごろごろ出てきて、
ほんとうはそこにたどり着きたいんですよ、っていう、「感覚」の話まで。
よだれが出そうです。

山本千夏さんは、モンゴル語学科の先輩で、
モンゴルで起業して、七転八倒しながらそれでも前へ向かっていつでも
チャレンジを続けていらっしゃる壮絶人生劇場な方です。
個人のモンゴル旅行を扱うほか、モンゴルでの取材のコーディネートもされてます。
モンゴルに滞在されてる方への乗馬ツアーとかも企画されてます。
通訳・翻訳でも活躍されつつ、「草原の我が家」で遊牧もされてしまうという、
私の身の回りにほんの数人いる「人生何人分?」と確認したくなる人のひとりです。
ご自身では「モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民」とおっしゃってます。

先輩のブログもぜひ覗いてみてくださいね。
新モンゴルまるかじり☆旅と暮らしの生情報☆
http://ameblo.jp/mongolnomad0/

毛色については、日本語の本で読むなら『騎馬民族の心』で触れられています。



ちなみに、モンゴル語で画像検索すると色んな写真が出てくるので(ああ、イマドキは便利だなあ!)
モンゴル語がわからなくても、ある程度の参考にはなるのでは。
競馬でおめかしした馬の写真も山ほど出てくるので、おもしろいと思います。
興味のある方は検索してみてください。
馬は морь (モリ、厳密には去勢した乗用馬のことです)。これと、各色を組み合わせて検索したらいいと思います。

хонгор (ホンゴル)
халиун (ハリオン)
хул (ホル)
шарга (シャルガ)
бор (ボル)
цагаан (ツァガーン)(毛色以外でも使われる単語「白」)
улаан (オラーン)(毛色以外でも使われる単語「赤」)
ягаан (ヤガーン)(毛色以外でも使われる単語「ピンク、紫」)
зээрд (ゼールド)
ногоон (ノゴーン)(毛色以外でも使われる単語「緑」)
хээр (ヘール)
хар хээр (ハルヘール)
хөх (フフ)(毛色以外でも使われる単語「青」)
алаг (アラグ)(まだら)
цоохор (ツォーホル)
загал (ザガル)

***********(以下、山本千夏さんのコメント)

色彩もそうだけど、馬の毛色はね・・・結構、いろんなコーデで決まってるんですよ。地方によっても全然違うし。

シャルガにしても、すごく幅が広くって、アハルテケという中央アジアの品種で「世界で一番美しい馬」って言われている有名な子がいるんだけど、そういう黄金みたいなきらっきらなのもいれば、白馬に近いのもいる。

ハリオンもそう。
ただの毛色だけじゃなくて、タテガミの色、目の色、口先(鼻先)の周りの色、足先のほう(蹄の上の脛・踵あたりの部分)までの色、地肌の色、蹄の色などとの兼ね合いで変わります。

いちいち私も、あれは、これはって聞いて、そうなんだーって。

毛色で性格が違うとも日本などでは言われるんだけど、モンゴルでは調教の際のブレイキングの仕方と血統によるものって言われてますね。

伝説的な名馬は毛色や競走馬だったころの戦績、調教師がどんな人で、誰がオーナーだったかとか、その子が日ごろ走っていた草原や川など含めて、競馬好きや調教師さんたち、少年騎手などは大体言い伝えなどでご存知です。

生活文化と歌の意味が密接してる現象のひとつですね。

体形とか目の形、額や頭の形、胸部分の盛り上がり、後ろ足の踏み込み(日本語だと「とも」っていう)なども、馬の良しあしとともに性格を見極める重要なポイントなので、オルティンドーや競走馬のマクタールなどでも表現されることが多い。

毛色については、ホンゴルとかハリオン、ホル、シャルガ、ボル、ツァガーン、オラーン(ダルハド地方では、オラーンっていっても、白馬・月毛といわれるものが多い)、ヤガーンあたりは女性が乗ったときに素敵で、足が軽い子、賢い子、平和や幸せの象徴的に
ゼールド、ノゴーン、ヘール、ハルヘール、フフなどと言われるのは、男性的で足が速い子、激しさや勇猛さの象徴
アラグやツォーホル、ザガルなどは、ちょっと珍しい(といってもどこの群にも1-2頭はいる)特徴的な子は、個性豊かで人に従順とか、そんな感じで歌や伝説の駿馬として出てきていますね。

チンギスハーンの8頭のシャルガとか、2頭のザガルなどが有名で、やっぱりそういう毛色はモンゴル人も大好き。

学生のとき、客員教授の先生を質問攻めにして、「そんならお前が調べろ」って言われたけど、あまりにバラバラ過ぎたのと、ネガポジフィルム時代で現像代でしぬー!って思って断念しちゃった。

モンゴル人同士でも、地方差や、馬のどこの部分を組み合わせて呼ぶかによっても変わるから、「そうともいう」って感じ。
馬の名前が毛色と体形、出身地や元の持ち主の名前や性格、焼き印の名称と組み合わせたものであることが多いのも、面白いよね。

urtynduu at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

歌にまつわるお話ざっと訳:四歳の灰色の/赤毛の(/その他)馬(1)

「四歳の赤毛の馬」等と訳される、ホーミー(喉歌)の曲として有名な歌の言い伝えは、
有能すぎて殿様(的な、「長官」)に疎ましがられ、
ついにふるさとを追われてしまった男性のお話。
なんと理不尽な、と切ない。
モンゴル民謡では「ふるさとを追われた人がふるさとを想って歌う歌」も結構多い。

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
一つ目のお話。
ハルハ川のホショー(旗、行政区)の長官、ガンダン(人名)・ベイル(称号)の
馬群を放牧させていたバラムサイン・セレーテルは、
すらっと背が高く、歌がうまく、
地元では有名な鍛冶職人に数えられる、才能ある若者であった。
ホショーの長官はこれを知って、
「頭の上で火打石を割られないように(やっつけられないように)」と内心恐れて、
彼を密かに締め付け始めた。

そうしているうちに、ガンダン・ベイルは、自分の妹のアリマーに、セレーテルが気があるのを知った。
それで、(知られてしまったので)セレーテルは
「ガンダン・ベイルのところからいつか逃げ出すべきだな。
あの馬群を放牧している間にどうやってか
遠くへ乗っていくための良い馬を一頭持ちたいものだ」と思っていた。

そこへ、ガンダン・ベイルの会計係のデンチンランスがセレーテルに
「お前さんはベイルの馬具につける銀の飾りを作っておくれ。
そしたらベイルの馬群の中から、ガチン・ラマのセテルをつけた茶色の馬以外の
いい馬を二頭取っていいから」と言った。
セレーテルは二つ返事で引き受けて、言われたとおりに
馬具の銀飾りをとても美しく作った。
そうして馬群の中から灰色の子馬をもらうことにした。
そのときに「4年後にどんな馬になっているかを見てくださいよ」といった。

だいぶ経って、結局、セレーテルを彼の愛する女性アリマーに会わせずに審理して(?)
彼は生まれ故郷で暮らすことができなくなった。
いよいよ自分のふるさとにいられなくなってしまったセレーテルは、
人生の新しい道へと踏み出し、灰色の馬に乗ってよそのホショー、シヴチン・バルガの土地へ向かった。
その道々作って歌った歌が「四歳の灰色の馬」である。

 (歌詞が難しすぎてパス。)
 (歌詞の一部)
 ふるさとに帰りたくても
 ガンダン・ベイルが怖い

セレーテルと、シヴチン・バルガのハーンたち、領主たちの間で生じた対立がどんどんひどくなり、
そのホショーでも暮らすことができなくなって、
セレーテルは仕方なくまた別のホショーへ向かうことになった。
そのときにバルガの人たちは次のように歌った。

 大柄のハルハが出て行った
 われらはみんな喜んだ

それに対してセレーテルは返歌を歌った。

 (全部俺が悪いのかい、的な歌詞)

それから、

 (こんなにおちぶれるなんてな、的な歌詞)

歌いながら進んでヌムルグ山にやってくると、
ふるさとの自然がずっと美しく見えて、また新しい歌詞ができた。

 山にいる鹿が
 優しい声で鳴いている
 優しい声を聞くと
 王様のホショーが想われる

さらにハルハ川の東岸にはハルハの四つの寺が見えた。

 四歳の灰色の馬は
 あぶみを踏みしめるほどの速足
 四角に並んで見えるのは
 ハルハの四つの寺だろうか
 

【メモ】
馬の毛色は、ひとつの単語でも幅がありすぎて、
ひとことで「茶色」とか「灰色」とか、
言い切れず、とても難しい。

この歌自体が、ボル、ハリオンと、別の単語を使ったバージョンがある。

毛色については、モンゴル民謡では頻出するので、
上手に説明できるようになりたいのですが、
私自身がすっきり理解し知っているわけではないのがつらい。

セテルというのは、群れの中で、
精霊というか神というか、に捧げた家畜がいて、
その印(ひもとか布を首にゆわえるみたい)。
『アローハンと羊』という絵本に、そんな羊が出てきますよ。




「審理して」って、なんだろう〜。
ちゃんと説明できるようになりたいわ。

歌詞はだいぶ省略。
以前の「ざっと訳」でもほとんど触れていないけれども、
歌詞は詳細に取り組むとやっぱり難しい。
文化的な背景を知らない人にも情景が浮かぶようにという理想を持っているけれども
私自身の知識も体験も足りないから。
おいおい深めていきたい、とは思っています。

ひどい領主や王様の話は、民謡にたくさん登場します。
権力者は、好き勝手やって庶民に嫌がられていたみたいですね。

地名がまた、イメージしにくいですが、
ハルハ川は、モンゴル国でいうと東部。
日本ではノモンハン事件として知られているのは
モンゴルでは「ハルハ川戦争」という。
検索すると色々出てきます。
どれがいいかわからないのでリンクは貼りませんが興味のある方は見てみてください。


urtynduu at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

歌にまつわるお話ざっと訳:ガンダンオールの花 vol.2

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
この歌は、日を追うごとに歌詞が付け加えられ、後にたくさんの連になったのだと、
ハジド寺の演奏家たちのホラル(会議、集まり)で演奏していた
演奏家のD.イシドラムさんたちが話していた。
その後、植えた花は山から持ってきたものだということについて次のような歌詞が作られた。

 山のピンクの花は
 いったいどうしてしおれてしまったの
 出会ったふたりの恋人は
 いったいどうして心が離れてしまったの

秋にハジド寺の祭り(タヒルガ)があり、音楽家が全員(ガンダンオール以外)集まった。
演奏家たちは、トーラ川の岸や、柳が風に揺れるのを眺めて、
あのふたりはこの柳のところでもよく散歩していたねと話し合って、
またひとつ連が付け加えられた。

 トーラ川の柳だけが
 残って揺れている
 ぴったり合ったふたつの心が
 くたびれてしまうなんて思いもしなかった

ガンダンオールが回復して外出できるようになり、仲間たちと会うときに、
以前は美しい銀のボタンのついたデール(モンゴル服)を着ていたものだが、
ありきたりの真ちゅうのボタンのデールを着て出かけるようになった。
「君はあの美しい柄のボタンをどうしたんだい」とみんなが尋ねると、
「陣痛がきているとき、よばれてきたラマ僧が見て
『お産をする人は金や銀を身に着けないものだ。
イヤリングや指輪は外しなさい。
デールをすぐ脱ぎなさい』と急がせるものだから、
デールを脱ごうとしたけどボタンが抜けなくて、
焦ってボタンの掛け穴をぐっと引っ張ったの。」と答えた。
それでまたふたつの連が加わった。

 金のボタンの掛け穴は
 いったいどうして取れたのか
 恋するふたりの心は
 いったいどうして合わなくなってしまったのか

 銀のボタンの掛け穴は
 いったいどうして取れたのか
 思い焦がれたふたりの心は
 いったいどうして合わなくなってしまったのか

その年が過ぎ、次の年はハジド寺の春の集まりに例の若者が来た。
春になり暖かくなって、山の水が融けていた。
すぐさままた歌ができた。

 雪山の雪は
 ときがくれば融ける
 私を捨てることを知ったなら
 尼僧になることもどうしたろうか(?)

 私が妊娠したから
 心が離れてしまったの?
 息子を見にあなたが来ないから
 年老いてしまえと思われる

その若者は、以前この辺りに出入りしていたときに
ハジド寺に桶(?)を置いていったので
それを取りに来たのであった。
それで、それをからかって、また歌詞ができた。

 美しい女性を捨てるとき
 心を痛めない若者よ
 年月が経ったところで
 桶は忘れなかったのか
 

【メモ】
「ホラル」は、よく「会議」という意味で出てくる単語だけど、
お寺の場合はどんなものを指すのかを知りたい。
お寺の演奏家たちが演奏するのはいったいどんなシチュエーションの
どんな音楽なのかも知りたい。
男女問わずいたのかも詳しく知りたい。

お寺のタヒルガはどんなものかも知りたい。

トーラ川の柳の歌詞は、「沈殿する」という動詞が使われているけど、
それが、「それだけが残る」という意味になるものか確認したい。

ふたりの心が「つかれる」という単語は、
日本語では「つかれる」といわれてもピンとこない。
恋愛関係を語る上でどんな意味の広がりを持っているのか、
それとも単純にくたびれちゃったまでなのか、知りたい。

紙の辞書も、ネットの辞書も、ネットのモンゴル語モンゴル語辞書(イマドキは便利だなー)も見てみたけど、わからない(あーそもそも、とくに日本語のは、訳語は、英日辞典みたいに豊富でないので、文脈ごとに自分で考えるの。それが最初きつくてつらくて挫折してほっといた)。
保留。

センジとは、デールのボタンを受けるほうのあれということでいいのかな。

「尼僧になることもどうしたろうか」はまったく自信がない。
チャウガンツという単語は尼僧、または老婆。
この行で何が言いたいのかは、チャンスがあれば確認したいものだ。

こういう、歌詞のことで「誰かに」訊く場合、モンゴル人なら誰でもいいわけではない。
たとえば日本人だって、いきなり民謡の歌詞を持ってきて
「これってどういう意味?この時代の人たちの当たり前の感覚ってどんなの?」って
きかれたら、たいていの人は答えられないだろうけど、それと一緒。
現代の感覚で答えてもらっても、それが正確なのかどうかは保証がない。
昔からのモンゴル語のことも、歴史のことも、ある程度知識がある人に訊けるのが理想。
歌っている人たちは歌っている人たちで、言い伝えの解説ができたりするけど、
それまた、いつからそういわれているか、突き詰めていくと不正確な場合もある。
でも、研究者にはわからない大事なものがそこに含まれていたりもする。
というわけで、疑問は溜めておいて、チャンスがあったら確認する。

うらめしい相手に対しては、「年老いてしまえ」と思ってしまうものなのか。
その思考回路も興味深い。
フクシンというのは、おじいさんだったり、
現代の口語では、親しい友人や伴侶に向かって呼びかけるときにも使われてたり(それがいったいどうしてなのかも経緯を知りたい)で、ほんとよくわかんない。

歌の音源があるといいだろうと思ってyoutube検索。
最初のほうはゆっくり歌ってみたりとか少しアレンジが入ってますが、
歌が始まってからは割と普通に歌ってくれている。
とりあえず貼っておきます。

Сэлэнгэ(セレンゲ)さんの 「ガンダンオールの花  Гандан уулын цэцэг 」


urtynduu at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月11日

歌にまつわるお話ざっと訳:ガンダンオールの花 vol.1

で,やっと。
子守歌関係の訳から解放されました(笑)
6つもあると,さっさと次に行きたい衝動に駆られます。
法律事務に携わっているものとしては,なかなか許しがたい(苦笑)若者が登場するお話の始まり始まり。

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
この歌は,19世紀の終わりごろ,大フレー(ウランバートルは昔フレーと呼ばれていた)で生まれた。
ガンダンオールという女性が1940何年までウランバートル市に住んでいた。
ボグド山のザイサン(ウランバートルを見下ろせる丘)の入り口,現在の農牧業大学があるところに,1939年まではナル・ハジド寺という寺があった。
ナル・ハジド寺にはたくさんの楽器奏者がいたが,ガンダンオールはそのうちのひとりだった。
彼女は山から色とりどりの美しい花を根っこごと持ってきて寺の敷地に植え,水をやって育てていた。
この頃ある若者がガンダンオールと仲良くなって花に一緒に水をやり,そこで椅子に座って暗くなるまで過ごしていたそうだ。
そのふたりは,トーラ川の柳のところへご飯とお茶を用意して何度も遊びに行っていた。
そうしているうちにガンダンオールは妊娠して,(体調を崩し,)外出もできないようになり,家で横になっていた。
そんなときに若者は来なくなってしまった。
ガンダンオールはお産のときに何日も陣痛があるのにお産が進まないので,ズーン・フレー・ノヨン・アイマグ(?)の高僧,ロヴサンツェレンを呼んだ。その僧がいろいろな方法を使って,やっとのことでお産ができ,息子が生まれた。
それからというもの,僧ロヴサンツェレンとガンダンオールが密かに関係をもつようになったという噂もあったそうだ。
後にガンダンオールは息子のトゥヴデンをガンダン寺に入れて僧にしたという。
ガンダンオールのお産のあいだ,花に水をやって世話をするものがおらず,雨も降らずに乾いてしまったため,花はしおれ,また,ガンダンオールにくっついて離れなかった恋人も姿を消してしまった。
そのことについてこんな歌詞が生まれ,歌の最初の連となった。

 ガンダンオールの花は
 いったいどうしてしおれてしまったのか
 求めあったふたつの心は
 いったいどうしてすれ違ってしまったのか

<つづく>

【メモ】
全体的に,現代に近い時代のことが語られているせいもあるのかもしれませんが,
生々しい「噂話」っぽい印象。

旧地名とか,寺の名前とか,寺関連でのイベントについてとか,知ってないと訳すのが難しいなー・・・。
とはいえ,「ざっと訳」なので,とりあえず大意から。

ザイサンの丘について,われらがモンゴル語学科の先輩,モンゴルで会社経営されている山本千夏さんの記事へリンクしておきます。
躍進の街ウランバートルを見渡そう。ザイサンの丘展望台


urtynduu at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月10日

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(6)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
ユンデン・ザサグ(行政の肩書)の時代にダンザンという人が暮らしていた。
そこのうちにはドルジンの娘ヤガーンダリという美しい女性が召使として仕えていたという。
その女性の美しさを称えるとすれば

 筆のような指
 書物のような賢さ
 色で驚かせる虹のように
 羽で驚かせるクジャクのように

 光で驚かせる太陽のように
 澄み渡って驚かせる鏡のように
 顔は目で満たされ
 姿かたちはソーダル(?)で満たされている

というように美しい女性であった。
それで,悪い心を持ったダンザンは,貧しい召使のドルジンのヤガーンダリを小妃(?)にしようという考えを抱いて,彼女の愛する恋人を,遠い他所の土地へ無期限の公務に就かせ,生き別れの悲しみに突き落とした。
愛する伴侶を失ったヤガーンダリは端切れのように小さなみなしごの(お父さんのいない)子を抱いて子守歌を歌った。
賢いわれらが人民は(と社会主義めいた物言いの直訳をしてみる)受け継いできたのがこれであるとな。

(旧マニバザル公のホショー,現在のホブド県のツェツェグ・ソム(村)の「ツェツェグレフ」ネグデル(生産単位)の構成員サンジミャタウ・ラクチャーから聞き取ったバージョンである)

【メモ】
日本語で流れるように訳すのが難しい。
美しさや賢さのたとえが興味深いので直訳で訳しましたが,
ソーダルって,なんだろうなあ。
普通なら,椅子。
ちょっと調べたいですが,このまま公開。
バガ・ハタンを,仮で「小妃」としましたが,第二夫人とか,そういうこと?
訳すのに適した語があるなら知りたい。
お母さんはいるのに「みなしご」扱いになるのが興味深い。
ネグデルという単語が出てきているのだから,やはり社会主義時代の聞き取りなのかな。



urtynduu at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月09日

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(5)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
子守歌の言い伝えの中には,ブーウェイという勇者と関係のあるものもある。

たとえば,オイラト(部族名)たちがハルハ(部族名)の勇者ブーウェイを襲ったので
子どもを救うためにとても大きなぶかぶかの皮のデール(モンゴル服)を作って
毛皮のデールの左の袖に(子どもを)入れて右の袖と一緒に手を振って
体を揺らして「ブーウェイ,ブーウェイ」とあやしていたといわれている。
これから子守歌が始まったという。

また,ブーウェイという有名な勇者が生まれ
(人々を)驚かせたので,そのときから子どもをそんな強い英雄になってほしいという願いを込めて
ブーウェイと歌うようになったのだという言い伝えもある。

【メモ】
前半のお話は,もう少し詳しい描写がほしい・・・。
「サイン・エル」は「勇者」でいいのかな。
このお話の後半の「サイン・エル」は説明がないのでよくわからないけれども,
領主などの圧政に対抗して,家族を捨てて草原に身をひそめ,
富めるものから家畜などを奪って貧しいものに配ったという「よい盗賊」の話は
事実に基づいているらしいものがいくつかあって,
そういう人たちを「サイン・エル」(直訳すると「よい男」)という。
日本でいえばネズミ小僧みたいな。
なんていうとしっくりくるのかしらん。

urtynduu at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月31日

報告:20161030蘇陽でモンゴル料理とオルティンドーを楽しむ会

第二回蘇陽でモンゴル料理とオルティンドーを楽しむ会も楽しくおいしくできました。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

ホーショールを、山ほど作りました。
今後、万が一イベントでモンゴル料理店を出すとか、
モンゴル料理レストランを開店したとしても、
お手伝い要員は確保できる自信があります(笑)
それほどスパルタ式(?)に、延ばして、包んで、揚げまくりました。
身内も私も、未就学児も入れて12人でこぢんまりと。
コツがわかるまではなかなか難しい包み方も、だんだんと皆さんそれらしくなってきて。
珍しくうちの息子も乗り気で作っておりました。
クラス全員でがんばってテストの成績がよかったから宿題が少なかったとかで、
ちょっと余裕かましてた日曜日の中学生。

スーティツァイも作った。
小学生のひとりが塩味の薄さにびっくりしてた(塩大好きなんだって)。
作る人によって、味の濃さはいろいろですよ〜。
ホーショールの味付けは例によって適当だったけどおいしかった。
揚げたての「味見」と称するつまみ食いはカリカリ。
鍋に入れてふたをしておいたのはしっとり。
テーブルについて食べ始める頃にはみんなお腹いっぱいだったという(笑)

化学調味料使ってないのに、あの旨味はいったいどういうわけなんだろうなー。
油と小麦粉のマジックというのもあるし、
玉ねぎとニンニクと羊肉と塩の組み合わせってほんと、すばらしい〜。

その他、持ち寄っていただいたのは、
梨、焼き米ドレッシングのサラダ、おにぎり、お茶、かりんとうなど。

私が持って行ったのはヨモギ茶と、かぼちゃ蒸しパン。

歌ったのは
オルティンドー「この世を照らす太陽」、
風邪気味のせいか珍しく何かと絡んでくる娘を肩車して子守歌。
歌う前に子守歌にまつわる言い伝えを紹介したら、子どもたちが(大人も)真剣にお話を聞いてくれたので、訳した甲斐があったなあとうれしかった。
最後にオルティンドー「平安の歓び」。

歌の合間や、料理を作っている最中にも、日本人の想像を軽く超えるモンゴル人の考え方や文化についてのお話もできて楽しかった。

いろいろなつながりがあったりなかったりする参加者の皆さんのおしゃべりも有意義でした。

反省点。
会場を借りた時間から30分は準備の時間としようかな。
お肉を仕込んでいったのはよかった。
包むのに集中できたから。
小麦粉を延ばす台は、まな板を使うからいいかなと今回は持っていかなかった。
なんとかなったので、いいのでは。
油とタオルとペーパータオルとティッシュを忘れて母に頼んだ。
暗くなってから参加される方には、会場が非常にわかりにくい。
廊下の電気も消されちゃってるので(そもそもそれがどうなんだ、一部屋一時間千円も払ってるのに)、
入り口のところに案内を貼るように準備すること。
セロテープも。

以下は直後のツイートより。
帰ってきて、子どもが寝てしまったのを担ぐというのはもう心配いらなくなって、
一段階変わったんだなあと実感。
以前はよくやってたよなあ。
イベント企画して、終わったらすべてしぼりだしきっちゃっててもうなにもできない、
という状態では生活に支障が出るし、続かないので、
モンゴル料理の会は、平常心でやることを心がけている。
続けたいからね。
今回もリピーターがちゃんといるし、次を楽しみにしてくれる人がいるから大丈夫。
自分の企画で自分がリラックスできるなんてことはありえなかったんたけど、目指しちゃう。
欲張って「ああしたら楽しそう」「あれも伝えたい、見せたい」とかひらめいちゃって
持っていくもの増やしたりは、しない。
ひとりでできることは限られてるから。
楽しければ時間がたつのが早いから。
娘が体調よろしくなくて絡んでくるのが多くて会話や作業が遮られたりしたけど、
以前はこれが常態だったことを考えたら、
よくつれていって演奏とかしてたもんだな、と、自分であきれる思い。

DSCF5884DSCF5895DSCF5900DSCF5905DSCF5909

urtynduu at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(4)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
(2)(3)の言い伝えと近いが、南モンゴルのウゼムチンの人々の間で語られる言い伝えであり、
(2)(3)とはメロディーが異なる。

昔、エルデイとデルデイという兄弟の狩人がいた。
このふたりにはエルヘンテンという妹がいた。
エルデイとデルデイの妻たちは、義妹をわずらわしく思って、
ふたりの兄の留守のときはいつも何か悪さをしてくるのだった。
これに気づいた兄弟は出かけるときは妻たちが悪いことをしないように、
妹を家に入れ、戸を内側から縛らせて、僕たちが帰ってくるまで誰が来たって開けちゃいけないよと
言い置いて出て行った。
こうしてふたりの兄が出かけていって不在の間に性悪の兄嫁たちはうまいこと義妹に戸を開けさせ、
義妹と一緒にシャガイ(羊のくるぶしの骨。おはじきのように遊んだりするおもちゃとして使う)で遊んだ。
遊んでいるうち、突然ふたりの兄嫁が「さあ妹よ、3人でシャガイを飲みこんで遊びましょうよ。
あなたが先に飲み込みなさい。奥のほうへ入らなければこっちに絶対出てくるから。」
というので妹はシャガイを飲み込んだ。
すると、喉に詰まって気絶してしまった。
ずるいふたりの兄嫁は、すぐに義妹の家を飛び出して、
戸を閉めて、ゲルの戸と壁の隙間を押し広げて手を入れ、戸をしっかり縛っておいた。
そのうち、ふたりの兄は妹を乗せるために美しいまだらの鹿をつかまえて帰ってきた。
(家の近くまで帰ってきたところで)妹を呼んでも返事がない。
家に着いてみると戸は縛ったままなのに妹は死んでしまっていた。
そこでふたりの兄はつかまえて連れてきた鹿の背の左右にふたつの箱をくくりつけ、
一方に妹をいれ、もう片方には妹の服、遊ぶおもちゃを入れて、山に放した。
後日、ハラルダイ・タイジの父ハル・オサン・ハンという人が狩りをしていると、荷を積んだ鹿に出会った。
それをつかまえて家の側に連れてきて箱を開けると、
ひとりのきれいな娘が呼吸をしそうな様子で横たわっていた。
ハンと妃が娘にいくら尋ねても、娘はぼんやりとして声を出さずにただ喉を指差すのであった。
熱い乳を少しずつ飲ませようと器に入れて渡すと、突然空に稲妻が光、雷が強く鳴ったので、
娘はとても驚き、しゃっくりをした。
それで喉にひっかかっていたシャガイが出てきたという。
こうして娘は経緯を話してくれたので、ハンと妃は娘を憐れに思って息子のハラルダイの妃として迎えた。
そのうちハラルダイ・タイジの妻となった彼女に息子ができた。
そして姑に孫をあやしてもらうときには
 「エルデイ デルデイの甥よ ブーウェイ
 エルヘンテンの息子よ ブーウェイ
 ハル・オサン・ハンの孫よ ブーウェイ
 ハラルダイ・タイジの息子よ ブーウェイ・・・」

と歌ってくださいと頼んだ。
そして嫁の言うとおりに孫をあやすようになったという。
ある日エルデイとデルデイが狩りをしているとき、
ある家を見つけて立ち寄った。
(ゲルの中で)お茶を飲み座っていると、おばあちゃんが孫をあやしてその歌を歌って子どもをゆすりながら出て行った。
エルデイとデルデイがそれを聞いて驚いてわけを尋ねると、
おじいさんが嫁を見つけたこと、嫁から聞いた過去、嫁が彼女に孫をあやすときはこうして歌うようにと頼んだことをひとつひとつ話した。
それでこのうちの嫁が妹のエルヘンテンであるとわかり、
実の兄妹は再会し喜んだ。
それ以来子どもをあやすこの歌が広まって
ウゼムチンでは今まで歌い継がれている。


【メモ】
■なぜそんな奥さんと結婚していたのだ、兄たちよ、とか
そもそも妹になぜそんなに意地悪になったのだ兄嫁たちよ、と気になる。
■モンゴルの遊牧民たちのあいだでは、外出先で知らない人の家に立ち寄ることは普通のことと聞きます。
その家が留守でも、置いてあるお茶をいただく。
留守の間に自分の家に誰かが来たら、それはいいことなんだって。
■この一連の子守歌にまつわる言い伝えで、
「死んだと思って葬った妹が実は生きていた」というモチーフが私にはとても興味深い。
それぞれ葬り方が異なるけれども、どれも埋めないので「埋葬」じゃないなあ、と訳していて思う。
木の上にってどのように?ただ置くのかしら。
箱に入れて川に流す(SACRAのCD「ついのすみか」でも葬り方が色々登場するけど、その中に花に埋もれて川に流されて、うれしいな、涅槃は近い、っていう歌があった)はまだしも(精霊流しとか連想するし、川があるところなら無理がない感じ)、
鹿の背に箱をくくりつけてそれに入れる、なんて、
ちょっと思いつかない方法。
いずれにしても遺体をそのままにして送り出すので、
もしかしてよその土地で生きているかもしれない、と思ったままでいられるよね。
モンゴルの風葬とか鳥葬については読んだ限りで知っていたけれども、色んな形があるのね
(モンゴルはチベット仏教が入ってきているけど、
自然のあらゆるものに魂が宿っているアニミズムの世界が下地にある)。

誰しも、近しい人をなくしたら、もしかしてまだ生きてるんじゃないかしら、とか、
まだ、呼べばもどってくるんじゃないかしらとか、思うんじゃなかろうか。
昔見た映画「眠る男」は、当時は全体としてはまったく意味がわからなかったけど、
いろいろ打ち鳴らして呼んでいたシーンは印象的だった。
初産がとても難産だったモンゴル人の友人が、
自分の名を呼ぶ夫を見下ろした体験を語ってくれたことがある。
つまり彼女は呼ばれて戻ってきた。
それが「ほんとかどうか」よりも、共有されているそのイメージに興味がある。

願い。
もう会えなくても、どこかで生きていると思いたい。
そんな気持ちがこのモチーフに込められているように
感じてしまうのは私だけかしら。
生まれてきた命を育む歌なのに、言い伝えにそんな意味が込められてるとしたら。

想像の世界で、妹が生きているとしたら、こういう風に赤ちゃんが生まれて、
こんな風にあやしてるんじゃない?と話が広がったのかもしれないし、
逆に、誰かににらまれた妹を死んだことにして遠くにやったら
そちらで幸せになったということかもしれないし・・・

私の空想も尽きません。



urtynduu at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月29日

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(3)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
(2)の言い伝えと内容は似ている。
ハルガルダイ・ハーンは、戦争をするときには妻子ですら顧みることがなく、
息子のハリオトガン・タイジとその妹のボダク・シャガイを幼いときに迷子にしてしまい、生き別れになった。

妹のボダク・シャガイは、兄のハリオトガン・タイジに天女を妻にするよう勧め続け、
ついに兄は天女と結婚した。
兄はよく狩りに行き、妹に宮殿を建ててやった。
兄が狩りから帰ると、妹は必ず出迎えて、兄に匂いをかいでもらった(親族の愛情表現)。
妹は兄が狩りで不在のあいだ、日中は絹の布を広げて花や葉っぱの刺繍をして過ごした。
天女はハリオトガン・タイジと結婚してから、妹のボダク・シャガイと
金や銀のシャガイ(羊のくるぶしの骨。おはじきのように遊んだりするおもちゃとして使う)でよく遊んだ。
ある日、妹が金のシャガイを口に入れて隠していたところ、喉に入って詰まってしまった。
天女は、夫の最愛の妹が亡くなってしまったと怖くなって、
妹をベッドにもたれかけさせて、刺繍をしているように座らせておいた。
夜、兄は狩りから帰ったが、妹が出迎えないのでおかしいと思い、
妹の家に入ると妹は意識を失っていた。
(死んでしまったと思って、妹を)すぐに金の箱に入れて水に流した。
河口のほうで、瞑想していたふたりの僧が流れてくる箱に気づき、
開けてみると美しい女性が入っている。
二人の僧が喉から金のシャガイを取り出すと、彼女は生き返った。
それから僧たちは彼女をある家に連れて行った。その家はハルガルダイ・ハーンの家だった。
ハーンは、何年も前に娘と息子を迷子にして置き去りにしていたので、彼女を見ても誰だかわからなかった。
兄のハリオトガンは、かもしか(ゼール)をよく撃つので、地元の人があだ名で「ゼーレルデイ・メルゲン」「ゼーレン・サクソー」と呼んでいた。
ハルガルダイ・ハーンには召使がたくさんいた。
養子にしたボダク・シャガイを、同じく養子にしていた男と結婚させた(?)。
そしてボダク・シャガイは息子を産んだ。
ハーンの召使の女性が彼女の世話をしたが、ボダク・シャガイは自分に起きた苦労をその女性にだけ話した。
その女性はゲルの外で赤ん坊を抱いて座って、
 ハルガルダイ・ハーンの孫よ ねんねん
 ハリオトガン・タイジの甥よ ねんねん
 ゼーレルデイ・メルゲンの甥よ ねんねん
 ゼーレク・サクソーの甥よ ねんねん
 
 ボーラル・メルゲン(ボダク・シャガイの夫)の子よ ねんねん
 ボダク・シャガイの子よ ねんねん
と口ずさんであやしていた。
そのとき、ハリオトガン・タイジがハルガルダイ・ハーンの家とは知らずに通りかかり、
「私の父や妹の名を言っているのはどういうわけだろう?」と
馬の手綱を引いてスピードを緩め、耳を傾けた。
こうしてハリオトガン・タイジを父のハーンは息子と知り、
それからというもの、ハーンは母子の愛情を尊重するようになったという。

【メモ】
訳が難しい。
細部に自信がありません。
最後のまとめも飛躍しちゃってる印象・・・。
細部にこそ興味深いことがたくさん隠れているような気がしているので
もっと突き詰めたいなあ。
いつになるかはわからないけど、あとで修正を入れるかもしれません。

ちなみにゼールとは。
写真が入っているモンゴル語の記事にリンクを貼っておきます。
Цагаан зээрийн нүүдэл айсуй
ЦАГААН ЗЭЭР ДАЙЖИЖ ЭХЭЛЛЭЭ


urtynduu at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月26日

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(2)

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
子守歌に関する言い伝え(2)
ゼーヒー・メルゲンという貧しい狩人には、ゼレン・ゾンガーという妹がいた。
ゼーヒー・メルゲンは妹を継母の手に渡したくなくて、洞窟にかくまって
毎日食事を持っていってやっていた。
このことを性格のきつい継母が知って、ある日
「ゼーヒー・メルゲンの妹のところへ行ってさんごを飲み込んで遊ぼう」といって
娘にさんごを飲み込ませて(喉に詰まらせ)気を失わせた。
兄は妹を(死んだと思って)悼んで高い木のてっぺんに葬った。
ところが、一頭の鹿がたまたま娘を葬った木に体をこすりつけて娘を落としてしまった。
すると娘の口からさんごが落ちて息を吹き返した。
こうして娘はさまよい歩いてある貧しいおばあさんの家にたどり着き、そこのうちの子となって暮らした。
成長した娘はたいそう美しく、みんなの注目を浴びた。
そして、ハル・ヌデン・ハーンの息子ハルラク・タイジがその娘を妻としてめとり、子どもが生まれた。
女は恩ある兄を見つけて会いたいものだと思い、息子に子守歌を歌うときに
「ゼーヒー・メルゲンの甥よ、ブーウェイ
ゼレン・ゾンガーの息子よ、ブーウェイ
ハル・ヌデン・ハーンの孫よ、ブーウェイ
ハルラク・タイジの息子よ、ブーウェイ」
と歌っていた。
これを兄が耳にして妹と会うことができたと言い伝えられている。

【メモ】
さんごを飲み込んで遊ぶことについて、別の本で何か解説が、あったんだったかどうだったか・・・。

この話だけじゃなくて、誰の甥とか、誰の子とか、歌う歌詞は多いみたいで、
私がよく歌っている「西モンゴルの子守歌」もそう。

これも2010年にブログにメモしていたけれど、歴史書を読んでいて、
こういうことがあるから子守歌に人の名前を入れることになるのかなと思ったのでした。

以下、その以前の記事より。メモなのでわかりにくいですが、興味深いエピソード。

『蒙古源流』より。殺されたモンゴルのハルグチュク太子の妃、セチェク妃子。
妊娠中だった子を産むと、実父エセン・ハーン(オイラト)が「女なら助命、男なら片づけよ」と。
妃子はその子の陰茎をうしろへ引っ張って縛っておいて検分の者に見せたら女の子だと報告されたって。
で、別の女の子をゆりかごに入れて、曾祖母(モンゴル出身)に子を預けた。
で、そういうことがあってこそ、子守歌でその子の血統を聞かせるという物語が生まれるんだね。誰誰の孫よ、彼彼の甥よ、ねんねんよって。

「チンギス統原理」を無視したエセン・ハーン(太師)が、北元の皇族を皆殺しにし、オイラト人を母に持つ者だけを助命した。
そこでこういうことがおこるわけ。
その男の子はバヤン・モンケ・ボルフ晋王、モンゴルに送り届けられた。

urtynduu at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

歌にまつわるお話ざっと訳:子守歌(1)

子守歌は、たーくさん、ありますね。
他の本でも、いろいろな子守歌の歌詞が載っている本とかありましたが、
私が聞いたことがある歌とは多くがかみ合わなかったりしました。

私のレパートリーは、ノロヴバンザド先生の日本で作られたCDに入っていたので
ごく初期から親しんでいる「西モンゴルの子守歌」と、
「大きなお目目の子守歌」と呼んでいる2曲。
まだまだ、ほかにもちゃんと歌えるようになりたいな。
音源はあるのです。
2010年に、子守歌ばかりのCDを入手したことがあって、ブログにも書いてました。
「子守歌なのに難しいメロディーもあって、やっぱモンゴル人すごいなー。
・・・大声量でもすばらしい人が、やさしく歌うのは、高密度の圧縮された感じが魅力的なの。
噂のオルティンドーでハモるユニットの歌声も入ってる。
モンゴルの子守歌だけのCDなんて、今まで見たことなかった。
あればいいのにな〜って思ったのは、
ノロヴバンザドさんが日本で出したCDに一曲だけ入ってたのが素敵だったから。」
と、以前のブログには書いてましたが、
子守歌のCDがほしいと思っていた理由には、
書物に載ってるたくさんの子守歌の、音源に出会うことがなかなかなかったからというのもあったと思います。
覚えるには、まず自分の持ってる資料のなかから合う歌詞があるかな?と突き合わせるところから。
聞き取りもするけど、完全にとはいかないから。
でもこれが、書物に載っている歌詞そのままで歌われているとも限らず、なかなかなのよね。

Домогт дууны зуун дээж А.Хэрлэн,Д.Энхмаа Улаанбаатар 2009 より

【ざっと訳】
ブーウェイ(ねんねん)ということばは、
赤ちゃんが泣くのは何かを怖がっているからだと考えて
お母さんやお父さんやお兄さんお姉さんが
「怖がらないで(ブー・アイ)」といって子守歌を歌いあやしたことからできたようだ。
ブー・アイという二つの単語が次第にブーウェイというひとつの語になったのだろうと見られている。

子守歌に関する言い伝え(1)
ハルハの人たちのあいだで語られているもの。
昔、裕福な家の召使の貧しい女性が妊娠し、羊を追っていって草原で出産した。
主人のところに子どもを連れて行くことが怖くてできず、
赤ん坊に草を被せて草原に置いて帰った。
翌日、羊を追うときに子どものところへ行ったが、いなくなっていた。
3年経ったある日、女が羊を追っていくと、赤ん坊を置き去りにしたその場所に、
ぼさぼさの髪のよく日焼けした子どもが裸で丘の影で寝ていた。
貧しい女性は自分の息子であると悟って、自分のみすぼらしいゲルに連れ帰り、
ことばを教えた。
するとある晩、ゲルの近くで狼が吠えた。
母親が息子に「狼はなんと言って吠えているんだい」とたずねると、
息子は「シャーライよ、おっぱいをお飲みと言っているよ」と答えた。
それ以来、母親は息子に
「シャーライ ブーウェイ
シャーシャルダイのブーウェイ」
と子守歌を歌うようになったとさ。

【メモ】
まず、妊娠について、お父さんについての言及がないのが気になります。
当然(?)ご主人様だったりするのかしら。
そういう、モンゴル人が読んだら言外で感じることとかを、知りたいものです。
草原に置き去りにするというのも強烈。
羊の赤ちゃんでも草原で産み落とされたの抱っこして連れて帰ってくるのに。
現代日本でも、妊娠自体を隠していて密かに出産とかいう話がときどき聞かれますが、
出産て人生の一大事だと思うのに、そうやってするっと産めてしまうケースもあることに驚いたり、
色々考えます。
シャーライとかシャーシャルダイって、何か意味があるのかな。

urtynduu at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote