2011年03月02日

【中止】3/27(日)『隔月誌オルティンドー』新刊おめでとうライブ!詳細

諸状況により、3/27に予定していた『隔月誌オルティンドー』新刊おめでとうライブは中止とさせていただくことにしました。
楽しみにしてくださっていた方々、申し訳ありません。実際、多くの方から「行くね!」と言っていただいていました。
私自身とても楽しみにしていたので非常に残念です。
落ち着いたら必ず、改めて企画しますので、よろしくお願いします。

なお、流通が滞っている現状では、印刷のやり取りにも影響は必至で、豆雑誌『隔月誌オルティンドー』の新刊第五号の完成も、多少ずれ込む可能性があります。
充実の内容ですので、早く読んでいただきたいと願っています。
販売開始についてはめどがたちましたら改めてお知らせします。
【3/27追記】
*********************************
新刊おめでとう5号

●3/27(日)『隔月誌オルティンドー』新刊おめでとうライブ!
ライブチャージ2500円(ドリンク代別)
17時開場18時開演

出演:三枝彩子(vo.)
向島ゆり子(vln.ほか)
ゲスト:タルバガン(等々力政彦 、嵯峨治彦)


『隔月誌オルティンドー』は世界初モンゴル民謡オルティンドー専門豆雑誌。
2010年6月に創刊しました。
ほぼ隔月で行なってきた新刊祝いライブも5回目を迎えます。

新刊5号のテーマは「ゴビとハンガイ」=モンゴルの地域性。
モンゴル高原を中心に、豊かに広がる音楽世界を、豪華ゲストを迎えて楽しくご紹介します。

先月タルバガンのライブに三枝、向島がゲスト出演。初めてのメンバーとは思えない程自然な組み合わせに思えました。
見逃された方、また見たいという方、ぜひぜひお誘い合わせの上ご来場ください!





 「タルバガン」は、等々力政彦 (トゥバ音楽)と嵯峨治彦 (モンゴル音楽)、日本人二人の、民族音楽ユニットです。アジア中央部に伝わる、独特の歌唱法「喉歌(のどうた)」と民族楽器を中心に、独自のアレンジで、広く、南シベリアやモンゴルの歌、アイヌ民謡から日本の馬の歌・旅の歌まで演奏。
 結成まもない1998年7月、喉歌の本場トゥバ共和国の首都クズルで開催された第三回国際フーメイコンテスト(ユネスコ主催)に参加。ゲスト部門優勝・総合準優勝の好成績をおさめました。 以後、ユニット「タルバガン」の活動はもちろん、それぞれソロ活動でも、大阪・札幌を本拠地に、日本各地・世界各国で、さまざまなジャンルのアーティストとの共演も含め、旺盛な音楽活動を続けています。

池袋バレルハウス

豊島区池袋2−22−5東仙第2ビル2F
TEL0339862871 

urtynduu at 06:56│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 演奏予定 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔