『たがた』(その2)めん処 角千 にしむら

2018年03月28日

鮨土方(その12)

この日は、昨年12月に中区錦に移転された「鮨 土方」
さんに夕ごはんで行って来ました。
IMG_5793
18時開始と20時30分開始の2部制です。この日は、
18時開始で伺いました。
IMG_5794


店内は、真っ直ぐなカウンター席7席のみと大将が目が
行き届くサイズになりました。
IMG_5833
白木の天板が清潔感を表すだけで無く、身の引き締まる
思いになりました。
IMG_5796
まずは「生ビール」です。
IMG_5797
「さわらのつみれ」です。
思ったよりもふわふわした食感で出汁が効いてます。
IMG_5798
「ヒラメ」です。
4日間寝かせたそうで、ネットリ舌に纏わり付く旨さ。
IMG_5800
「カツオ」です。
山口産らしく、濃厚な味わいです。
IMG_5801
「鍋島」です。
IMG_5802
「鱈の白子」です。
クチの中で濃厚でトロトロに溶けていきます。
IMG_5803
「炙り鰆」です。
炙った芳ばしい皮と脂の乗った身が堪らないです。
IMG_5806
「純」です。
IMG_5807
「海老」です。
大将より手渡しでいただきました。甘味があってクチの
中で溶けていく美味しさがあります。
IMG_5815
「金目鯛」です。
7日間寝かせたそうです。身が厚く脂がのって舌の上を
滑らかに越えていきます。
IMG_5817
「ブリ」です。
10日間寝かせたそうです。金目鯛同様に脂のノリが良
く自然と笑顔になる味です。
IMG_5818
「日間賀島のタコ」です。
IMG_5821
「日高見」です。
IMG_5823
「竜飛岬のマグロ」です。
キレイな色合いにほのかな酸味が素晴らしいです。
IMG_5827
1本163キロだそうです。うるうるは釣りをしないの
で、大きいのか小さいのかよく分からないです。
IMG_5825
「大トロ」です。
IMG_5828
「さば」です。
IMG_5830
「東京湾の太刀魚」です。
ふんわりした食感で身に皮目はキレイですね。
IMG_5834
「三千盛」です。
IMG_5836
「車海老」です。
先程まで活きていてホカホカでプリプリの甘味のある味
わいです。
IMG_5838
「いくらごはん」です。
笑いが止まらない美味しさ。
IMG_5840
「うに軍艦」です。
IMG_5842
「煮穴子」です。
久しぶりにいただいか感があります。歯が要らない程の
柔らかさです。煮つめもサスガ。
IMG_5844
「ベったら漬け」「いぶりがっこ」です。
IMG_5846
「干瓢巻き」です。
IMG_5847
「あおさの味噌汁」です。
あおさの香りとと途中で入れる七味の香り高さ。こんな
お味噌汁を毎日のみたいな。
IMG_5850
「自家製プリン」です。
お馴染みの逸品です。
IMG_5852
久しぶりの土方さんはサスガの一言しかありません。座
席数も減ったので、予約も取りづらくなるかな。ごちそ
うさまでした!


鮨 土方
 中区錦3−12−30第2ワシントンアネックスビル1階
 052−950−6515
 18時〜、20時30分〜の2部制
 定休:日曜祝日
 HP:http://www.sushi-hijikata.com


uruuru69 at 11:00│Comments(0)■中区 | 鮨 土方

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『たがた』(その2)めん処 角千 にしむら