コオリヤユキボウシ『満月園』(その2)

2019年07月24日

Reminiscence(その2)

この日は、中区栄にある「Reminiscence」さんにミオ
さんと行って来ました。
 
IMG_9563

お店はこの看板のある階段を2階に上がります。1階は
高級食パンで名が通っている「乃が美」さんです。

IMG_9564



前回は6名で伺ったので、今回はミオさんと2人でしっ
ぽりと。

IMG_9565

まずは「シャンパン(ハーフ)」で。

IMG_9568

「第1章〜余韻〜 雲丹 」です。

IMG_9569

アオサ入りのチップスの上に雲丹が載せてあります。
磯の香りが広がります。

IMG_9570

次も「シャンパン(グラス)」で。

このジャケ可愛いな。

IMG_9571

IMG_9574

「第1章〜余韻〜 猪 」です。

IMG_9572

薄く切った猪は軽く湯通ししてあり、猪の出汁入りコン
ソメスープを注いで完成です。

松茸のほのかな香りに脂が引き立つ猪の味わいが堪らな
い美味しさです。

IMG_9573

「バケット」です。

IMG_9577

「第1章〜余韻〜 白子 」です。

IMG_9578

白子の上に黒トリュフを削ってあります。

IMG_9580

「第1章〜余韻〜 牡蠣 」です。

IMG_9581

低温で湯煎した牡蠣をフリットと炭焼きにしてあります。
その上にはハーブなどのソースをエスプーマで。

IMG_9582

「第1章〜余韻〜 フォアグラ 」です。

IMG_9585


IMG_9586


IMG_9587


IMG_9588

「お口直し」です。

IMG_9589

「梨のシャーベット」です。

サッパリとしたクチ当たりで、今までの味を消します。

IMG_9590

「第2章〜記憶〜 鰻 」です。

IMG_9591

マスタードクリームの上に鰻の白焼きが載せてあり、赤
ワインソースや山葵が色を添えます。

IMG_9592

鰻はこちらのスペシャリテ。白焼きにされた鰻はパリッ
とした食感に脂がクチ全体に広がります。

IMG_9593

「第2章〜記憶〜 魚 」です。

IMG_9595

金目鯛の鱗のザクザク感と身のしっとりふんわり感のコ
ントラストが印象的で美味しいです。

IMG_9598

「第2章〜記憶〜 肉 」です。

IMG_9599

ローストした鴨肉の火入れは絶妙で、ピリッとまろやか
な卵黄のソースが良い味を出しています。

IMG_9600

「第3章〜安堵〜 蜜柑 」です。

IMG_9604

蜜柑のシャーベットの下には、チョコや刻んだナッツが
隠れています。

IMG_9605

「第3章〜安堵〜 苺 」です。

IMG_9609

温かい苺のソースをかけてイタダキマス。抹茶パウダーを
絡めると香りが和に変化します。

IMG_9614

「最終章〜追憶〜 茶菓子 」です。

IMG_9616

「カフェオレ(ICE)」です。

中川区のジムランコーヒーのものを使用しています。

IMG_9617

茶菓子はシェフが子供の頃を回想して創作されるものだ
そうで、「ピノ・プッチンプリン・チョコケーキ・カン
トリーマーム」
を葛原流に昇華させると、こうなるそう
です。

FullSizeRender

ワインはワインコースでは無く、知り合いのソムリエに
任せて最高のペアリングでもありました。非の打ち所が
無いおもてなしでした。ごちそうさまでした!


Reminiscence
 中区栄2−15−16コンフォート栄2階
 052−228−8337
 12時〜13時
 18時〜20時
 定休:日曜、
 HP:http://www.reminiscence0723.com


uruuru69 at 11:00│Comments(0)■中区 | Reminiscence

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コオリヤユキボウシ『満月園』(その2)