『我我』(その9)広島流お好み焼き つかさ(その3)

2019年11月08日

Olivier odorant

この日は、千種区池下町にある「Olivier odorant」さんに
貸切会で行ってきました。

IMG_3387

伺ったのは今年の6月のことで、オープンは昨年11月の
ようです。

IMG_3388



店内は、真っ直ぐなカウンター席8席と半個室のような4
人用テーブル席があります。

IMG_3390

まずは「シャンパン」でカンパイ!

IMG_3393

1品目は「始まりの一皿」です。

IMG_3394

「カレー風味のヤングコーン」です。

スパイスを使ったスナック菓子のような食感でした。

IMG_3397

「新玉ねぎのムース」です。

滑らかな舌触りで甘みのありました。

IMG_3396

「フォアグラとレンズ豆のきんつば風」です。

フォアグラの濃厚な旨みが甘みでかき消されたような感じ
でちょっぴり残念でした。

IMG_3395

「バケット」です。

IMG_3398

2品目は「ヴィシソワーズ」です。

IMG_3399

いんかのめざめで作ったヴィシソワーズで、胡椒が良いア
クセントになっています。

IMG_3400

3品目は「北海道産桜鱒のヴァリエーション」です。

IMG_3401

その1で「桜鱒のレアステーキ」です。

好みではこれがベストでしした。ジューシーで脂が甘くて
クチ全体に広がります。

IMG_3402

その2で「桜鱒のリエット」です。

ラードを使っていないせいか、さっぱりとした味わいにま
とまっています。

IMG_3403

その3で「桜鱒のタルタル」です。

レアステーキがうるうるのドンピシャだったせいか、タル
タルも美味しかったのですが、霞んでしまいました。

IMG_3404

「サンセール」です。

やっぱり美味しいなぁ。

IMG_3405

4品目は「グリーンアスパラのカダイフ巻き」です。

IMG_3406

サクサクしたカダイフの食感にしっとりしたグリーンアス
パラの食感が印象的です。

IMG_3407

5品目は「宮城産紫ウニと米ナス〜トマトとマスカルポー
ネのソース〜」
です。

IMG_3409

こちらが「トマトとマスカルポーネのソース」でしょうか。

IMG_3410

米ナスの上に紫ウニが乗せられています。

IMG_3411

「ムスカデル」です。

IMG_3414

6品目は「高知産決め台のポワレ〜ウイキョウのソース〜」です。

IMG_3416



IMG_3417

「マコン」です。

IMG_3418

7品目は「シストロン産仔羊のロースト〜レモンの薫ソー
ス〜」
です。

IMG_3419

絶妙な火入れでジューシーさがあり、柔らかくて脂の甘み
もしっかり感じられます。

IMG_3420

「セグラ」です。

IMG_3423

8品目は「杏仁豆腐」です。

IMG_3426

9品目は「新生姜のシブースト〜カルダモンのアイス添え〜」
です。

IMG_3428

10品目は「お茶菓子」です。

こちらは2人分です。カヌレとマカロンでした。

IMG_3430

最後に「リンアンの紅茶」です。

IMG_3432

スパイスを使ったフレンチって感じで、ボリューム満点の
お店でした。


Olivier odorant
 千種区池下町2−19クレール池下1階
 052−753ー7124
 11時30分〜16時
 18時〜24時
 定休:日曜、第2・4月曜
 HP:http://olivier-odorant.com


uruuru69 at 11:00│Comments(0)■千種区 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『我我』(その9)広島流お好み焼き つかさ(その3)