(閉店)『天ぷら天美巧』インドネパール料理AVIYAN(その2)

2019年11月15日

炭焼き鰻 瞬

この日は、静岡市葵区有永町にある「炭焼き鰻 瞬」さんに
行ってきました。

IMG_5286

静岡の中心部から車で20〜30分程度の場所にお店はあ
ります。

IMG_5240



お店の建物は、以前は別荘で使っていたような平屋造りで、
庭園も素晴らしかったです。

IMG_5285

店内は、カウンター7席とテーブル席8席の計15席とい
う贅沢なスペースです。

IMG_5282

この日は、こちらの常連のご夫婦にお誘いいただき、ミオ
さんと4名で伺うことができました。

IMG_5243

最初は「生ビール」です。

IMG_5244

まずは「ずいきの炊いたん」です。

IMG_5246

これは京都の味づけ。生姜が効いている薄味仕上げで、ず
いきの柔らかさが印象的です。

IMG_5245

それから「鰻の煮こごり&鰻の唐揚げ」です。

IMG_5247

煮こごりは旨味がギュッと詰まっていて、唐揚げはサクッ
とした食感でビールが進みます。

というか、ビールを飲んでいる場合じゃなく、料理を真剣
に楽しめなきゃと思えます。

IMG_5249

続いて「鰻の肝焼き」です。

IMG_5250

肝の臭みは全く無く、程よいほの苦さがあります。焼き加
減が抜群で、真剣に味合わないと店主に申し訳無く思える
焼きでした。

IMG_5253

お酒を飲んでる場合じゃないと思い「緑茶」にチェンジ。

IMG_5255

そして「鰻のひれ巻き」です。

IMG_5256

ごぼうは下処理されているので柔らかく、鰻の脂が染みて
いるので香ばしく、中心まで美味しくいただけます。

IMG_5258

さらに「・・・(名称不明)」です。

IMG_5259

鰻巻きの逆バージョンでしょうか。卵焼きと鰻の香ばしさ
があんと絡めると鰻の味が引き立ちます。

IMG_5260

そして「白焼き」です。

IMG_5263

ふっくらとした仕上がりで、蒸していないようです。肉厚
の身でカリッと焼かれています。

山葵と醤油が付いてきますが、そのままでも十分旨味を感
じるので、味変で使うぐらいが良いのかもしれません。

IMG_5264

途中で「肝の湯引き」をいただけました。

IMG_5265

これは養殖物だそうですが、うまいとしか言いようがあり
ませんでした。

IMG_5266

これは「鰻の尾びれ串」です。

IMG_5267

芳ばしい香りに脂の旨味がたっぷりな串で、うるうるは肝
焼きよりもこちらの方がめっちゃ好みです。

IMG_5268

お櫃(わっぱ?)が出てきました。と思ったら、これが丼
だそうです。

BlogPaint

メインは「上鰻丼(肝吸・香物付)」です。

IMG_5276

「香物」です。

IMG_5274

「肝吸」です。

IMG_5275

メインの「特上鰻丼」です。

IMG_5270

鰻の身はめっちゃ厚くて、芳ばしい香りが広がります。この
時点でゼッタイに美味しいと確信できます。

IMG_5272

パリッと香ばしく焼かれた鰻は、ふっくらとした食感で脂
がクチ全体に広がります。

タレはほんのり甘みがあるもののキレがあり、コクがある
ので、堪らないです。

IMG_5279

タレの旨味がふっくりしたごはんと合い、鰻の脂がごはん
に染みると、ごはんだけでも十分美味しいです。

IMG_5277

山椒を振っていただくと、脂のキレがさらに良くなって、
あっという間に完食です。

IMG_5281

非の打ち所が全くない名店で、名古屋じゃゼッタイに食べ
られないと思いました。ごちそうさまでした!


炭焼き鰻 瞬
 静岡県静岡市葵区有永町260−1
 054−294−7178
 11時30分〜14時30分
 17時30分〜21時
 定休:月火
 HP:http://unagi-shun.com


uruuru69 at 11:00│Comments(0)■静岡県 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
(閉店)『天ぷら天美巧』インドネパール料理AVIYAN(その2)