歌弦ライダーONCHI(音恥)のなすがままに・・・

ブルースやR&B、ロックンロールミュージック好きのオヤジです。 カワサキエリミネーター250SE乗りのライダーでもあります。 日々の出来事や思ったことなどを、 なすがままに・・・ なすがままに・・・

バカ真面目にブルースの追求をと。

そんなのバカらしくなりました。

真実が改ざんされ、隠蔽がまかりとおる世の中。

嫌になりました。

これからはパンクだ。目指せピストルズ。

アナーキィストなパンクギタリストになります。ファック。

ギター歪ませて、へたくそ隠してジャラーンです。

つきましてはパンクバンドメンバー募集します。

条件があります。

Vo ステージでパンツ脱げる人。歌はへたでいいです。いやへたなほうがいい。

Ba 限りなくシドビシャスに近いルックスの人で、全身ピアス、刺青だらけの人。ルート音だけ押さえて弾ければいいです。

Ds 眉間に刀傷のある目つきの悪い人。ステージの最後にドラムセット破壊できるパワー持った人。

さぁいっしょにピストルズ目指しましょう。

あの日から7年。今年も被災した場所で北へ向かって黙想するつもりでいたが

予定の都合でやめておく。今年は自宅で静かにその時を迎えようと思う。

子供の頃、天変地異をとりあげた漫画などを読んだり

映画「日本沈没」をみたりしてたから、あの暴力的な揺れは

ついに来たか!と思わせるに十分だった。

あの時、家族と自宅のことが心配で他のことなどかまってられなかった。

自分の都合を差し置いて、社会的責任を果たそうとした人たちには尊敬の念を抱く。

最近、YOUTUBEなどで地震発生時の動画を見ることが多い。

ああ、この場所ではこうだったんだ!凄い揺れだったなとか思いながら。

でも津波の映像を見るのは抵抗がある。確実にそれに飲まれてる人々がいるから

停電したから、津波が起きてることは車のラジオで聴いた。

東北のどこそこの街が壊滅状態です。ラジオが話す内容が信じられなかった。

街が壊滅って何?それは後に映像で無常にも確認できてショックだった。

そして原発事故。当時まで俺は原発容認派だった。

資源のない日本。電力の安定のためには必要だろって意見だった。

それは原発がトイレのないマンションだと教えてもらうまで続いた。悔やまれる。

それから社会的なことを考えたり、発信するようになった。それまでもブロガーのはしくれとして

発信してたけど、それは身の回りのささいなことや音楽の話だ。

震災を機に政治や社会について、自分なりに情報を整理して発信するようになった。

それは一部間違った意見だったかもしれないが、それ言っとかないとあとで後悔するぞ!

そんな気持ちで、それは今も続いてる。

この曲はフォークランド紛争を元に作られた曲だと聴いている。

そして舞台は南アメリカのアパルトヘイトに反対する趣旨の場だ。

でも俺には揺れる聴衆が、津波で流された多くの人々にある日見えた。

そしてそのやりきれない魂を鎮めるような演奏に思えた。

今日も何回かこの曲を聞きながら、この映像を見ながら

僕らのかわりに命をなくした方々への鎮魂の音楽としたい。



久々のくろばねライブ。

晴天の中。気持ちよくやらせてもらいました。

俺としてはちょっとミスったけど、久々に何かが降りてきた〜ってかんじで。

終始ノリノリでした。調子こいた風に写ってたらすんません。

0曲目 「常磐線の唄」 いつかのリクエストありがとうございます。あの方へむけて。

以降 ギターマン坪井君とのデュオ。ONCHI&SOで

「ルート66」 日本語Ver
「犬の散歩」
「AROUND & AROUND」
「スタンドバイミー」 日本語Ver
「DONT WORRY」
「あの娘の知らないR&R」
「3丁目の殺し屋」

冒頭で坪井君を「ギター弾くしか能のない奴」って紹介していましたが

これは知る人ぞ知る「最大の褒め言葉」。

もちろん坪井君は仕事では俺なんかより

ずーっとプロフェショナルな方です。

そして味のある実力派の演奏を楽しんで

時間があるって聞いたのでペーパームーンののりえ店長にお願いして

いつかセッションしましよう。のはずだった

アコーディオンのキクさん

アメリカに帰るナイスガイのドラマーDANIEL君。

間に合いました。さらにベースにアユムさんの力をお借りして

「ルート66」 英語Ver
「スタンドバイミー」 英語Ver

2曲だけだったけど楽しかったのです。GOOD LUCK DANIEL!

案外こーいう時は写真なぞ撮るの忘れるので、他の方の写真をこっそりDL。

あーりがとうおざいます。

疲れたが実のある秋の一日でした。

オオカミ ON THE RUN  作詞作曲 大内真一

インスパイアド スティービーレイヴォーン ダイアストレイツ クリスレア サマンサフィッシュ


あくびがでそうな 宵の口
今宵は満月    丸い月
よだれがでそうな血の匂い
今夜の獲物を見つけたぜ

月に吠える 俺はオオカミ Oh 荒野を走る

絶滅危惧種の 生き残り
飼い犬なんかにゃ ならないぜ
闇の中に身を隠し
今夜の獲物を探すだけ

月に吠える 俺はオオカミ Oh 荒野を走る

Woooooooon Woooooon

オオカミ ON THE RUN
オオカミ ON THE RUN
オオカミ ON THE RUN
オオカミ ON THE RUN

月に吠える 俺はオオカミ Oh 荒野を走る

月に吠える 俺はオオカミ Oh 荒野を走る

Woooooon  Wooooon   Oh 荒野を走る


ロゼオ水戸ライブの模様。

すごーく物好きで暇な方いらしたら、みてください。

今回はカメラ目線です。

雨上がりの夜空に RC
イマジン     RC
新しい朝に
あたしのジョー
STAND BY ME 日本語Ver
心のうた アニメ さすらいの太陽
3丁目の殺し屋

録画していただいておりました。
自分ではやらかした感が強かったライブなんですが、なんとか誤魔化してますね。卑怯です。
でもいい音で撮ってもらったので、ものすごーく物好きで暇な人は見て
みてください。
1.いとしのオイラ オリジナル
2.センチメンタルリーズン 日本語COVER
3.ドッグオブザベイ オーティスレディング
4.DREAMS DONT COME TRUE オリジナル
5.AROUND&AROUND チャックベリー日本語COVER
6.DONT WORRY オリジナル
7.3丁目の殺し屋 オリジナル



http://twitcasting.tv/roseomito/movie/385948123

2017.04.02 ONCHI&SO&那珂湊SLIM ロゼオ水戸

GtVo 大内ONCHI真一
Gt  坪井SOはじめ
Ps  那珂湊SLIM

常磐線の唄
犬の散歩
スタンドバイミー
ルート66
DONT WORRY
3丁目の殺し屋

2008年 ストーンズの世界ツアーにギタリストとして参加します。

2009年 ストーンズの新譜に曲を提供、ギターで参加します。

2011年 キースリチャーズの娘と結婚します。

2013年 新作仮面ライダーの主役に抜擢されました。

2014年 六代目タイガーマスクを襲名。NYのMSGでプロレスデビューします。

2015年 いっさいの音楽活動を停止します。

2016年 ブルースブラザースの新作映画にダンエイクロイドの相棒として出演が決定しました。

と、まあ4月1日にことごとく夢でも叶いそうにない戯言を発表してきましたが

もう・・・疲れました。ネタがありません。俺の妄想の源は枯渇状態です。

これからは嘘はつかず。まっとうな大人になります。

・・・・・・・

さて来年はどうしようか?1年かけてじっくりとネタさがしてやる。

KIMG0379

これで2011年から7回目。3月11日 午後2時46分。この場所で。

もう何回も同じこと書いてるんだが、経験したことのない暴力的な地面の揺れ。

その後家に帰るまで心配だった母と愛犬シロ。

その日から車中4泊。

食料、ガソリンの不足。

いろいろ思い出す。

それをきっかけに世の中のことを考えるようになった。

原発のこと、政策のこと。自分なりの意見を見出そうと複数のメディアをチェックするようになった。

わからないことは多すぎる。でもわからないまま終わりたくはない。

傍観者では終われない。SNS時代。なんとか掴んだ自分なりの意見は発信したい。

今日も風は冷たかった。その時刻、北に向かって黙想した。

鎮魂の歌はこれしか知らない。



「好き好きBABY」 WORD BY 大内真一
冷たくされても 意地悪されても ドタキャンされても 肘打ちされても
好き好きBABY 好き好きBABY 好き好きBABY
Ah 君といればどんな時もいつもパラダイス
Ah 僕と行こう夢の中の平和の国
セクハラされても パワハラされても ピンハネされても リストラされても
好き好きBABY 好き好きBABY 好き好きBABY
Ah 君といればどんな時もいつもパラダイス
Ah 僕と行こう夢の中の平和の国
ヘイトスピーチで 差別をうけても 壁をつくられて 迫害されても
好き好きBABY 好き好きBABY 好き好きBABY
Ah 君といればどんな時もいつもパラダイス
Ah 僕と行こう夢の中の平和の国
Ah 君といればどんな時もいつもパラダイス
Ah 僕と行こう夢の中の平和の国
ラーララララララ ラララララララー ララララララー
ラーララララララ ラララララララー ララララララー

好き好きBABY

↑このページのトップヘ