ひろこです。いよいよ現地での面接という段階にこぎつけました。当初、3件行くつもりだったのですが、そのうちの1件は、もう募集をしていないということで、あきらめました。
 まず最初に行った店は、Northridgeにある武蔵(MUSASHI)という、鉄板料理の店でした。オーナーは、親切で情熱のありそうな人で、私のような意欲を持ってる者の手助けをしたい、と言ってくれたのですが、いろいろ事情があってビザのサポートはできない、ということでした。
 「まあ、いいか」という気持ちで、2件目に行きました。そこで出会ったのが、ひろすけさんです。ひろすけさんは、自分の夢のためとはいえ、実際にアメリカに来て、就職活動をする私の姿勢をえらく気に入ってくれました。そして、自分の店が、今ビザをサポートできる状況にあると言って、私のビザ取得に協力してくれると約束し、しかも実際に、ひろすけさんの店で、ひろすけさんにそのときに永住権のビザを申請中のミツさんも紹介してくれました。

MUSASHI

SUSHI ICHIBAN KAN
ひろすけさんの現在やっている3店舗目のお店です。私がひろすけさんに始めて会ったのは、2店舗目の"SUSHI HIROSUKE"という店でした。

英会話 福岡市 早良区 高校生

右がひろすけさん、左がミツさんです。

使える英語コーナー
(就職編)
Thank you so much for your time.
(お時間をさいてくださり、どうもありがとうございました。)
 面接の最後に、面接官に言ったらいい言葉です。日本食レストランでは、面接官は日本人だったので使うことはありませんでしたが、後に、私が日本人以外の面接官に対して必ず使いました。