逢魔看板

【タイトル】逢魔ガ刻 黄昏ニ烟ル少女
【サークル】ポテト生活
【価格】¥945 
【Hシーン数】3つ(体験版に収録されている数
【対象キャラ】水原雪(主人公)
【備考】異種姦メイン

ちょっと古い作品、といっても2012年8月発売で新しいっちゃ新しい
偶然見つけてティンときたのでご紹介


逢魔タイトル
タイトル画面はこんな感じです。面妖で妖艶ですね

逢魔01
今回、ヒドイ目に遭ってしまうのがこちらのお嬢さん。名前は「水原雪」
人には見えないものが見えてしまう体質
きっとそのせいで、人から嘘つきのレッテルを貼られたとかで社交性を失っていったのかな
周囲になじめない、そんな性格らしい
逢魔00
基本立ち絵のバストアップ
設定通り、どこか気弱で人付き合いの苦手そうな感じです

ゲーム内のお話
ゲームそのものは一般的な短編ノベルゲーム
選択肢を選んでストーリーを進めていきます

逢魔03
画像にすると分かりにくいけれど、選択肢が現れたところ
基本的に選択肢を間違えれば……

逢魔02
即バッドエンドです
んで、バッドエンド画面になるまえにエロシーンになります

製品版での基本CG20枚、差分込みで261枚あるそうで
相手は触手か化物が基本で、1割ほど人間が相手だそうです


ちなみに、私がティンときたポイントはこちら
逢魔xx
DLsiteのサンプルCGにもあるこのCGに描かれている下着の描き込み
細部まで丁寧に描かれているのがステキだと思いませんか?
作者様のこだわりを感じるワンシーンだと私は思います


以下引用文
■ストーリー■
主人公の水原雪はごく普通の女子学生。
しかし、見えないものが見えるという人とは違う才能から
社交性が低く、周囲に溶け込むことができないでいた。
そんなある日、雪は運命の岐路とも言える事件に巻き込まれる。
その闇の世界に足を踏み入れる時、雪は己の力と出生の秘密、
そして隠匿された真実を知る――。



逢魔ガ刻 黄昏ニ烟ル少女 


作者様のブログはコチラ