みなさん、こんにちは!
昨日の続き、行きまーす

欲しい求人の情報をもらうためにはどうしたらよいか?

というお題でしたね。
そんなのすでに知ってるよ〜、という方も
たくさんいらっしゃるかと思いますが、
復習として見ていただけると嬉しいです♪


さてさて、転職エージェントに登録して、欲しい情報を
もらうためにどうしたらよいか?

まずは分かりやすく書くことです。
あったりまえじゃん! って思うかもしれませんが
たくさんの転職活動をされている方の職務経歴書を拝見すると
そうでもないことが多いのです・・・。

たとえば・・・
今までの経歴を全部詳しく書いていませんか?
「わかりやすい=全部詳しく」 ではありません。

忙しいエージェントのコンサルタントに、ちゃんと見て理解してもらうためには、
できるだけコンパクトに伝えたいことを伝える必要があります。

これからやりたい仕事、やりたい仕事につながる経験を
重点的に詳しく書くこと。
また、そこでどのような実績を積んだかを書くことがポイントです。
実績というと、営業成績などを思い浮かべ、書くことがないという方が
多いのですが、「貢献」も大きな実績です!
その仕事を通じて、どのような貢献ができたか、しっかり書いてくださいな。


いくつかの業務を経験している方の場合、
その中の絶対やりたくない仕事まで、詳しく書く必要はありません。
かえってそれを書くことで、やりたくない業務の経験を買われてしまうこともあります。
とは言え、書かないわけにはいきませんから、そこはさらっと書き、
これからもやりたい仕事のほうを重点的に詳しく書くことをお勧めします。



ここまでご覧頂いてお分かりかと思いますが、
こうやって分かりやすく書くためには、自分が何を求めているのかを
知っておく必要があります。
残念ながら、何がしたいか分からないままに「分かりやすく書く」ことはできません。

それが分からないままだと、何を伝えてよいか悩んじゃいますよね。
なので、日経ウーマンオンラインに書かれているとおり、まずはご自分の
BEとDOを整理しておくことがとても大切になってくるのです。

サイトはアラサー向けに書かせたものですが、BEとDOについては
年齢問わず とても大切ですので、ぜひ読んでみていただけると嬉しいです。

また、自分にとって譲れないものは何か、何を大事に生きているのか・・・
よく「軸」といわれるものがはっきりわかっていると、求めていることを
伝えやすいですね。
この自分の軸を見つけたり、深く理解するためには、こちらをぜひご参考にしてみてくださいな。



エージェントは転職活動をする上で、おおきな味方になってくれます。
エージェントのコンサルタントに傾聴力を求めたくなりますが、
あなたから理解してもらうための材料提供をすることもとっても大切!

そしてこの準備は、エージェントを利用するときだけでなく、
紹介された先の会社での面接にも使えますし、
もちろん直接応募で面接に行くときにも使えます!

皆さんの転職活動が、実り多きものでありますように・・・。
心から、応援しています♪

次回は、キャリアチェンジしたい場合の「分かりやすい書き方」について
お届けしたいと思います。
お楽しみに!

IMG_3212