みなさん、こんにちは!
ごきげんいかですか? 
今日も東京は穏やかなうす曇です。

朝イチの面談を終えて、Facebookをうろうろしていたら
こんな記事を見つけました。
陸上自衛隊の心理教官をされていた下園先生のお話です。

どんな人も、疲れると「寛容力」が下がるイライラしたら、まずは休むのが効果的――
『寛容力のコツ』の著者に聞く(第3回)


朝の通勤電車や込み合った場で、大声を出す人が増えたなと思います。
キャリア・カウンセリングの現場でも、大声を張り上げたり、怒りをぶつける上司のお話し、
また後輩にイライラをぶつけてしまったり、子供に当たってしまった自分を責めるお話・・・
とても多いんです。

そんな人たちのお顔を思い浮かべながら、この記事を読むと
今の日本の社会の構造が理解できるような気がします。

そうか、みんな疲れているんだ・・・。
うんうん。

こんな一文があります。

「パワハラ上司の中には、へとへとに疲れ、心は悲鳴を上げているのに
虚勢を張っているという人がかなりいるのです。この段階を私は、
「プチうつ」と呼んでいます。かわいらしい名前をつけていますが、
本人はかなりの苦しさにあえいでいます。ただ、一見したところでは
元気そうに見えるので、周囲からは理解を得にくいのです。」

こんな人たちに下園先生は、「3日間、集中して休む」ことを勧めていらっしゃいます。
なにもしない、ネットも見ない、啓発本を読むなんてもってのほか!
の3日間。
とにかくダラダラ休む!

もちろん、プチうつさんだけでなく、イライラを自覚している人みんな同じです。


そんなことをしたら、再起不能になってしまいます!
と言う声が聞こえそうです。

子どもがいるから絶対無理!
と言うお声も聞こえてきます。

サボっているって見られてしまいます・・・。
うんうん。そんな風に感じるよね。

でもね、からだや心が倒れてしまう前に、
なんとか3日間を確保できないでしょうか・・・


こんな方法があるよ、と言うことが広まるといいなと思っています。
今、疲れきって寛容じゃなくなっている人はもちろん、
支援をしている人たちにも。
支援者にも疲れきっている人がたくさんいますし。


ダラダラする権利って言うのかな。
他者に寛容になるためにも、自分に寛容になるためにも
レッツ ダラダラ3日間!

やってみませんか?

IMG_3633