こんにちは!
一昨日の「大人になってからの友達作り、第1弾」は
いかがでしたか?

自分で書いた物を読み返しながら、現場の臨場感を
伝えるのは難しいなぁと、しみじみ思いました。
もっとこう、ちゃんと伝えられるような書き手に
なれればよいのですが…。

気を取り直して、と。
第1弾の続きをお話ししましょう。


女子会参加者のみなさんに、ちなみに今いる友達は
どこで知り合ったのかを訊いてみました…


■今いる友達は、どこで知り合った人か?

こんな感じで出てきました。

学生時代、地元の幼馴染
趣味の場で
学びの場で
職場で
ボランティアやNPOで
行きつけの店で


「行きつけの店で」って、なんかかっこいいですね!
多かったのは、学生時代や地元の友達と言う意見。
次が学びの場でした。

趣味の場にでも学びの場にでも、1回の出会いで
仲良くなれそうかどうかをキャッチするのは
難しいので、やはりある一定期間、ご一緒する
機会を持つことが必要なんですね。
加えて考え方やその人となりを語るような場面が
あると近づきたい相手かどうかが分かって、
なお良しといった感じでしょうか。

裏を返すと、誰かが語るのを聞くだけでなく、
自分も語った方がわかってもらいやすいという
ことでもありますね。


■ そのほか、こんなお話が出ていました。

・そもそも連絡先交換ってハードルが高いよね。
 →うんうん。勇気要るよね!

・お茶やランチって、何の話をして良いのやら。
 →あぁ、確かに話題に詰まったらどうしようと
  思うよね。

・相手がマウンティングしない人かどうかの
 見極めは大事だよね。
 →これは必須の見極めポイントだぁ!
  マウンティングする人とはお友達になったら、
  消耗するだけだものね!

・一泊旅行のハードルが高い人が多いとは
 思わなかった!
 →私もこれは意外でした。みんな結構気楽に
  行くのかなと思っていたので。
  私の場合はひとりになる時間がないとつらい
  ので、それを許してくれる人でないと
  泊まりは無理だなぁ。

・すごく良い友達にならなくちゃとか、自分といて
 楽しいって思ってもらえるかなとか、期待を
 高くしないのって大事だよね。
 →そうそう、まずはダメ元でのアプローチ、大事
  だね! お誘いして断られても、嫌われた
  わけではないしね!
  たまたまタイミングが悪かっただけの可能性の
  ほうが圧倒的に多いんだよね。
 
・急にたくさんの友達アプローチをしすぎた後、
 みんなからお誘いが来て受けきれなくなって困った。
 →これからは少しずつ、やってみよう!

・どうやって断る? (断るのって難しい・・・
 せっかく誘ってくれたのに。)
 →心苦しいけれど、断らなければならないことも
  あるので、お互い様って思えたらいいね!


■錦戸の感想

ほんと、みんな、ひとりひとりとの関係を大事に
思うからこそ、とても慎重になったりするんだね。
その慎重さが、なんか愛おしいなーと思いました。
各々ハードルがある場所はみんな違うのだけど、
そのハードルをどう下げるか、そんなヒントを
得た今回の会だったような気がします。

特に参加者のお一人が話してくださった
「期待しすぎない」はとても大きなヒントに
なりました。
相手に対して。場に対して。「友達になれたら
いいな」くらいの感覚で小さく種まきをして
みてはどうでしょう?


大人になってからの友達作り、どうでしたか?
何かヒントになったら嬉しいです!

※すみません! 当初3回連載のつもりでしたが
今回で終了です!

IMG_6462