久しぶりに週刊東洋経済を買いました。
といってもすでにそれから2週間近く
経っているのですが(>_<)

「『氷河期』を救え!」という、
なんとも上目線なタイトルにちょっと抵抗は
ありましたが好奇心に負けまして・・・。

期待していた以上に内容は濃いものでした。
東洋経済さん、ありがとう!

あまり内容を書いてしまうのもいけないのですが、
ひとつだけ心に染み入ったことを。


常見陽平さんの記事の最後、氷河期世代へ
支援への評価は? という問いかけに対し…

「彼らに光を当てたこと自体は高く評価できる。
対象者たちはこの20年もの間、国から
見捨てられたと感じている人たちだけに、
細かく場合分けして、きめ細かい対応を
行う必要がある。絶対に避けなければならないのは
人手不足の産業と機械的にマッチングさせるような
ことだ。効果的な支援には、彼らの尊厳を守る
ことが欠かせない。」

泣きそうになりました。
よくぞ言ってくださいました・・・。

この4月から3年間で650億円の予算が
組まれ、氷河期世代の支援が始まります。

この650億円をどう活かすのか。

当事者の方たちには、この650億円が
どう使われているのかを知って、できうる限り
ご自身のために利用してほしいと思います。

これからできるだけ、私も情報を見つけ次第、
ブログやTwitterでお知らせしていこうと思います。

現実的には、幻滅するような施策もあるでしょう。
でも、知ろうとしないと見過ごしてしまうものって
きっとたくさんあると思うのです。

650億円の使い道、しっかり見届けましょうよ!

〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜
3月5日夜、無料講座行います!
詳細はこちらをご覧くださいね♪
〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜


IMG_6624