<旅に出てわかること>
インドア派の私、そしてインドア派にも少し
優しくなったなと思うコロナ時代ですが、
やっぱり外に出ることも大事だなと感じて
しまったお話を書きますね。



先週夏休みをいただいて、久しぶりに遠方へ。
長野県で久しぶりの花火を見、岐阜県高山に
移って古い街並みを歩き、山梨県の山奥(西山
温泉)でのんびり過ごしてまいりました。

もともと引きこもり体質なのでそれほど外に
出なくてもなんてことはないのですが、今回の
旅はいろいろと考えさせられました。


一番大きかったのは最後に訪れた西山温泉への
山道。細い山道を多くのトラックが行きかう。
集中豪雨によるものか、山の斜面には大小の
土砂崩れが散見するのでその補修かと思ったの
ですが、そうではなくて近くを流れる早川で
採掘した砂や砂利を運んでいる様子。

びっくりしたのはその採掘場の数。ちゃんと
数えてはいないのですが、10か所はあったので
はないかと。
きれいな河川を削る採掘場の景色は痛々しく…。
こんなに採掘して、河川への影響はないの??


運んだ砂や砂利は都会のマンション建設ラッシュ
に使われるのかと思ったのですが、どうも
リニアモーターカーの建設に使われるのでは
ないか(トンネル工事ね)と思われます。

あれ? リニアモーターカーって本当に必要? 

リニアモーターカーを計画した時代に、まさか
こんなに移動の需要が減少する時代が来るとは
予想はできなかったと思うので、ケチをつける
つもりはないのですが、でもなんだろなぁ、
もやもやが収まらない…。

時代の変化が速いって、こういうことなのね。
長期的な予測を立てるのって、こんなにも
難しいことなのね…。


もっと身近なことでいうと、今回の旅の行き先は
直前に決めました。コロナのこともあったし、
お天気のこともあって、前々日くらいにやっと
行き先が決定…。

言葉にするのもつらいけれど、これから気象の
急変は避けられそうにないことを考えると、
長期的に先の予定を考えるのもハードルが高く
なったなーと、ますますインドア傾向が高まり
そうです…。


とはいえね、先ほど書いた早川の採掘場も旅に
出なかったら一生目にすることはなくて、
やっぱり外に出たからこそ気づけたこと。
ぼーっと外を見ながらも、考えなくちゃいけない
ことが目に飛び込んでくることだけは実感…。


あまり外に出たくないけれど、ネット情報に
頼ってよいとも思えないし…。

さて、これからどう生きていこうか…

FullSizeRender