ナルラ伯爵オーガストと秘密結婚したアップルだが、ハーキュリーズ神との契約の影響で正式な夫婦にはまだなれておらず、またアップルも新婚および伯爵夫人としての生活にはまだまだ不慣れな状態。そんな折、アップルの父に挨拶をするために実家に向かったふたりだったが、そこに現れたのはアップルの婚約者だというインカラ国の青年商人・アスラン。父が遭難前にアップルとの結婚を決めていたのだという。オーガストのこともあり婚約破棄を承諾する父だったが、当のアスランは諦めきれず、オーガストに決闘を申し込んできて……。

飲んだくれヒロインと下戸の青年貴族の結婚に暗雲が?なシリーズ2巻。

神のみぞ知る秘密結婚とはいえ、一応は夫婦となったアップルとオーガスト。しかしアップル側には婚約者が現れるわ、オーガスト側には没交渉かつ絶賛引きこもり中の義母がいるわでさあ大変。さらにアスランが契約しているヘスティアー神は、アップルのそばにいるディオニューソス神と因縁があるらしく、そっちのごたごたにも巻き込まれる羽目に。さらにそんな騒動の中、思うように距離が縮められないふたりはとうとう喧嘩。次々と問題が起こるという目まぐるしい展開ではあるのだが、喧嘩がふたりの距離を縮めてくれるエピソードにはほっとするやらニヤけるやら。しかも事件が解決し、ついにふたりは正式な結婚式を挙げることになるのだが、派手過ぎるとアップルが難色を示していた式のあれこれの意味がわかるエピソードもまたなんというかごちそうさまでしたー!ということで。


◇前巻→「杖と林檎の秘密結婚 神に捧げる恋の一皿」