大学受験のための勉強に励むタカシは、日々の生活が――受験勉強も含め――ルーティンワークであるということに気付いていた。そしてその日々の中で、なんとなく父を避けていることも。なるべく顔を合わせないように気をつけて生活しつつも、通学はなぜか父が車で送ってくれる。そのちぐはぐさもまたルーティンとなっている。しかしいつの間にそうなったのか、タカシには思い出せないでいた。大学進学を機に親元を離れることになるまで――職場から帰ってくる父の車の音が聞こえなくなるまでは……。(「父の足音篇」)

自動車メーカー「スバル」のTVCMとして放送されているショートフィルム「Your story with」の公式ノベライズ。

まず最初に思ったのは「なぜ秋田禎信がこれを手掛けたのか」というところなのだが、まあそれはさておき……帯に「ネットで泣けると話題!」とあるように、どれも「いい話」ではある。父と息子の微妙な関係を描く「父の足音篇」、仕事で会社が傾くほどのミスをやらかした会社員が「誠意」について考える「以心伝心篇」、写真家になる夢を諦めた男が、その夢をかなえた友人と再会する「路篇」、遠方の支社への転勤が決まり、新しい職場に戸惑う父親の姿を描く「新天地篇」、そして遠距離恋愛をしていた彼女との結婚を決意する男性が、彼女に会いに行くまでを描く「助手席篇」。

私はこのCMを見たことはないのだが、おそらく内容は最後まできちんと決まっており、それに沿って書かれているはず。しかし著者が著者なだけに、突然誰かが死んだり、何かに失敗したり、突拍子もないことを言い出すキャラが出てくるのではないかとひやひやさせられた……が、まあそんなことはないので安心して読んでほしいと思う(笑)。どれもストレートにいい話なので。