2度あることは3度あるということで(?)、本日もライブ行ってきた話です。今回は昨日5/11の話です。UNISON SQUARE GARDENの「TOUR2018 MODE MOOD MODE」広島公演@上野学園ホールです。今回はなんと1階の前方! おおーよく見えるー。とはいえ2階席だと全体がよく見えますが、1階席の前方だと自分のいる位置(今回は向かって左、たぶち側)の反対側とか、あと足元はあまり見えません。まあ普通足元を見る必要はあまりないんですが、たぶちさん終盤になるとひっくり返って歌うからさあ(笑)。

ユニゾンツアーの常として、やはり今回はほぼセトリの変動はなし。あ、でもアンコールのラストが変わってました。本編中にMCがないのも同じく。ちなみにアンコ時は多少MCがありまして、今回は「たぶちくんの忘れ物シリーズ」でした。毎回なにかしら忘れてわめき倒している(by 斎藤くん)んだそうで。今回も大変なものを忘れてしまって急遽広島のドンキで買い求めたそうですが(笑)、その間のみ腕組みをしつつ神妙な面持ちで頷いてたたぶち氏かわいい(笑)。まあそれ以外はいつものように目を剥いて暴れ倒してましたが。袖で見守るスタッフさんがちょいちょい苦笑してるのが見えましたよ。

ところで今のところ「夢が覚めたら」をやってないんですが毎回そうなんですかね? そうだとしたらなぜなんでしょうか。「夢」=ライブという捉え方をするならば、最終公演のラストに持ってくるとか……そういうロマンチックなことをしてくれそうな気もするししないような気もするし。

まあそんな感じで夜はライブだったわけですが、昼間は広島市内をうろふら。同行者がいたので一緒に広島風お好み焼きを食べたり、景気付け(?)にカラオケに行ったり、時間が微妙に余ったので喫茶店でアフタヌーンティーセットを食してみたり。あれ?食べてばかりでは?と思いましたがまあいいか。


*ここ1週間の購入本*
田村由美「ミステリと言う勿れ2」(フラワーコミックスα/小学館)
コースケ「GANGSTA.8」(バンチコミックス/新潮社)
荒川弘「アルスラーン戦記9」(KC別マガ/講談社)
紅玉いづき「悪魔の孤独と水銀糖の少女」(電撃文庫/KADOKAWA)
深沢仁「英国幻視の少年たち6 フェアリー・ライド」(ポプラ文庫ピュアフル/ポプラ社)
阿部智里「八咫烏外伝 烏百花 蛍の章」(文藝春秋)