先王が崩御して27年が経過している恭国。裕福な商家の娘である珠晶は、父を始めとする周囲の大人たちが昇山しないことに苛立ち、ついに家出して単身で蓬山へと向かう。途中で騎獣を奪われたりはしたものの、乾の街で偶然出くわした黄朱の猟尸師・頑丘を護衛として雇い、道中で知り合った旅の青年・利広と共に黄海へと向かうことに。しかし妖魔の潜む険しい山では苦難の連続で……。

シリーズ6巻は番外編的な長編。1巻や4巻よりはこれまた古い時代の恭国を舞台に、12歳の少女が王位を目指し昇山していく姿が描かれる。

これまでに作中で王となったのは慶国の陽子と雁国の尚隆だが、どちらも胎果であり、それぞれの麒麟が蓬莱に迎えに行って登極しているため、一般的(?)な国王選定の流れが描かれるのは本作が初めて。1年のうちに決められた日にしか出入りできず、妖魔が跋扈し人が生きていくには過酷すぎる黄海という山を、その地に詳しい大人が付いているとはいえ、12歳の少女が向かうとなると想像を絶するものがある。そんな無謀な賭けに挑む珠晶はしかし、年のわりには大人びた考え方の持ち主。身近なところでは自身と周囲の貧富の差に疑問を持ち、旅の中では頑丘のやり方に反発しつつも、その身をもって意図に気付く珠晶は、単なるワガママお嬢様ではなく、統治者の器を持つ者としてどんどん成長を遂げていく。だからこそ訪れた結末は納得のひとことだし、そこで珠晶が発した台詞にはある意味すっとさせられるものがある。

それはそれとして、この結末には同時にもうひとつ疑問が湧く――なぜ供麒は珠晶を自ら迎えに行ったのか。供麒に限らず、麒麟たちの中にはなかなかやってこない王にしびれを切らしたのか、自ら山を下り、王を探しに行くことがあるらしい。だとしたらなぜ最初からそうしないのか――昇山というシステムは王たる者を選別するためのふるいであるはずなのに――少なくとも皆そう思っているはずなのに――、この麒麟たちの行為はシステムそのものを意味のないものにしてしまう。これは物語世界の綻びの一部なのか、それとも昇山というのはそういうシステムではないという意味なのか……謎は深まるばかり。


◇前巻→「丕緒の鳥」