kaze no tanbun 特別ではない一日
我妻俊樹
柏書房
2019-10-28

西崎憲による書き下ろし「短文」アンソロジー第1弾。小説でも、詩でも、エッセイでもあるし、そうでもないような「ただ短い文」が収録されている。以下、特に気に入ったものをいくつか。

◇山尾悠子「短文性について機廖崙鵜供
気肋説風、兇魯┘奪札どの短文。気暴个討る鳥のエピソードは「小鳥たち」を彷彿させると同時に、最後の「びんがびんが」という台詞がなんとも愉快な気持ちになってくる。

◇岸本佐知子「年金生活」
おそらく遠い(もしくはわりと近いかもしれない)未来、人口は減り、国としてもほとんど機能していない日本で、ある老夫婦のもとに届いた「ねんきん」とはいったい何だったのか。でもこれが夢だったとしても、確かにそれでもいいような気がする。少なくとも戸棚に隠されたモノの存在を意識しなくてもよくなったという点では。

◇勝山海百合「リモナイア」
母親と檸檬の木のエピソードが印象深かったのか、勢宇の家に檸檬の鉢植えを持って行った「わたし」。果たして出迎えてくれた勢宇の正体は……という不思議な作品。急に展開ががらっと変わるのがなんとも。

◇皆川博子「昨日の肉は今日の豆」
老化と共に肉体の一部が豆化していく。その豆を狙って雀たちがやってくるので、老嬢は宿六と自分の豆化した部分を今日も雀たちに与えていく。何もない日々のありふれた出来事――タイトル通り、「特別ではない一日」の風景。

◇谷崎由依「北京の夏の離宮の春」
北京を訪れている日本人作家は、友人であるドイツ人作家と英語でしゃべりながら頤和園――「オールド・サマー・パレス」へと向かう。かの西太后ともゆかりのあるこの庭園を巡りながら、作家の頭の中では様々な言語が渦巻いている。中国語、日本語、ドイツ語、英語。中国語の表記を日本語読みすると自分にとってはわかりやすいが、それではドイツ人である相手には伝わらない、そのもどかしさ。

◇藤野可織「誕生」
子供が生まれてすぐの時期は、母親はベッドに繋がれて動けない。しかしそこはかとなく漂うのは違和感――救急車のサイレンが頻繁に聞こえるのはここが病院だからか、それとも別の理由があるのか。個室のブラインドを開けてもらえないのはなぜなのか。スマホの電源は落ちていて、外部との連絡手段はない。夫が仕事を早めに切り上げてやってきたのはいったいなぜか。ひとつひとつの事象には納得できるけれど、最後の最後までどこか疑念が拭えない、まるでボタンを掛け違えているのにそれに気付けないままというような、不穏な空気がたまらない。

◇西崎憲「オリアリー夫人」
パーティーを開いてくれた「王冠くん」の友人が語る、「オリアリー夫人」なる人物の逸話。くちぐちに語られるそれは真実なのか、それとも作り話なのか。煙に巻かれたようなその語りの後に「王冠くん」がいなくなったのは、偶然なのか、それとも。