昨日は日曜日だったんですが半日出勤でした。暖房が入ってなくてわりと寒かったのですがなんとかやりすごし、夕方には行ってまいりましたユニゾンのB面集レコ発ツアー「Bee side Sea side〜B-side Collection Album〜」岡山公演へ。場所は岡山市民会館です。

ツアータイトルの通り、最新分を除く全シングルのカップリングのみを集めたアルバムのツアーということになっていますので、本当に!本当にカップリング曲しかやらないんです。もちろん先月リリースされた新曲もやりません。ライブ定番曲もやりません。コンセプトが思い切ってます。今年はユニゾン結成15周年の記念イヤーということですが、トリを飾るツアーがこれというのがまたユニゾンらしいひねくれ方です。

まあそういうわけですので基本的にライブ映えするような盛り上がりの激しい曲というのはあまりなく、そのへんは以前から本人たちも心配しているというようなことをちょいちょい言ってはいましたが、これはこれで楽しいライブでした。まあたぶちがちょっと暴れ足りてない感じもしなくはないですが(笑)。

ちなみに個人的にカップリング曲群の中でベスト3に数えたいのが「5分後のスターダスト」と「三日月の夜の真ん中」と「セク×カラ×シソンズール」なのですが、なんとこの日は全部やってくれたのでもう思い残すことはありません。「5分後の〜」なんてかれこれ5〜6年ぶりにライブで聴いたので懐かしさも半端ない。そういう感想が年寄りめいているなあ……と思いつつ(笑)、でも本当に、15周年をお祝いするという点ではとてもよいライブだったなあと思いました。来年のご活躍も楽しみにしております。


*ここ1週間の購入本*
清原紘「十角館の殺人1」(アフタヌーンKC/講談社)
赤江瀑「オイディプスの刃」(河出文庫/河出書房新社)
宮部みゆき「この世の春 全3巻」(新潮文庫/新潮社)
山本瑤「君が今夜もごはんを食べますように」(集英社オレンジ文庫/集英社)
辻村七子「宝石商リチャード氏の謎鑑定 公式ファンブック エトランジェの宝石箱」(集英社)
松崎有理「イヴの末裔たちの明日」(東京創元社)