元日に福袋を買って「これで今年1年間は美味しいお茶が飲めそうです」などと言った矢先の話で大変恐縮(?)なのですが、ルピシアに寄ったら新作のスイーツ系紅茶なるものが出てたのでつい買ってしまいました。ええもうふらふらっと……。

20200118紅茶

言い訳をさせていただきますと、ボール型茶こしの網が破れてしまい、お茶を入れると葉が漏れ出てくるようになってしまったので、新しいのを買いに行ったわけですよ。したらば入口のところにばーん!と置かれていたのでもう気になってつい(笑)。ちなみに左が「オペラ」、右が「柚子ショコラ」です。どちらもおいしそうだ。ティーバッグタイプなのですぐ終わると思いますし!ね!?

……とかなんとか言いつつ、レジで店員のおねえさんから「バレンタインが終わるころには新作の《さくら》も出ますのでぜひお越しくださいね(にっこり)」とされてしまったのでまたしてもつられてしまいそうです(笑)。


*ここ1週間の購入本*
入江亜季「北北西に曇と往け4」(ハルタコミックス/KADOKAWA)
佐原一可「華天楼夢想奇譚〜八月の海市の物語〜」(二見サラ文庫/二見書房)
綿矢りさ「ウォーク・イン・クローゼット」(講談社文庫/講談社)
瀬戸晴海「マトリ 厚労省麻薬取締官」(新潮新書/新潮社)
野梨原花南「マルタ・サギーは探偵ですか?設定資料集」(自費出版物)

20200118本

「講談社文庫×クリエイターフェア」という企画が昨年11月から始まっていたようで、なんとなく気になったので1冊手に取ってみました。10〜30代の男女に人気のあるモデルやデザイナー、イラストレーター等とコラボしたカバーを計12作品に付けるという企画のようです。なんとなくヴィレヴァンとかに置いてありそうな感じに仕上がっています。専用の黒い箱に収めた状態で陳列してあるのもなかなかかっこいいです。しかもこの箱は作品ごとに仕切られていて、何も入っていない部分には「品切れ中」的なメッセージもあってわかりやすい。なかなか面白い試みだと思いました。