ワン・モア・ヌーク (新潮文庫)
藤井 太洋
新潮社
2020-01-29

日本政府の要請で、東日本大震災における福島原発事故のレポートをまとめていたIAEAの技官・舘埜健也。そんな彼のもとに、CIAの調査員であるシアリー・リー・ナズが突然現れる。彼女が告げたのは、1年半前のシリアでの調査中にふたりを罠にかけ、爆殺しようとしたISISのテロリスト・イブラヒムが核爆弾の原料であるプルトニウムを日本に持ち込んだという知らせだった。一方そのころ、日本に入国したイブラヒムを、モデルでデザイナーの但馬樹が出迎えていた。――そして3月9日、但馬の企図通り、「原子爆弾の予告」と題された動画がアップロードされる。それは3月11日の0時、都内のある場所で原爆テロを起こすという宣言だった……。

「yom yom」vol.38〜46にて連載されたサスペンス長編の書籍化。2020年3月11日――まさに現在!――に予告された原爆テロと、それを阻止しようとする人々の奮闘が描かれてゆく。

日本人の但馬とウイグル出身のシェレペット、そしてテロリストであるイブラヒムたちが企てたのは、東京都内での原爆テロ。これを事前に察知したCIAのナズとIAEAの舘埜、そして別件でシェレペットを捜査していた公安部外事2課の早瀬と高嶺は、はからずも事件の最前線に立つこととなる。但馬がわざわざテロリストを日本に呼び寄せてまでテロを起こそうとした理由は、爆発予定日である「3.11」――東日本大震災と密接に繋がっていたが、その真意を見抜けていたのは舘埜たちと早瀬たちのみだったからだ。まさに最初から最後まで、舘埜たちや早瀬たち、イブラヒム、そして読者であるわたしも含め、但馬に翻弄され続けたといっていいこの物語は、彼女の独白でひとまずの幕を下ろす。自らの行為が確実に死刑に問われることをわかっていてもなお、彼女を動かしていたものはいったい何なのか――その「答え」はまさに現在、等しく目の前に横たわっている大きな問題に違いない。