phantasmagoria

読んだ本のこと、それ以上に買った本のこと、ときどきライブのことを書き散らかしてみたりする。

タグ:藤野可織

kaze no tanbun 特別ではない一日
我妻俊樹
柏書房
2019-10-28

西崎憲による書き下ろし「短文」アンソロジー第1弾。小説でも、詩でも、エッセイでもあるし、そうでもないような「ただ短い文」が収録されている。以下、特に気に入ったものをいくつか。

◇山尾悠子「短文性について機廖崙鵜供
気肋説風、兇魯┘奪札どの短文。気暴个討る鳥のエピソードは「小鳥たち」を彷彿させると同時に、最後の「びんがびんが」という台詞がなんとも愉快な気持ちになってくる。

◇岸本佐知子「年金生活」
おそらく遠い(もしくはわりと近いかもしれない)未来、人口は減り、国としてもほとんど機能していない日本で、ある老夫婦のもとに届いた「ねんきん」とはいったい何だったのか。でもこれが夢だったとしても、確かにそれでもいいような気がする。少なくとも戸棚に隠されたモノの存在を意識しなくてもよくなったという点では。

◇勝山海百合「リモナイア」
母親と檸檬の木のエピソードが印象深かったのか、勢宇の家に檸檬の鉢植えを持って行った「わたし」。果たして出迎えてくれた勢宇の正体は……という不思議な作品。急に展開ががらっと変わるのがなんとも。

◇皆川博子「昨日の肉は今日の豆」
老化と共に肉体の一部が豆化していく。その豆を狙って雀たちがやってくるので、老嬢は宿六と自分の豆化した部分を今日も雀たちに与えていく。何もない日々のありふれた出来事――タイトル通り、「特別ではない一日」の風景。

◇谷崎由依「北京の夏の離宮の春」
北京を訪れている日本人作家は、友人であるドイツ人作家と英語でしゃべりながら頤和園――「オールド・サマー・パレス」へと向かう。かの西太后ともゆかりのあるこの庭園を巡りながら、作家の頭の中では様々な言語が渦巻いている。中国語、日本語、ドイツ語、英語。中国語の表記を日本語読みすると自分にとってはわかりやすいが、それではドイツ人である相手には伝わらない、そのもどかしさ。

◇藤野可織「誕生」
子供が生まれてすぐの時期は、母親はベッドに繋がれて動けない。しかしそこはかとなく漂うのは違和感――救急車のサイレンが頻繁に聞こえるのはここが病院だからか、それとも別の理由があるのか。個室のブラインドを開けてもらえないのはなぜなのか。スマホの電源は落ちていて、外部との連絡手段はない。夫が仕事を早めに切り上げてやってきたのはいったいなぜか。ひとつひとつの事象には納得できるけれど、最後の最後までどこか疑念が拭えない、まるでボタンを掛け違えているのにそれに気付けないままというような、不穏な空気がたまらない。

◇西崎憲「オリアリー夫人」
パーティーを開いてくれた「王冠くん」の友人が語る、「オリアリー夫人」なる人物の逸話。くちぐちに語られるそれは真実なのか、それとも作り話なのか。煙に巻かれたようなその語りの後に「王冠くん」がいなくなったのは、偶然なのか、それとも。

爪と目爪と目
藤野 可織

新潮社 2013-07-26
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「あなた」は特に深い理由もなく「わたし」の父と不倫をし、そして「わたし」の実母が亡くなった後に、父の願いに応じて「わたし」の家にやってきた。手がかからないようしつけられてきた「わたし」に、それまで禁じられてきたスナック菓子を与え、とりあえずやるべきことを淡々と指示し、幼稚園の送迎をするだけの「あなた」。父はやがて別の女と浮気をするようになったが「あなた」はそれを責めるでもなく、ひょんなことから知り合った古本屋の男と浮気をするようになる。けれどそれも父に対抗したいがためというわけではなく、ただの成り行きに過ぎなかった。そんなある時、「あなた」は家にある家具や食器などが、前妻のこだわりによって統一されたものであることを知り、それを追求するようになって……。

表題作「爪と目」は第149回芥川賞受賞作。その他、「しょう子さんが忘れていること」「ちびっこ広場」の2作を併録した短編集。

「爪と目」は、幼稚園児の「わたし」の視点で描かれた、継母である「あなた」の物語。そして自分と継母の関係を描く物語でもある。
「わたし」は淡々と、幼稚園児らしからぬ観察力でもって「あなた」のすべてを語ってゆく。父親と「あなた」の浮気、実母の死、やってきた「あなた」との暮らしぶり、「あなた」の新たな浮気、そして「あなた」がネットでインテリア選びに没頭してゆく姿。「あなた」はどこまでも受け身で、どこまでも自分の意志というものがなく、ただ流されるままに生きているように見える。そしてそれが周囲の人々から――特に男たちから許されている節があった。そんな「あなた」が突然熱中し始めたのがインテリア選び。まるで亡き「わたし」の実母――前妻が乗り移ったかのような、あるいは彼女の生き方を無意識に引き継いでいくような熱心さでもって、元からある家具類に見合うベッドを買い直し、服を買い、観葉植物を飾る。そんな「あなた」を、「わたし」は爪を噛みながら――実母の死以来、その癖がついてしまった――見つめていた。

「わたし」の実母は、寒さの厳しい日にベランダで死んでいた。それ以来、「わたし」は精神の均衡をどこか欠いてしまったのか、しきりに爪を噛むようになった。そしてベランダを恐れるようになった。「あなた」にスナック菓子を与えられるようになってからは爪を噛む回数が減ったものの、何かが改善されたわけでもない。そしてその均衡は、「あなた」によって「わたし」がベランダに締め出されたことで容易く崩れてしまう。淡々とした「わたし」の語りが、彼女が継母に抱いていた感情、そしてそれまで閉じ込めてきたあらゆるものを剥き出しにしてゆく。「わたし」の成長と共に心のどこかで確実に育ち続けていた、無意識の嫌悪感の発露――そんな結末の恐ろしさを否が応にも感じさせられるという点で、二人称という特殊な語りの効果が最大限に発揮されているように思えた。

超弦領域 年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)超弦領域 年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)
日下三蔵

東京創元社 2009-06-25
売り上げランキング : 3713

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「虚構機関」に続く、2008年度版のSFアンソロジー。漫画や短歌を含む全15作を収録。特に気に入ったのは以下の作品。

・法月綸太郎「ノックス・マシン」
私が推理小説を基本的に読まない人間のため、「ノックスの十戒」などは初めて知った。
それを差し引いてもかなり面白い短編。卵が先か鶏が先か、という話だと思えばいいのかな? 「数理文学解析」というテーマ自体がなかなか興味深い。

・津原泰水「土の枕」
戦時中に故意に「入れ替わった」おかげで数奇な運命をたどることになる男の一生を描く短編……なのだが、どこがSF?と思ってしまうのは編者の言葉通り。その「不思議に感じさせられたこと」、それ自体がSFなのかも。

・藤野可織「胡蝶蘭」
生きている胡蝶蘭の話。ちょっとホラー。これが収録されている作者の作品集「いやしい鳥」は積みっぱなしだったりする。

・岸本佐知子「分数アパート」
前回に引き続き、またしてもエッセイ。アパートの1階が分母、2階が分子となり、共通項を持つ人間が1階と2階にそれぞれいると相殺されて消えてしまうらしい。怖い。

・円城塔「ムーンシャイン」
この傑作選のための書き下ろし。門外漢すぎて、「ムーンシャイン予想」云々を、私が細部まで把握していたとは死んでも言えない。でもそれを差し引いても「なんとなく面白い」と思えてしまうのはいつもの通り。意外とこの作品もボーイ・ミーツ・ガールものだったりするところがいい。続きを読む

このページのトップヘ