2007年09月04日

メンツ紹介

ハト
 キジバト〔2007年2月27日 庭にて撮影〕


庭で、或いは、庭から見られる動物たちを紹介します。
写真撮影できれば、掲載したいけれど、難しいです。
今日も、タヌキに逃げられました。

庭に来るメンツ
キジバト(つがい)、タヌキ(二匹組)、ハクビシン、ハシブトガラス、
シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、ウグイス、コゲラ、スズメ
(アオダイショウ)

庭から見られるメンツ
尾長、コジュケイ、コウモリ、ツバメ、トビ、ハクセキレイ

実は、名前の分からない鳥もまだたくさんいます。

このキジバトは、時々徽宗皇帝の《桃鳩図》をまねるかのように、
曲がった枝に悠然ととまってくれたりします。

以前、電話している最中にコジュケイのママが雛を連れて庭を歩く
姿を見て驚き、友達にそのまま実況中継したこともありました。

薄紅の山桜の前を青い尾長が飛び過ぎる景色は、そのまま一枚の絵のようでした。

ウグイスの子どもは親よりもかなり緑色が濃く、まるで葉そのもののような姿でした。

日々、いろんな御使いが山からやってきます。
彼等の住まいは、どうなってしまうのでしょうか?


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

usako986

里山の記憶バナー
ご賛同くださる方はお持ち帰りください
その際ご一報いただけると嬉しいです
ワンクリックのお願い
にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
最新コメント
  • ライブドアブログ