2007年09月05日

バラの名前

ばら
 ノイバラ〔2007年5月 庭にて撮影〕


山からの贈り物?
どこからやってきたのか、ある時、突然芽を出し、
いつのまにか花を咲かせるようになりました。
きっと、ヒヨドリが運んできたのでしょう。

ノイバラは、「バラ科の落葉低木。北海道から九州まで分布。野や森でよく目にする
野生のバラ」だそうです(参考:おくやまひさし『里山図鑑』)。
きよらかで透き通るような白い花、香はかなり濃厚です。

先日、若冲展で「これはバラじゃないよ」と怒っていた観覧者がいたけれど、
日本にあるバラは野生種が主流で、漫画によく描かれるバラは近代に
なって輸入された園芸品種だと思います。

この一重のバラは室町時代の絵画の中にも確認できます。

庭にはどこからやってきたのか、いろんな山からの贈り物が咲きます。
これからも、紹介してゆく予定です。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 小シマ   2007年09月05日 21:56
バラっていうと花束になるものしか知らなかったけれどこんなに可憐なの素敵ですよね私は香水とかの香りはキツイなあって思う事多いですが、花の香りは結構平気・・・好きかも
普通の花だとフリージアの香りはクンクンしちゃいます。
2. Posted by usako   2007年09月06日 09:48
こんにちは〜。
バラ科のものは、夜の方が香りたつみたい。梅の花が受精したりすると、香が変化すると感じるのだけど錯角かな?
最近は、花屋さんでもモッコウバラが人気だったり、野生種に近いバラもだんだん親しまれてますね。私も、このノイバラのお蔭で、野生種のバラを知りました。日にちが経つと真ん中がうっすらピンク色になりますよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

usako986

里山の記憶バナー
ご賛同くださる方はお持ち帰りください
その際ご一報いただけると嬉しいです
ワンクリックのお願い
にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
最新コメント
  • ライブドアブログ