無線LANの設定


問5 無線LANの設定に関する~

P社では、営業部門の執務スペースを、空いている~

設問1
(a)

IEEE802.11gでの媒体アクセス制御方式
まぁふつうに考えて
CSMA/CAかCSMA/CDが考えられますが
CSMA/CDは1本のケーブルを複数のノードが共有して~みたいな感じなんで
ここは無線なんで
CSMA/CA

(b)
クライアントからのフレームを受け取った後に返信するものは
ACK
SYNは接続を開始するさいに送るやつ。

設問2
(1)

社員に配布するノートPCを均等に四つのグループに分け、
グループごとに異なるESSIDを設定

各アクセスポイントには、各グループのノートPCに設定した4種類のESSIDのいずれかを重複しないように設定

ESSIDが一致する端末としか通信できないようにすることができるので
①、③を行うことによって
ある特定のPCは特定のアクセスポイントでしか接続できないようにしているので
一つのアクセスポイントに集中するのを防いでますね。
よって
「通信が特定のアクセスポイントへ集中することを避けること」

(2)
DHCPサーバに設定されているIPアドとMACアドの情報に基づいて
IPアドレスを決定しているので
DHCPサーバに設定していないMACアドレスをもった機器は接続できないことが分かる。
ってことは自分で勝手にもちこんだPCはIPアドレスを決定できないので、
ネットに接続できませんね。
以上より
「所定外の機器をネットワークに接続させないため」

設問3
(c)

ESSIDを隠蔽する機能は、ステルス機能なので

まぁ知らなくてもステルスっていう英単語の意味からなんとなく分かりますね。

(d)
ESSIDが一致した場合のみ接続を許可してますね。
ってことは違ったら拒否するので
ANY接続拒否 ですね

設問4
ア→L3スイッチとL2スイッチ1との間の回線が切断したら
実戦の経路だけならL2スイッチ1がL3スイッチと通信できないので
破線の経路に切り替わります。
二つあるけど一つあれば経路できるから一つでいいし
A,Bの方がC,Dより優先度高いから
A,Bに方に切り替わるのかな。

イ→上と同じように考えて
一つでいいので、C,Dの経路はいらない
二つ経路作ったらループできちゃってブロードキャストストーム発生。

ウ→A,Bの方が優先度高いから間違い。

エ→実線の経路が切断されたら、破線の経路に切り替わるところからも
経路が冗長化してることが分かる。

オ→書いてあることほとんど正しいけど
瞬時ってところが違うかな。
経路の切り替えけっこう時間かかるし。