<毎日社説:「次の扉へ 日本外交の構想力 国際協調を先導できるか」>
誰に読んでもらいたいのですかこの社説。
私が日本外交の構想力をいくら勉強しても何の意味はありありません。
安倍政権ですか、毎日新聞社の注文は、それとも野党に対してですか。現在の野党に外交を満足にやってゆく能力がありますか、毎日新聞社殿。
 
 
<毎日社説:「次の扉へ 日本外交の構想力 国際協調を先導できるか」>
 今年は日本を舞台に外交が目まぐるしく動く。
 6月に大阪で主要20カ国・地域(G20)首脳会議、8月に横浜でアフリカ開発会議(TICAD)があり、10月には新天皇の「即位の礼」に伴う首脳外交などが控える。
 国際的な政治や経済の課題に解決策を示し、途上国への支援をうたう。新時代を迎えて晴れやかな日本の姿を世界に披露する機会にもなろう。 ・・・
深まる同盟のジレンマ
米中露とのバランスを
 競い合う大国がそれぞれ同盟を形成する際、「第三国はより強い国を選ぶ」という「バンドワゴン」の力学が働く。国際社会で米国の地位が低下し、中露が台頭する中、途上国への目配りは欠かせない。
 アフリカには日米中からの投資が集中する。日本には近代的なインフラ、質の高いサービスなどのノウハウがある。だが、覇権争いに映れば地域に分断をもたらすだけだ。
 他にも核軍縮など世界の多くの課題は多国間の協力なくして解決できない。安定した秩序構築に向け国際協調を主導してほしい。2019年1月6日
https://mainichi.jp/articles/20190106/ddm/005/070/037000c
<01月06日 各新聞社社説一覧>・http://editorial.x-winz.net/ed-date/2019/0106