<朝日社説:「巨大IT企業 消費者視点のルールを」>
総論は賛成です朝日新聞社殿。しかし各論が全く欠けています、朝日新聞社殿。
まず何をすべきなのですか具体的に。
 
 
<朝日社説:「巨大IT企業 消費者視点のルールを」>
 インターネット上の様々なサービスは、今や日々の生活に欠かせないインフラだ。その多くを一握りの巨大IT企業が提供している。市場の独占や不透明な運営で消費者の利益が損なわれないようにする必要がある。
 政府は未来投資会議で、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備の基本原則」を決めた。プラットフォーマーとは情報技術やデータを使い、ネット上にサービスの「場」を提供する事業者を指している。米国のグーグルやアマゾン、フェイスブック、アップル、日本企業では楽天やヤフーが念頭にある。・・・
 ルール整備にあたっては、技術の進展を妨げず、新規参入が起きやすくなるような観点は必要だ。だが、旧来型の産業政策のような政府による「育成」路線は無益であることを、忘れるべきではない。2018年12月25日
https://www.asahi.com/articles/DA3S13826262.html?ref=editorial_backnumber
 
<【環球異見】岐路に立たされるGAFA 仏紙「苦悩した『波乱の1年』」、米紙「プライバシー保護の立法必要」>・2018.12.31
https://www.sankei.com/world/news/181231/wor1812310004-n1.html
<12月25日 各新聞社社説一覧>http://editorial.x-winz.net/ed-date/2018/1225