またまた久々の投稿になってしまった。

今回はさいたま市と関係あるようなないような話だが、今世間の話題となっている「枝野新党」である。

fvmpSQk1_400x400
画像:立憲民主党ツイッターページより

立憲民主党、という名前は明治の政党のようであるが、ことの顛末はご存知の通り。

民進党の代表選で埼玉・大宮の枝野幸男氏と京都の前原氏が争った挙句前原氏が勝利を収め、その直後に自民党の安倍首相が衆院解散総選挙を決定、選挙対応を決める中で民進党の前原新執行部は民進党公認候補の非擁立と小池百合子東京都知事率いる希望の党に公認をもらっての民進党議員の選挙出馬を決定した(ここで重要なのは、報道では民進党の事実上の解党などと言われているが、解党ではなく民進党議員が民進党議員のまま希望の党公認で選挙に出ているということである)。しかし希望の党の小池氏は希望の党からの公認を与えるにあたって民進党の左派議員を排除すると宣言、排除された議員の選挙の受け皿として前原氏と戦っていた枝野氏が新たな政党である立憲民主党を立ち上げた、ということである。

選挙のためにこれまで反対して来た安保法制に急に賛成するなど、希望の党に合流するために政策を180°転換させた民進党議員への呆れが広がったり、これまで通り左派リベラルとしての主義主張を通した枝野氏に勝算の声が集まったりもしているが、そういう主義主張の是非はさておき、形式的には、民進党の大部分の議員が希望の党との共闘を望む中で比較的少数の議員が左派リベラルの主張を続けるために脱党したという形になっている(主義主張という意味では転換したのは民進党本体の方かもしれないが、形式的には離脱したのは枝野氏らなのである)。

元々の民進党の中にも実は左派リベラルだけではなく憲法改正に積極的な議員などもおり、そもそも民進党が左派一辺倒の政党ではないということにも配慮が必要だ。最終的にどれだけの人数が枝野新党に集まるかはまだ分からないが、今のところ、希望の党から公認を受けた大多数の議員は希望の党がこれ以上劣勢にならない限り今回の選挙は希望の党から出馬するという方針は変えないだろう。


さて、そこで本題に入るとする。このブログとの関係で気になるのは、枝野新党の分立がさいたま市政に及ぼす影響である。


さいたま市周辺の衆院選挙区を見ると、


埼玉1区:見沼区(旧大宮)の大部分浦和区(旧浦和)、緑区(旧浦和)岩槻区(旧岩槻)

埼玉5区:西区(旧大宮)、北区(旧大宮)、大宮区(旧大宮)、見沼区(旧大宮)の一部中央区(旧与野)

埼玉15区:桜区(旧浦和)、南区(旧浦和)、川口市の一部、蕨市、戸田市

となっている。

今回の選挙でこれらの選挙区を地盤にする民進党議員の動きを見てみた。

埼玉1区:武正公一氏が希望の党公認で出馬決定

埼玉5区:枝野幸男氏が立憲民主党を設立して出馬、対する希望の党は刺客として新人高木ひでふみ氏を擁立

埼玉15区:高山智司氏が希望の党公認で出馬決定

つまり、1区と15区(主に浦和地域岩槻地域)では武正氏、高山氏といった旧民主党→民進党で戦って来た議員が希望の党公認で出馬し、5区(大宮地域与野地域)ではこの地域の民進党のドンとも言える枝野氏が民進党から離脱して新党を立ち上げた上で出馬し希望の党から刺客を送られているのである。

旧大宮地域北区のさいたま市議会無所属議員、吉田一郎氏のツイッターによれば、少なくとも立憲民主党設立前夜の時点で民進党議員の一部が枝野氏の演説の手伝いをしているなどという情報もあり、今回の衆院選を機にさいたま市内の民進党議員(会派名は民進改革)が地域によって枝野支持派と武正/高山支持派に分かれ結果として(本人たちは望まぬかもしれぬが)衆院選では刃を向けあう関係に陥る可能性が出てきた。


少なくとも枝野人気の強い大宮地区では枝野氏への同情・応援票が相当数集まると見込まれるから、地元の民進党議員として民進党執行部が送り込んでいるに等しい新顔議員を推すよりは、"勝てる"枝野氏を推したいという心情が働くだろう。ただしこれには民進党執行部からの制裁や民進党からの離党を覚悟しなければならない。



前回の記事でも触れたように、2017年春のさいたま市議会自民党の分裂以降、(少なくとも2017年9月以前の段階で)枝野氏の下で一つにまとまっていると思われる民進党議員と自民大分裂によってこれまでの反清水市長姿勢から反転し市長与党に寝返った自民真政(自民党大宮・与野派)、それにどこでも「時の政権与党」に与する公明党(国政では自民党と、都政では都民ファーストと、さいたま市政では民進党と実質的に連立している)が強大な清水与党を形成して来た。


その勢力図は下記の通りである。

図2


かつては、例の武蔵浦和への新幹線停車を主張している浜口けんじ氏がそれでも大宮駅がさいたま市の玄関と踏絵を踏む発言をしていることからも推察されるように民進党内部では(圧倒的な影響力を持つ枝野氏の影響下かどうかは断定はできないものの)大宮・与野派が浦和・岩槻派を統制する一方で、自民党内部では浦和・岩槻派が大宮・与野派を支配するというゆがんだバランス政治になっていたと観測される(自民党内の青羽氏をはじめとする浦和派による統制に関しては無所属の吉田氏も強く批判、反発していた)。

大宮出身の清水市長に与する勢力と反対する勢力という構図で見ると、民進党+公明党の大宮派与党27人に対して自民党の浦和派野党23人というバランスになり、人口バランスとはやや逆ではあるもののそれでもどうにか浦和/大宮バランスが保たれていたのである。

それが浦和サイドの自民党支配に不満を爆発させた自民党の大宮・与野勢(つまり埼玉5区の勢力)が民進改革とともに清水与党に寝返ったことでバランスは大きく崩れ、端的に大宮派と浦和派で議会を分類すると、

大宮派清水与党が民進党、公明党、自民真政を併せて35人+大宮派無所属が元々無所属の吉田氏と自民党から離党した高子氏の2人

それに対して浦和派議員は自民党の浦和・岩槻派14人と無所属議員川村氏1人

というバランスになり、人口面ではさいたま市内で最大多数を占める浦和地域の利害を主張する議員がたったの15人という状況、裏を返せえば人口面で浦和地域にやや劣る大宮地域の利害を主張できる議員が倍以上の37人を占める強大な大宮与党体制ができているのである。


ここでさらに民進党が1区+15区vs5区で分裂するとどうなるだろう。


図3


もし民進党議員の内枝野氏に近い5区の議員がそのまま民進党を離脱して立憲民主党に合流する、ないしそこまで行かなくても希望の党がすでに5区に対立候補を擁立してしまっている今回の選挙で露骨に枝野氏を支援することになれば、現下さいたま市議会の最大会派を形成する民進改革は見事に浦和大宮分裂を起こしてしまうことになりかねない。少なくとも1区と15区(つまり浦和・岩槻地区+α)では旧民主党→民進党の候補が希望の党公認で出ているから、民進改革の浦和・岩槻地域の議員8人、あるいはこれに埼玉1区に入っている見沼区(1区では唯一の旧大宮地域)の議員を加えた10人が民進改革に残留、一方で大宮・与野地域の民進改革議員8人、ないし少なく見積もって5区エリアの6人が民進改革から事実上離脱せざるを得なくなる可能性がある。


もし仮に民進党の分裂を経て浦和・岩槻派の民進改革議員が浦和・岩槻寄りの政策に転換するようなことがあれば、議会は再び党派と地域派閥が捻じれたままバランスをとるというさいたま市らしい党派構造に逆戻りする可能性がある。その場合浦和・岩槻派が自民・民進改革・川村氏を合わせて23~25人、大宮・与野派が立憲民主と自民真政、吉田、高子氏を合わせて16~18人という皮算用になるが、一般的には民進党から"離脱"手続きを取ることになるのは大宮・与野サイドの方なので(ここで、党の主義主張の一貫性とは関係なく形式的には離党するのは前原氏サイドの民進党ではなく枝野氏サイドの立憲民主党であるという最初の話に戻るのだが)、実際には大宮・与野サイドに入る立憲民主勢はより少なくなる可能性が高いし、あるいはもちろん浦和・岩槻地域で地元の武正・高山氏よりも全国区で知名度のある枝野氏を頼って立憲民主に加勢する勢力が出ないとも限らない。

そうなると足場を失って路頭に迷うのは公明党と、清水市長本人である。


特に現在清水市長の迷いは深いに違いない。自身の最大の支持基盤である政権与党の中心、民進党が分裂し、その最大の"集票マシーン"である枝野氏が分裂した後の"民進党ではない方"に入ってしまったのである。順当にいけば清水氏は今後も民進党本党と手を組み続けることになるわけだが、それが良いのか、それとも集票マシーン枝野氏を追うのが良いのか…。


清水氏の行動を追うのが目的ではないが、こんな写真を見つけた。


図1

こちらは民進党武正公一氏のツイッター記事に出ていた写真である。民進党の野田氏、上田埼玉県知事と並んで清水市長が応援にかけつけているのだが、心なしか清水市長の表情が暗いと言ったら勘ぐりすぎだろうか?まあ単に公務で疲れているだけなのかもしれないが。

一方の枝野氏のツイッターや公式ホームページを見ると、今のところ清水氏が応援に来ているという情報は掲載されていない。

清水氏としては今後の自身の立ち位置を見定めるのに苦労するかもしれない。当面は民進党との協力を解消するわけにはいかないだろうが、今度の選挙結果を見た上で民進党につくのか、立憲民主につくのかを見定めることになるだろう。




前回の記事以前の記事でも触れたが、3期目となった今回の清水市政の政策の目玉は、何といっても大宮駅周辺の異次元の都市開発と市役所のさいたま新都心移転である。市長選挙の最中だけは「大宮駅」の3文字を封印し浦和地域での演説では「浦和駅周辺も都心の一つですので…」と弁明にいそしんでいたらしい清水氏ではあるが、市長選挙直後の会見で早速「大宮駅の大規模開発」を宣言前後する議会で浦和派の自民党議員から「浦和地区の都心としての在り方について具体的にどう考えているのか?」と迫られて「浦和駅周辺は都心地区ですので」などと答弁しているあたり、要は何も考えていませんということは明らかである(笑)。改めて確認しておくと私個人として特定の政治家への利益相反はないが、下手な答弁を繰り返す清水氏も清水氏だし、そんな清水氏に票を入れる浦和の住民もまた住民である。

当の清水市長本人は自身の口からは新市役所の場所について一切意見を出すことを避け「審議会で審議しておりますので…」と逃げ答弁に徹しているが、自民党の分裂と相前後して市役所移転に関する市執行部の答弁が急に積極的なものになっているのは注目に値する。先般は委員会答弁で吉田一郎氏の質問に対して市当局が「さいたま新都心に新設されるバスターミナルの上に市役所を重ねて建設することは可能」ともとれる答弁をしているし(なお2017年9月に吉田氏はこれと同じ答弁の言質を本会議で得ようとして浦和派自民党議員に阻止されている)、何より当の新庁舎整備審議会ではこれまで牛歩の如き鈍足で、議長主導で進められてきた議論の土台をある意味あざ笑うような形で大多数の委員が新都心移転や大宮移転を主張している(これに関しては今回は割愛するが、簡単に言うと、浦和駅周辺地域を「行政機関の集積地」と明記してさいたま新都心や大宮地区に「行政機能」を明記していない都市計画マスタープランに矛盾しない場所に決定することや、河川から遠い場所に置くこと、都心地区に置くこと、幹線道路に近い場所に置くこと、40000平方メートルという現在の浦和の市役所とあまり変わらず新都心三菱マテリアル跡地に残された面積よりはるかに広い面積目標を出すなど、端的に言えばこれまでの「新市役所の在り方」の議論は客観的には現市役所での建て替えという結論に導かれるようなものであるが、審議会で発言している委員の多くは実際にはこれとは関係なく新都心や大宮を主張している)。

こうした清水氏の政策は全て民進党と自民真政、公明党をバックにした強大な「大宮与党体制」をもってなしえるもの、もし万が一にも民進党が浦和大宮分裂を起こし、それだけならまだしも大宮派が離脱新党側になるとなると、清水氏は完全に政策遂行の足場を失うことにもなりかねない。


何より選挙は水物であるし、今後小池氏の求心力次第では希望の党への期待がなくなって民進党が一気に枝野党として再び収斂するという可能性だってないではないのだが、自民党分裂に続いて再び"大宮"地域が政治の激震地になっていることは、国政とはまた違った観点で注目に値するものだ。