うさとのblog


うさとのらくがきとパチスロ中心のブログです。
ネタと気分次第で不定期更新中。

かみちゅ!

尾道探訪 

10月7日

「かみちゅ!」の舞台である尾道に遊びに行ってきました。

尾道に遊びに行くのはこれで2回目。
・・・なんですけど、事前に下調べせず突然行く気になって出発。
基本的には前回と同じところしか回ってないのですが、なるべく写真を多めに撮影してきたので、淡々とアップしてみようと思います。


前回と同じく、尾道駅前にある駐車場に車を駐車。
積んであった自転車で尾道市内へ。

自分の乗りなれた自転車を持ち込むのが一番ですが、駐車場にレンタルサイクルがあるので、それを利用するのもありでしょうね。

多少距離はありますが、尾道駅周辺にある「かみちゅ!」の舞台を回るだけなら徒歩だけでも十分可能だと思うので、脚力に自信があれば歩きも楽しいかもしれません。

階段や坂道が多いので、場所によっては自転車が無いほうが身軽で楽なこともあると思います。


so 003

やっぱり最初はこの場所から。
看板の内容は流石に違うんですけど、劇中では何度も目にする場所ですね。


so 008

ゆりえ様の自宅モデルになった民家近くの路地にて。


so 020

ゆりえ様の自宅モデル

相変らず雰囲気が良いですね・・・
直接確認は出来ませんが、石垣側からみた眺めは最高だろうなと思います。


so 021

ゆりえ様宅付近にて。
自転車に乗ったままこの坂を登りきることは出来ませんでした。
実際に住んでる人は結構大変でしょうね。


so 025

来福神社の参道モデルになった御袖(みそで)天満宮にて。


so 027

so 029

場所を移動して、来福神社の社殿モデルになった艮(うしとら)神社へ・・・移動することになるのですが、タイミングの悪いことに、艮神社ではお祭りの準備中。

本来ならひっそりとしている状態の方が良かったのに、祭りの準備をしている人で混雑している状態でした。


so 067

艮神社にて。
クスノキが相変らず凄い迫力なんですけど、祭りの雰囲気がちょっと・・・


so 042

艮神社の脇にある「猫の細道」へ。
少し前にデジカメのCMの舞台にもなってましたね。


so 046

so 047

so 048

so 055

名前だけじゃなくて、本当に猫もウロウロしてます。

観光客になれてるらしく、擦り寄ってくるわけではないですが、特に逃げる様子もありません。
大事にされてるんでしょうね。

なるべく人が映りこんでない写真を選びましたが、連休ということで正直人が多すぎるのが残念でした。


so 069

自転車ではとても登れないような坂の上に、劇中で中学校のモデルとなった小学校があります。


so 072

残念ながら屋上に書道部は見つけられませんでした(笑)




so 074

so 073

so 078

so 093

絶対にもう一度みたかった「和製ガウディ」こと「のれんまたぎ」がある民家。
現在は使用されてないみたいですね。


so 080

so 089

so 090

so 061

ひとしきり尾道を堪能したあと、しまなみ街道へ。




so 096

いつもなら車で通り抜けるだけですが、今回は多々羅大橋を自転車で渡ってみました。


so 112

so 103

so 104

しまなみ海道は自転車で通れることで有名なんですけど、何が大変って一般道から橋まで上がるのが大変でした。
もう少しゆるいスロープを作れなかったんだろうか・・・

このときすでに尾道で結構な距離を走っていたため、橋を自転車で渡ることを楽しむ前に、橋まで上がるスロープで力尽きそうになりました。

しまなみ海道全部を自転車で渡るというのは相当厳しいですが、ここにも各所にレンタルサイクルがあるので、一部の橋だけを自転車で渡ってみるのも良さそうです。


最後は多々羅大橋近くにある温泉に入って帰宅・・・


so 113

愛車1号 走行距離240km


so 115

愛車2号 走行距離21km

普段からもう少し自転車に乗ってないと駄目ですね。
20km程度だったのに、いま足が筋肉痛で大変なことになってます(笑)

残り10%


快盗天使ツインエンジェル3 (家スロ)


サロメカスタムのバニー演出を一旦諦めて、通常カスタムでバニー演出を目指すことに。
また、設定5で打ってても全然恩恵を感じられないので、設定も6に変更しました。



打ち始めて直ぐにHBB

sg 264

これがオールベルで・・・



sg 265

1G連。
設定6、どんだけ簡単なんですかと思ったら、



sg 266

1G連で引いたNBBがカバン1発で夜に突入して鳴り4回。

ここから設定6らしく順調にボーナスを重ねて・・・





sg 249

No.045 ツンデレBIGバニー演出(ノーマル)

普通の7揃いであっさりバニー演出が出てしまいました。




sg 270

最後に自力→ボーナス→自力→ボーナスと地味に伸ばして22キュン。
2819枚で終了。

目的のバニー演出を回収できたので、ここで打ちヤメてマイスロを回収。



未達成演出

No.015 ポケにゃん文章演出
No.027 密談演出
No.028 悲鳴演出
No.053 ゴスロリBIGバニー演出(サロメ)
No.070 俺の嫁フリーズ(葵)
No.074 俺の嫁フリーズ(リリカ)
No.075 俺の嫁フリーズ(エリス)
No.077 俺の嫁フリーズ(漢)
No.082 リリカ誕生日7/7
No.090 確定画面5(猫鍋)



演出館は90%になりました。
さっさとバニー演出は潰してしまいたいので、またサロメカスタムに戻してバニー演出を目指そうと思います。













で、この土日の稼動ですが・・・

sg 259

相変らず打ってる戦国乙女2は


sg 262

乙女アタックこそ強いものの、500ハマリと300ハマリを食らって憤死。


そして、久しぶりにマイホにも出かけてみたのですが・・・
もう駄目だなぁあそこは・・・

新しいホールを探さないとスロットは本当に打てそうにない状況でした。
大量導入したバジリスク2とパイレーツがガラガラ。

とくにパイレーツは番長を半減させて導入してるのに、番長はほぼ満席でパイレーツは数人しか座ってないという悲惨な有様。
これについては、まぁ台の出来に問題があるので店側も被害者に近いかもしれないですけど、一部の台を大量導入するばっかりで、打ちたい台が全然無い。

客が座ってないから当然かもしれませんが、気付けばツインやマジハロだけでなく、シスクエ3も撤去になってました。
馬鹿みたいに一部の台を大量導入するぐらいなら、4~5台程度でもう少し複数の機種を残せばいいのに・・・


打ちたい台がないなぁと思ってたら、スパイガール2が空いてたので初打ちしてみたところ、10k投資して引いた役が弱チェリーのみで、まともな演出は発生せず。

自分の引きが悪いにせよ、通常時がとんでもなく暇ですねコレ。
前日の最終回転数が一桁とかだったので、もしもこのまま天井までつれていかれるようなことになると本格的に死んでしまうと思い10kで退散。

一度ぐらいはボーナス引いておきたかったけど無理。

スパイガール2は通常時のレア小役の確率をもう少し甘くして、無駄でもいいから多めに演出を入れたほうが良かったんじゃないかな。
というわけで、何も撮影するようなことが起こらなかったので画像は一枚もありません。


そのあとは、何故かバラエティの政宗へ。
3000回転でボーナス確率1/150という状態で落ちていたら、流石に好きじゃなくても座ってしまう。
投資3kで弱チャンス目からBIGを引いた後は、何を引いてもARTには入らず。

設定判別できるほど知識が無いので携帯で調べながら打ってましたが、こちらも10kで撤退・・・。
ボーナス確率だけでいえば設定6をぶっちぎってるけど、ボーナス確率だけで判断するには余りに弱い。

それに、どう考えてもこのホールがバラエティに設定6を使ってるなんて思えない。
つまり、追いかけるだけの自信が無くてヤメ。


パチコーナーにも移動してみたましたが、どの台も回りやしない。
数台またいで、打てるような釘の台が無くてヤメ。

何をどうすれば勝てるんだろう。

・・・という、養分丸出しな土日の稼動でした。






━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


夜になってからは久しぶりに落書きを。

2012-6-24
何となくで、ゆりえ様正装バージョン描いてみました。

また尾道に遊びに行きたいです。

かみちゅ!の舞台、尾道へ。

2011年5月14日
かみちゅ!」の舞台になった広島県尾道市に小旅行に行ってきました。


地元愛媛から尾道までは車で約2~3時間。
朝の8時ぐらいには家を出る予定だったのですが、当日になって頭が痛い・・・・。
花粉症のこともあるので頭痛薬ではなく鼻炎にも効く風邪薬を飲んで小一時間ほど休憩して、朝9時ごろに給油をすませて出発。


ff31186a.jpg


愛媛と広島を結ぶ「しまなみ街道」を渡って一路尾道へ。
やや黄砂で空がかすんで見えますが、まずまずの好天。

下道を走る時間が長いのでもう少し時間がかかるかと思いましたが、距離にして約100km、2時間ほどで無事尾道に到着しました。

まずは尾道市の中心部にあるJR尾道駅へ。

e062416a.jpg


シンプルな駅舎ですね。
付近に有料駐車場があるのを確認してから、このまましばらく車で海岸沿いを走ってみることに。
典型的な港町で造船所とお寺が凄く目立ってるな、というのが第一印象でした。


67638aaa.jpg



一旦駅前に戻って駅近くの駐車場に車を停めて、ここからは積み込んでいた折り畳み自転車で市内を巡ります。


一番最初に目に入ってきたのは「かみちゅ!」で何度も登場することになるあの場所が。

40586a21.jpg


もうこの場所に来ただけで感動です!

かみちゅ!を観た人なら、これだけで鳥肌ものじゃないでしょうか。
ゆりえ達が自宅と学校を行き来するために何度も登場する「日の出渡船」のモデルになった船着場です。
対岸にある向島に向かうフェリーが頻繁に往復しているのですが、車が並んでないときに撮影するべきでしたね。

劇中でいうところの中学校側から見た景色になります。

48b45a9c.jpg


アニメが製作されてから5年以上たってますが、現在もそのままで営業してるみたいですね。
(ちなみに「かみちゅ!」の世界は80年代の尾道がモデルだそうです)


福本渡船を後にして海岸沿いを進むと、すぐに見覚えのあるベンチがみえてきます。

026fcf68.jpg



ゆりえ達がこのベンチに腰掛けて休むシーンが何度かありますね。
このベンチは映画やドラマなどで何度も使われているらしく、現在は「てっぱん」ロケ地と刻まれていました。


79ca1f36.jpg


ベンチを別角度から。
かみちゅ!三人娘が防波堤の先に腰掛けているシーンでも使われてますね。

いま尾道はNHKの「てっぱん」の舞台として観光に来ている人が溢れているらしく、同じように写真を撮ったりベンチに座ってみたりする人が大勢いました。


しばらく和んだ後、地図を片手に次の目的地へ。

尾道は一歩路地に入ると本当に道が狭いです。
車で入って大丈夫なの?という場所も多いので地元の人間じゃないと大通りから車で奥に入るというのは危険かもしれないですね。
JRの線路が市内を横断しているため、地図をみても道が非常に分かり辛いです。

次の目的地を目指してしばらく海沿いを走った後、地図とにらめっこしながら何とか目的地へと続く道へ。
国道を一歩それると直ぐに坂道が迫ります。

最初は自転車で登っていましたが直ぐにギブアップ。
自転車を押しながら車一台が何とか通れるような道を登っていくと、思わず声が出そうになる場所にたどり着きました。


0238105f.jpg



これは・・・凄い!
苦労して坂道を登っただけに、ここにたどり着いたときの感動は本気で口では言い表せないぐらいでした。

「ゆりえ宅」のモデルになった民家です。
普通に人が生活している民家なのでなるべくこっそりと撮影させてもらいました。

凄い急な坂道なんですが、狭いスペースを利用して変わった形に家が建てられてますね。
この写真では伝わらないかもしれませんが芸術的でさえあります。

玄関前にある桜が満開のときはそれはもう凄い美しさでしょうね。


ef375a36.jpg


かみちゅオープニングより。



ずっと眺めていたいぐらいですが次の目的地に向かうため、このまま坂道をあがっていきます。

しばらくすると舗装された道が途絶え、民家がなくなり階段道に・・・。
自転車を置く場所がないのでそのまま自転車を抱えて階段を登っていくと、獣道のような道に繋がります。

とても自転車で登れるような角度ではないので、自転車を押して山道を登ること20分。

山頂にある浄土寺奥院へ。

大変でした・・・。
今回の旅行ではここに登る為に体力を半分以上使ってしまったような気がします。

山頂にある展望台より。

f7832e1a.jpg



苦労して登っただけに、絶景が広がってました。
山頂からは尾道を一望することができます。


4cef3d50.jpg


写真で分かるようにJRの線路が海と並走してる形になっているのですが、線路を超えると坂に沿って家が立ち並ぶような形になってます。
車はおろか、自転車でも入れないような道が多くありました。

おなじく山頂より

8883948e.jpg


左側が向島、右側が尾道市です。
瀬戸内海らしいのどかな風景ですよね。

この場所は最終話でゆりえと健二が登る巨石のモデルがあるのですが、登るのが大変すぎるのであまりオススメではないかもしれません。
自転車で無理やり上がったので帰りは快適そのものでしたが。

それにしても寺院が多いです。
ゆりえ宅のモデルになった家のすぐそばにもありましたが、ひとつ角を曲がればお寺があるんじゃないかというほどの多さですね。


この後はかみちゅに登場する来福神社のモデルになった神社に向かう予定だったのですが、近くまで行ってみると自転車を停める場所がない。
仕方ないので商店街まで戻って駐輪場に自転車を停めたあと、御袖天満宮へ。

a3d342ee.jpg


ここの階段も映画などで使われた有名なところだそうですね。
来福神社に続く参道のモデルになっています。

鳥居は劇中では朱色ですが、階段や灯篭の配置はほとんど一緒ですね。


e01ff428.jpg



御袖天満宮より。
学問で有名なところらしく絵馬が大量に納められていましたが、来福神社の社殿モデルは別の場所にあります。

43f63363.jpg


御袖天満宮より。
ここは八島さまとみこが登場するシーンで良く使われている場所ですね。

f05ba87a.jpg



e6fef1af.jpg


御袖天満宮にはそれほど参拝客がおらず、居合わせたのは何故かカメラ片手の男性3名という状態でした。
一人は普通な感じでしたが、もう一人は自分と同じような目的の人だったのかも。

社殿の直ぐそばでゴミを燃やしていたらしく、煙が凄くてまともに撮影できなかったのが残念でした。


御袖天満宮を後にして徒歩数分のところにある艮神社へ。
ちなみに、この辺りは神社と寺院の密集地になっていて、神社の敷地内から隣のお寺がみえるというような密集度になってました。

fc0e3023.jpg


来福神社の社殿モデルになった艮神社です。
巨大なクスノキが凄く印象的な場所でした。

雰囲気としては先にまわった御袖天満宮よりもこっちのほうが好きです。


002


かみちゅ!オープニングより。

6540ce2c.jpg


社殿を正面より。
紋の入った布が無ければ本当にそっくりですね。
何故かかみちゅの世界では狛犬が正面ではなく向かい合った形になっているようです。


1c32ce9c.jpg


かみちゅがどうのこうのは抜きにして、本当に良い神社でした。
社殿に覆いかぶさるようなクスノキが何ともいえない雰囲気をかもし出しています。

艮神社の奥に進むと、猫の小道というものが。

480db3eb.jpg


福石猫というらしいです。
かみちゅでも何度か登場していますね。

445b2991.jpg



艮神社から千光寺に続く細道なんですが、この道がまた凄く良いんです!

df1510b2.jpg



21f4719e.jpg


9a838be0.jpg


夕方などに来るとまた違った姿をみせてくれるんでしょうね。
尾道全体でいえますが、本当の猫も結構ウロウロしています。
とても魅力的な場所でした。


気付けば14時近かったので、商店街にもどって昼食を取る事に。
尾道といえば尾道ラーメンでしょう、ということで、駐輪場のまえにあったラーメン屋さんに入ってみました。

e81a654f.jpg


カウンターしかない小さな店だったので写真はちょっとありません。
結構人気で、14時という時間だったのにカウンターに何とか座れるという状態でした。

日替わり定食を注文して750円なり。

はじめて食べましたが尾道ラーメンは醤油ベースでチャーシューが乗ってるんですね。
おいしかったけど、個人的にはちょっと脂っこい感じでした。


この後は目的の場所を探しながら自転車を押して商店街の中をぶらぶらと。

15cfd974.jpg


しばらくすると劇中でちらっと登場した「おばQ?」と思われる遊具がありました。
建屋は雰囲気が変わってしまってるようですが、こういうのが大事に残されてるのっていいですね。

この写真でもわかるように、今の尾道は「てっぱん」一色です。
カメラを首からさげた観光客も多くいるので、街中でカメラを構えても不審さがなくて助かりました。



1be47c8e.jpg


商店街から少し奥に入った路地にて。

bb50f9e2.jpg



かみちゅ!で観たときは変な場所だと思いましたが、まさか実在する場所だとは。
探すのが大変だったので、ここも見つけたときは内心「あーーー!!」って叫んでました(笑)

こういう路地がいたるところにあります。
いや、大通り以外はほとんどこういう道だといってもいいかもしれません。
尾道は本当に不思議な町ですね。



この後は尾道駅の裏手にある、ゆりえ達が通う中学校のモデルになった小学校に行っていたのですが・・・・。
グラウンドで児童が部活動中だったため、撮影するのはあまりに不審すぎるので撮影できませんでした。

今になって思えば高台に上がって見下ろす形ででも撮影しておくべきだったと思います。
ちなみに小学校もかなりの坂の斜面に立てられているため、小学校までは何とか車でも上がれますが、その先は階段道になっていて自転車でさえあがれないようになってます。


仕方なく小学校を後にして、最後の目的地へ。
日の出渡船、ゆりえ宅と並んで、絶対に行きたいと思っていた場所のひとつです。

f2d3f635.jpg


通称「和製ガウディ」と呼ばれる民家です。
興味がある人はぜひ和製ガウディで検索をかけてみてください。
この家の由来などが分かると思います。

劇中でほんとうにちょろっと出るだけですが、とても特徴的で独特な建物です。

2ad9fdba.jpg



和風? 洋風? 中華風?
継ぎ足し続けたような瓦屋根など、本当に不思議な建造物です。

4423af6c.jpg


もう少しヒキで撮影するべきでしたが、かみちゅを観たことがある人ならこの画像で「あぁ~」ってなるかもしれませんね。

玄関前にある鳥居のようなものが凄く特徴的です。

2b376002.jpg


かみちゅの世界では「のれんまたぎ」という神様?妖怪?がいます。
ちなみに一般の人には見えてません。


この建物の凄さは実際に目にしないと伝わらないかもしれません。
全体像は本当に不思議に満ちてます。

何分写真を撮る人の能力が・・・・。
もっと分かりやすい写真が撮れていたらよかったのですが。

写真でわかるように細い階段道しかないので、自転車は入ってこれません。
荷物を運ぶときなどは本当に大変だと思いますが、こういう懐かしい気持ちになるような道がいたるところにあるのが、尾道の魅力のひとつではないでしょうか。

人が住んでいるかもしれないので遠慮しながら撮影したのですが、現在は民家としては使われていないそうです。
古民家を保存しようという活動があるみたいですが、こういう建物は是非残してもらいたいですね。



当初予定してたスポットを全部回り終えたのが午後の4時。

宿泊もできる準備をしていたので元気があれば宮島まで足を伸ばす予定でしたが、坂道を歩き回ったおかげでもうヘロヘロ。
ホテルを予約していたわけでもないし、帰ろうと思えば2時間程度で帰宅できるので、ここでムリをせずに帰宅することにしました。


3ef2c730.jpg



車の走行距離230km
自転車の走行距離12km

尾道の滞在時間は約5時間。
今思えばたったの5時間ですが、非常に充実した5時間でした。


尾道は本当に良い町でした・・・・。
角を曲がるたびに神社かお寺があるかのような、古くて細い路地が入り組んだ町並みはとても魅力的でした。
自転車か徒歩でぶらぶらするには最高だと思います。


恥ずかしがらずにがんばって撮影したつもりでしたが、写真の出来をPCで確認してみるとリベンジしたい場所があまりにも多くありました。
何故もっとあの魅力的な路地裏を撮影できなかったのかなぁ、と。
普通に撮影するには問題ありませんが、やっぱり安物のコンデジでは物足りないものがありますね。


次はもう少し良いカメラを携えて、また尾道に遊びにいきたいと思います。

尾道へ。

明日は(正確には今日)尾道に小旅行に出かけようと思ってます。

本当は花粉症が治ってからと思っていたのですが、5月一杯で高速道路の割引がなくなっちゃうんですよね。
前にブログで行きたいと書いたことのある「かみちゅ!」の舞台を巡ってみようと思ってます。





花粉症の件があるので当日の体調次第なんですが、愛車に愛チャリを押し込んで自転車で尾道市内をぶらぶらしてみようかな~と。

いきなり現地にいっても迷いそうなんで、先駆者さんたちのサイトで「かみちゅ!」に関係する観光ポイントは入念にチェックしておきました。
坂や階段の多い風情のある町並みなんで、いまから現地に行くのが楽しみです。

聖地巡礼というよりは港町と神社めぐりという感じになりそうですけどね。

元気があれば泊まりで宮島まで足をのばすかも・・・?

行くしかない?

かみちゅ!の単行本読み終えました。

基本はアニメと一緒ですが、漫画版は少し違ったストーリーになってるんですね。
2巻しかないので、ラストに至るまでの話しが駆け足気味というか、正直短いとは感じましたが、凄く面白かったです。
いや、面白かったというより癒されたといったほうがいいのかな。

純朴な世界観がハナハルさんの絵に凄く合ってますね。
探したかいがありました。
買えて本当に良かったです。

アニメで流れてた音楽も凄く気に入ってるので、サントラも買おうかなと思ってます。





アニメを観た人じゃないとさっぱり理解できないと思いますが、上の動画を観ていると、もう尾道いくしかない!って気分になってきました。

舞台となった海辺の、正直ちょっとごちゃごちゃした町並みとか、ゆりえ達の通う中学校のモデルになった学校とか神社とか、こうやって写真で観るだけでも「うあぁ~~~」ってなります(笑)

”神様御用達”のフェリー乗り場の雰囲気とか、階段だらけの町並みとか本当にいいなぁ・・・・。


神のやしろを想う「かみちゅ!」探訪参詣記~尾道の神社紀行~



色々検索していたら、写真や地図で凄く分かりやすく説明してくれてるサイト様がありました。
(無断リンクです。申し訳ありません)

細かい部分まで実際の建物がモデルになってるのが良く分かりますね。
まさかゆりえ宅までモデルの家があるとは・・・。
作中で何度か登場した「のれんまたぎ」が居る、ちょっと変わった家も実際に存在するんですね。
写真だけで、も~~感動しまくりです。


まだちょっと寒いけど、桜が咲く頃には車に自転車載せてぶらぶらしてこようと思います。
それまでに最近あんまり自転車使ってないんで、自転車通勤を復活させないとなぁ・・・。
この坂道を登れるだけの体力をつけねば。

47b9bd2c.jpg





祀さん描いてみたの図。
折角の美人さんなのにいつも足を投げ出して座るなど、ちょっと男っぽくて、ちょっと強引な性格の神社の娘さん。
でも妹思いの良いお姉さんなんですよね。
プロフィール


「うさと」のブログへようこそ。

趣味のらくがきやパチスロなど日々思うままに書いてます。
最近はスロ実践がメインですが、たまにへんてこな落書も描いてたり。

サミタ、マイスロ、
打-WINやってます。
フレンド登録募集中。
「うさと」で登録しているのでぜひ探してみてくださいね。


必要ないとは思いますが、
ブログ内の画像、文章等の無断転載はご遠慮ください。



pixiv うさとのページ

(pixivへのログインが必要です)
最新コメント
月別アーカイブ
快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定! 快盗天使ツインエンジェル 新作OVA制作決定!






にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ