巷で、肩甲骨とトロッコの話、話題にして貰えててちょっと嬉しいです。

が…!*ここから重要


文面だと伝わるの超難しいんです、アレ!w
私が怖いのは、トロッコの話を文面のまま受け取って、腕だけでトロッコ発車させようとすること。
たぶん、肘がダーツ投げる運動の負荷に耐えられずに、逆肘決まりまくり、そして結果、肘ぶっ壊す事になると思います。
ダーツ投げる動作って、肘の関節に結構な負荷かかると思うんです。
だって、

腕1本何キロあるん?

と思いませんか?
その負荷を
軸運動と肩甲骨の可動域で斜め前上に逃がしてあげる
これが私が言ってるトロッコ発車です。
斜め前上というのはボードの狙っている所に対して、ですね。


そして

トロッコ発車したからと言って、そんな急激には上手くなりません


私は超絶不器用なので、このトロッコ発車(いわゆる腕投げ)に変えて約1年、JDOもプロトーナメントにも出られなくなるくらい最初の7ヶ月は入らなくなりました。
今まで指先でペイペイッて投げてたものを、軸運動と肩甲骨を使った腕全体で狙っているとこに投げるようにしたので当然そうなりますよね。


なので、この肩甲骨とトロッコの話、理解出来なかったり合わなかったりしたら

すぐやめてください

正直、責任持てないのにこんな話を意固地に1年言い続けてるって結局自信無いんじゃんwとか、大した結果持ってない癖にwと嘲笑う人もいるかもしれません。
別に良いです、だって身体の使い方の話って感覚的な事で、どれが正解なのかは自分しかわからない事だと思ってます。
たまたまトロッコとレールに例えたら、私の中でストンと腑に落ちただけなのです。たぶん、別の感覚・別言い方が出来て、突き詰めたら同じ内容だねって人は結構沢山居ると思います。

そして何より現代社会、ネットという便利なものがあるので

参考になるトッププレイヤーの動画が沢山観れます

是非、色んな動画を観てみてください。
そしてそのスローを見て、研究と考察を重ねて

情報の取捨選択をしてください


私はこの腕投げが自分にとって少しでもスキルアップすると確信して、今年の1月にあったADOのラスベガス大会、日本代表派遣の為に1年間毎日やり続けました。
でも、それでも365日考えてやり続けたのに世界の壁は分厚かったと思い知らされました。
なのでまだまだ気付いてないこと、インプット出来ていない事が沢山あるんだなと思いました。




語彙力が無さすぎて、言いたいことがうまくまとまらない…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)笑